2017年6月23日 (金)

キス(鱚)

「キス」は、てんぷら屋の定番ですが、見かけも味もすべてが繊細な魚です。   透き通ったような「キス」を開いたのが目につきました。あるデパートの魚売り場です。長崎からやってきたようです。札幌でも旬の時期にはキスは手に入ります。美しか...

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年6月22日 (木)

夏至のお祝い

札幌のような北の街で暮らしていると、個人的に一年でいちばんお祝いしたいのは一年で昼がいちばん長くなる「夏至」の日です。しかし、6月21日~22日というのは、日本の各地は梅雨の最中だし気温も高いので、鬱陶しくて、お祝いという気分ではないのかも...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月21日 (水)

スーパーマーケットでも亜麻仁油(アマニ油)がそれなりに

亜麻仁油(アマニ油、フラックス油ともいう)は、オメガ3多価不飽和脂肪酸であるα-リノレン酸が豊富な植物油です。酸化されやすく(加熱料理には不向き)、味にも癖があるので、サラダのドレッシングの上に軽くかけるというのが一般的な使い方だと思います...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月20日 (火)

遊歩道の白樺

札幌駅から隣の駅まで、風情のある遊歩道が続いています。途中、自動車道路に横切られて信号待ちなどする個所もいくつかありますが、春から秋にかけては種類の違う緑がいっぱいでその横や下を気持ちよく散策できます。   JRが鉄道を高架にする...

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年6月19日 (月)

土鍋でご飯を炊く楽しみ

とても忙しい独身のかたや半端なく忙しい共働きのご夫婦で、自宅で朝ごはんの準備にかける時間がほとんどないという向きには、これは、普段の朝は向いていません。でも、ご飯が炊ける音や香りがお好きなら、週末や仕事がお休みの日には、高級電気炊飯器ではな...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月16日 (金)

今年2回目の発芽(ルッコラ)

今年2回目のルッコラの発芽です。大きな丸い鉢植えと2個のプランターで育てていますが、これはまるい鉢植え。丸い鉢植えの1回目は、食べつくしました。プランターのひとつはまもなく収穫完了で、もう一つのプランターは、来週あたりからサラダ素材になりま...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月15日 (木)

杉(スギ)と白樺(シラカバ)

以前、札幌ではないところで暮らしていたころは、けっこうなスギ花粉症でした。北海道は函館あたりがスギの北限なので、スギ花粉症の人は、函館よりも北で暮らしていると、スギ花粉症とは縁が切れます。製薬会社のウェブサイトの「花粉カレンダー」によれば、...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月14日 (水)

バジルの双葉と本葉

小学校の理科の実習みたいですが、写真(左側)はバジルの双葉と本葉です。今年の北海道は「リラ冷え」を通り越して寒い6月なので、バジルもいつもよりも生育がゆっくりめです。昨日のニュースの一部を引用すると「13日朝の北海道は6月にもかかわらず、1...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月13日 (火)

料理と化粧

プラトンは料理と化粧が好きではなかったみたいです。プラトンの対話篇のひとつが「ゴルギアス」で、副題をつけるとすると「弁論術批判」ですが、そこに料理と化粧が嫌いな理由が述べられています。その理由をひとことでいうと、それらが最善ということを無視...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月12日 (月)

楡(ニレ)という落葉広葉樹

札幌は他の都市と比べて緑や樹木が多い町ではありません。中心街のすぐそばが低い山ですし、緑や街路樹の豊かな地域もありますが、かたよりがあって、平均的には緑や樹木は少ない(と、思います)。街路樹に多いのは、イチョウ、ナナカマドやニレのような落葉...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 9日 (金)

札幌は梅雨はないが、雨は降る

「札幌は梅雨はないが、雨は降る」などと書いていると、「象は鼻が長い」というタイトルの印象深かった日本文法の本を思い出します。 先週か先々週の土曜日は多くの小学校で運動会が開催される日だったと聞いていましたが、雨だったようです。やり直しはでき...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 8日 (木)

パソコン搬送用の段ボール箱

普段、たとえばこのブログを書くために使っているノート型のPCを、買ってから1年ほどたったので、クリニックに出してみました。もともと、そういう無料サービスのついているタイプのノートパソコンだったので、そのメーカーからの案内に応じて「人間ドック...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 7日 (水)

