2020年4月10日 (金)

ゴミ出し時の「ペットボトルの分け方」にいつも迷う

毎朝というか、決められた曜日や日にちの早朝のゴミ出しはぼくの役目です。札幌だと、札幌市指定の黄色いゴミ袋に「燃やせるゴミ」や「燃やせないゴミ」を入れて取っ手部分を縛り、プラ表示のある「容器包装プラスチック」や「びん・缶・ペットボトル」はその...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年4月 9日 (木)

コロナウィルス:各国の対応と、日本の「空気」対応

下に引用した主要国別の死者数と感染者数の推移グラフ(Financial Times ”Coronavirus tracked: the latest figures as the pandemic spreads | Free to rea...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年4月 8日 (水)

蕪(カブ)は、食べるなら菊花蕪

北海道でも南の地域では蕪(カブ)は生産していてその収穫量は全国で第7位でシェアは3%(平成30年、農水省データ)。ではあるものの、まれにシャキシャキ感のある赤カブを旬の時期に千枚漬けにして食べるくらいで、カブは最近は我が家ではほとんど口にし...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年4月 7日 (火)

ビジネスとして成り立つプロスポーツには「ボール」が必須?

プロ野球の開幕も無期限の延期になったということもあって、テレビの野球中継や球場(札幌ドーム)で消費するはずだった時間を使って、人気のあるプロスポーツとそうでないものの違いについてぼんやりと考えていました。 一定規模以上のビジネスとして成立し...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年4月 6日 (月)

「布マスク2枚」は「ケーキ」を超えたかもしれない

呆れてモノが言えない、という状態を久しぶりに体験しました。 呆れてモノが言えなくなったのは、「前例にとらわれることなく」「今までにない規模で」「速やかに」実行することになっていたところの新型コロナウィルス感染防止対策の「政府」具体案が「全世...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年4月 3日 (金)

運動不足解消には部屋でラジオ体操

「コロナ」のおかけでスポーツクラブを控えている配偶者が運動不足を気にしているので、ラジオ体操を毎日付き合うことにしました。ぼくはそういう体操はタブレット端末から流れてくる伴奏さえあればひとりでもできるし一人でやることに特に抵抗はないのですが...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年4月 2日 (木)

気がつけばそろそろ「清明(せいめい)」

一日のいろんな時間帯の空気をゆっくりと呼吸する機会がコロナ騒動で少なくなっていたので「春分」がとくにその日を意識しないうちに過ぎていました。気がつけば四月で、節気(せっき)はそろそろ「清明(せいめい)」です(今年の清明は、春分から15日後な...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年4月 1日 (水)

こういう調査は「無視」しないと危ないですね

「LINE 国内8300万人の利用者に健康状態調査 厚労省と協定」というタイトルのニュース(NHK)が3月31日の早朝に配信されました。念のために以下にそのままを(画像も含めて)引用します。 エイプリルフールには一日早い。 その後、LINE...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年3月31日 (火)

「食べる量が増えるわけではない」のではなく、「食べる量は確実に増えた」

最近は下に引用したような主旨の記事、つまり「食べものの買いだめは控えてください」という論調の記事が多い。しかし少し考えたらその観察や発言が上滑りであることがわかります。 「新型コロナウイルスの感染拡大で、首都圏では週末の外出自粛要請を受け、...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年3月30日 (月)

コロナの巣ごもり読書には「聊斎志異(りょうさいしい)」

新型コロナウィルス騒動で巣ごもり状態が要請され退屈するかと思ったら、世間は、というか政治と行政の世界はほとんど毎日がコメディなので思ったほど退屈しません。コメディは役者が真面目に演じれば演じるほど滑稽になるとしても、最近の政治行政コメディは...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年3月27日 (金)

精米歩合が70%~75%くらいの純米酒が好み

冷や酒がおいしいのも十分に解るとしても、晩酌の日本酒はぬる燗です。燗酒なので吟醸や大吟醸ではなく、精米歩合が70%から75%くらいの純米酒を選びます。燗酒というと酒屋でも飲み屋でもアル添を勧められますが、アル添は好みではありません。 精米歩...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年3月26日 (木)