アップルミントと雑草

どこかから種が飛んできて生育したとは考えにくい。ミントの一種なので誰かが家庭で要らなくなった苗を植えたか捨てるかしたのでしょうか。去年は道路脇のこの場所にミントは見かけなかったと思います。現在は街路樹用の植栽場で街路樹(プラタナス)を取り囲...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 5日 (月)

ルッコラとバジルと赤紫蘇

やっとルッコラが食べられる大きさまで育ってきたので、写真のルッコラは週末はサラダの材料の一部になりました。少しピリッとした味がサラダのアクセントになります。   ぼくはルッコラの種をやや播き過ぎる傾向があり、ルッコラの発芽率はとて...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 2日 (金)

「・・・の如し(ごとし)」

仏教という絶対者を想定しない形而上学的な宗教は、「空(くう)」を軸に、世界を次のような構造でとらえようとします。   (一) 「(私たちが普段住んでいる)主体と客体が区分された二元論的世界、対象が言葉によって切り刻まれた文節的な世...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月31日 (水)

「正法眼蔵」のなかの「われ」

「正法眼蔵(しょうぼうげんぞう)」のような著作では、キーワード的な用語の定義はゆるやかであり、固定的ではありません。読者は、普通、同じ著作物の中ではある用語が同じ意味を担い続けることを期待しますが(なぜなら、そうでないと読みにくいし、通常は...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月30日 (火)

お気に入りの、とても頑丈な段ボール箱

ものすごく頑丈で、中に相当に重いものを入れても左右にしっかりとした布の持ち手があるので比較的楽に運べる、そういう按配の段ボールの箱です。20年近く使い続けています。 不要なものはどんどん捨てるか中古品屋に売ってしまいます(不要なものが発生し...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月29日 (月)

外側パリパリ内側しっとりの米粉パン

米粉パンはグルテンなしでは膨らみませんが、熊本産のミズホチカラという米粉用のコメから作られた米粉は、米粉に製粉するときのデンプンの損傷が少ないため、グルテンなしでも膨らむらしい。でも、最初の、少なめの米粉でやった実験なので期待したほどうまく...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月25日 (木)

チラシと興味深いセグメンテーション

郵便受けに入ってくるチラシには、新聞に折り込まれたものやポスティング業者によってポスティングされたものなどがあります。申しわけないのですが、ほとんどは、目を通すことなく、雑紙専用のゴミ箱に直行させます(たまった雑紙は、決まった曜日に札幌市が...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月24日 (水)

魚の切り身のマーケティング

なかなかに気の利いたポップメッセージに出会いました。場所はさるデパ地下の魚売り場、丸ものの対面販売のコーナーではなく、パックにした切り身を並べてあるエリアです。   商品名(魚の種類)、産地(水揚げ地)、値段、消費期限など、食品表...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火)

酒粕でクラッカー

酒粕(さけかす)でパウンドケーキとクラッカーを、配偶者が作ってくれました。   酒粕は日本酒を絞った絞り粕のことですが、どこまで絞るかは酒蔵や日本酒のタイプによって違います。今回使った酒粕はあまり絞らない酒蔵の酒粕だったので、パウ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月22日 (月)

烏(からす)の行水

「烏の行水」(からすのぎょうずい)とは、入浴時間がきわめて短いことのたとえです。お風呂に入って、よく体を温めているのかいないのか、よく洗っているのかいないのか、10分もあれば風呂場から出てくる人の入浴行為をさして「烏の行水」といいます。 &...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月19日 (金)

郵便ポスト雑感

写真は近所の郵便箱には貼ってある郵便物の集荷時間です。これを拝見するとハガキや手紙やその他のポストに入る郵便物を集めることを郵便局は「取集め」というらしい。     赤い郵便箱はこれ以外にも近所にあるのですが、以前の記憶...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月17日 (水)

新しい緑と古い緑

街路樹の柔らかい新緑が楽しめる時節になりました。写真は「エゾモミジ」です。この時期の樹々の緑色はその色合いが日々変化するので、ぼんやりとしているとその柔らかさをめでる頃合いを逃がしてしまします。     小さい鉢に入って...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月15日 (月)

道路わきの春

上の薄紫色はビンカ・ミノールという名の植物で公的な建物の敷地や公園、車道わきの街路樹用の細長い緑地のグラウンドカバーとしてよく使われています。花の色は写真のような淡い紫、他に濃い紫や白いのもあります。最初にきちんと植え付けておけば、毎年、こ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月12日 (金)

食用油脂のことなど

必ずしもそうとは言えないとは思うのですが、いちおう、長生きの方がそうでないのよりもいいことだということにしておきます。   食用油脂、とくに植物油や植物油を使ったマヨネーズのような加工食品は食品会社のマーケティングがとても盛んな領...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月11日 (木)

サクラガサイタ・補遺

「桜は満開よりも、六分七分の方が好き」ですが、ゴールデンウィーク中の先日夕方、札幌のあるところで、満開の桜の樹の下から上を見上げてシャッターを押したときに、偶然、華やかだけれども想像以上にしっとりとした風情の満開の花が撮れていました。満開の...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月10日 (水)

2016年度産の最後のタクアン

「2016年度のタクアン」と「2016年度産のタクアン」の続きです。   「2016年度のタクアン」の最後に「数日間、発酵の始まる様子を見ながら、必要なら日本酒を追加するなどの工夫をします。落ち着いてきたら蓋が閉まるまで重しを減ら...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 9日 (火)

宴から宴へ

「冬はつとめて。雪の降りたるはいふべきにもあらず・・」と書いた平安時代の才女もいますが、冬の美が認識されたのは中世からです。札幌でも冬の美を身近に楽しめます。しかしそれを哲学的な美、昇華された美として堪能するには、札幌はどうも寒すぎる、雪が...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 8日 (月)

春の中にいることを実感させてくれるもの

桜や梅や桃の花や樹木の新芽以外に春のなかにいることを実感させてくれるものは、陽の光が室内に射し込む具合と、朝の野菜の水遣り時の外気温です。陽の光に関しては、陽の光が差し込む具合というよりも、射し込まなくなった具合で春を実感すると言った方が適...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 2日 (火)

花と街のメッセージ

いつも楽しみにしている、黒板に書かれた「街のメッセージ」も「桜が咲いた」から「緑の新芽」に変わりました。桜はこれからが満開で散ってしまったわけではありませんが、メッセージ作成者の視点は桜の花から新芽に移ったようです。先日の「「セロニアス・ヒ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月27日 (木)

サクラガサイタ

敷地内の桜を指標に使う地元の気象台の発表はどうなっているか知りませんが、近所のカフェの「街のメッセージ」(黒板)も「桜が咲きました」になったし、早咲きの桜が濃いめの色や薄い色合いでたしかに花を咲かせ始めています。   エレベーター...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月26日 (水)

「セロニアス・ヒムセルフ」と「正法眼蔵」

ジャズピアニストであるセルニアス・モンク(1917 – 1982)のたとえば「セロニアス・ヒムセルフ」というピアノソロアルバムを聴いていると、道元(1200 – 1253)の「正法眼蔵」の一節を読んでいるような気分になります。  ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月25日 (火)

早春の夕方

早春の夕方です。ゴールデンウィークも近いというのに、外はコートがないと寒い。おそらくブナの樹だと思いますが、見上げると芽がいっぱい出ていました。  

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月24日 (月)

春のニンジン

この時期に近隣でとれたばかりのニンジンが札幌で食べられるのは嬉しいものです。写真は収穫され、出荷されたばかりの真狩(まっかり)村のニンジンです。配偶者がある小売りチェーンの「ご近所野菜」のコーナーで買ってきました。産地の真狩(まっかり)村は...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月21日 (金)

夕方五時の暖簾

掛けたばかりの暖簾のようです。今日は、この暖簾をくぐったお客はまだいないと思う。もっとも最近は金曜日だと五時前から気楽に飲み始める人たちもいるらしいので、中ではすでに静かに一杯やっている人がいる可能性はあります。しかし、そういう雰囲気は表に...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月20日 (木)

赤紫の樹の芽と、黄緑の樹の葉

この二日間雨が降り続きました。外を歩く人間は傘とコートが必要なのでちょっとうんざりですが、発芽準備中の樹々にとっては歓迎の降雨です。雨の結果、植物園や街路の樹々は汚れがとれてきれいになり、芽の数を急に増やし始めました。遠目には赤紫のぼんやり...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月19日 (水)

プロ野球のファンは勝手なことを言うものらしい

去年最も成績の良かった地元の球団が、今年は今までのところリーグ最下位で、当分回復の見込みはなさそうです。守備のエラーやエラーと記録されないお粗末な守備で点を取られたり、攻撃のエラー(たとえば走塁エラーやバントの失敗)で点を取り損なったりと、...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月18日 (火)

不思議なゴロゴロ歩き

以前ほど違いは顕著ではありませんが、見れば雰囲気でわかります。中国からの観光客が、十数人、ゴロゴロのついた旅行鞄(カバン)をゴロゴロと引いて、札幌の大通り公園を東から西へと目的地に向かって歩いていました。所用先に向かうため、ぼくがその公園を...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月17日 (月)

中古本雑感

札幌だと北海道大学の近隣には昔ながらの古本屋がいくつかあります。こういう古本屋では、たとえば、昭和21年(1946年)発行で、和紙製の箱は傷んでいますが、14ポイントくらいの大きめの活字が並んでいる本文の紙には経年劣化がほとんど見られない「...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月14日 (金)

雪空間と晴れ空間

今日は朝から快晴で、日中の最高気温は16℃になるとのことです。昨日は朝から雪が横殴りに吹雪いていました。気温はずっと氷点下で、日中最高気温も2℃程度だったと思います。夏タイヤに替えたばかりなのにどうしてくれるんだ、という車通勤の人たちのボヤ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月12日 (水)

雨と傘は春の印

なんでもない朝の風景です。雨が降っており、道行く女性が傘を差しています。春です。   雪ではなく雨が降っているということに、それから雪の日には使わない傘を雨の日には差しているという当たり前の光景に、そこに春があるのを感じます。残雪...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月11日 (火)

政府専用機はボーイング747-400

最近は燃費の悪いジャンボをまず見かけませんが、日本に限らず特注仕様の政府専用機としては活躍しているようです。日本の政府専用機もジャンボ(ボーイング 747-400)で、その基地は北海道の千歳です。以前、千歳で格納庫の外に出ているところを偶然...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月10日 (月)

残雪は植物のための水置き場

徐々に少なくなってきましたが、札幌には、まだ、空き地や原っぱがあります。原っぱでは春めいた気温が続くと冬の間に積もった雪が急に解け始めるので、場所によってはそのまわりの道路まで水浸しになります。そういう場所を無遠慮な車が走り抜けると、水が飛...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 6日 (木)

冬用コートのメンテナンス

ブラッシングを日常のメンテナンス、クリーニングを季節のメンテナンスとすれば、冬用コートのボタンの付け直し(ボタンを新しくするのではなく、既存のボタンをしっかりと付け直すという意味ですが)はリファービッシュと云えるかもしれません。  ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 4日 (火)

酒粕で作るパン種

生酒(なまざけ)しか造っていない酒蔵の酒粕を入手することができました(「生酒」とは、火入れ、つまり加熱処理による殺菌を行ってない日本酒のこと)。簡易甘酒に使ってもいいのですが、それだともったいない。この酒粕からパン用の天然酵母(パン種の元種...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 3日 (月)

酒粕(さけかす)の甘酒

お米と米麹(こうじ)、それから60度くらいの温度を一定に維持する容器と半日程度の発酵プロセスの時間があれば、甘酒ができ上がります。できあがったものは、どろっとしていて相当に甘い飲み物なので、たいていは薄めて楽しむことになりますが、お米という...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月30日 (木)

街へのメッセージ

比較的近所にカフェがあります。ぼくの中ではカフェという日本語は自分が使う語彙としてはいまだに定着していなくて、喫茶店という方が違和感がありません。コーヒーやワインやビールなどの飲み物と軽食とおしゃべり空間(ないしは読書空間)を提供するお店の...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月29日 (水)

「札幌のタマネギと昭和10年頃の野菜倉庫」・補遺

札幌市北区の篠路(しのろ)駅前には、昭和10年頃に建てられた野菜倉庫(タマネギ倉庫)が複数立ち並んでいます。   記念物的な状態でただ保管されているものもいくつかあるのですが、現在は自動車修理工場となっている現役の旧タマネギ倉庫も...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月28日 (火)

CDでラジオ体操

安物のラジオ付きCD再生装置に、ラジオ体操のCDを入れっぱなしにしてあります。専用機です。   5月から10月くらいまではいいにしても(雨降りの日は困るけれど)、ちらつく雪や降りしきる雪の中をスポーツクラブのような運動場所に出かけ...

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«湯たんぽでホッとするとき