筍(たけのこ)の季節

「筍(たけのこ)」の季節です。北海道でもタケノコは採れて野菜売り場に並びますがそれはチシマザサ(千島笹)の若竹(写真参照)で、「ふっくらとした筍(孟宗竹の筍)」は採れません。西日本で幅広く収穫される孟宗竹はもともとは外来種、チシマザサは在来...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年3月25日 (水)

Financial Times のコロナ(COVID-19)関連の無料記事

Financial Timesのコロナ(COVID-19)関連の無料記事「Coronavirus tracked: the latest figures as the pandemic spreads | Free to read」(Mar...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年3月24日 (火)

「アクティブ・ババア」「アクティブ・ジジイ」と姥(うば)捨て山

今回の新型コロナウィルス騒動でも、初期段階でぼくたちの眼に見えた現象は、アクティブシニア層やその層より少し若いアクティブ熟年層がウィルスの攻撃対象やウィルスの顕著な運搬媒体になっていたということです(現在がどういう形の感染カーブのどのあたり...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年3月23日 (月)

濃厚接触とソーシャル・ディスタンシング

今回の、世界的にはまだまだ落ち着かない新型コロナウィルス騒動が始まった時に驚いた用語のひとつが「濃厚接触」でした。 「濃厚接触」という言葉できれいな女性のいるところに行ってお酒を飲みながら親しく歓談する場面を連想したら、それもそのひとつには...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年3月19日 (木)

オリンピックには新興宗教の香り?

運動やスポーツは走るだけのタイプであってもボールを扱うタイプであっても、好きなら下手なりに楽しいものです。下手なりに楽しいというのは、それを職業や職業に類するものと考える必要がないからです。オリンピックを仕事にしている人たちはそうはいかない...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年3月18日 (水)

新型コロナウィルスの感染防止には日本式のお風呂、という暢気な仮説

「あるアクティブシニア女性の憂鬱」の関連記事です。 日本における、新型コロナウィルス(COVID-19ないしは武漢ウィルス)の感染者数の絶対者数やその伸び率、あるいは人口1万人当たりの感染者数はに外国と比べて、つまり少し前までの中国や、現在...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年3月17日 (火)

安倍首相のスピーチや質疑応答における冗漫と曖昧

新型コロナウイルス対応に関する安倍首相の2度目の記者会見が3月14日(土曜)の午後6時からあり、その模様がNHK(テレビとインターネット)で中継されたのでテレビやタブレット端末の画面を通して拝見・拝聴しました。 安倍首相のスピーチや質疑応答...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年3月16日 (月)

国連の専門機関の議長や事務局長の発言を聴くときは、眉に少し唾をつけて・・

科学者・研究者というのも自身とチームの存続のためには研究費を継続して確保する必要があります。そのためには国からお金の貰えそうな「旬」な研究テーマを継続して選択するほうが有利です。そういう意味では科学者・研究者は政治指向です。 国連というのは...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年3月13日 (金)

冬の間は頻繁に玄関の土間掃除

「雪と株価と木製の砂箱」や「続続・札幌の雪の準備」で書いたように、札幌では冬は主要道路の交差点付近に滑り止め材(砂、より正確には細かく砕いた砕石です)を各種の砂箱に入れて用意してあります。横断歩道で歩行者が滑らないようにするためです。その必...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年3月12日 (木)

カフェと喫茶店とコーヒーショップ

比較的近所にカフェがあります。ぼくは、このお店の前を通り過ぎるだけで、中に入ったことはありません。ぼくの中では、喫茶店と違って、カフェという日本語は自分の語彙としてはいまだに定着していなくて、だから心理的な敷居があるのかもしれません。 「食...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年3月11日 (水)

モノは壊れる

安物のラジオ付きCD再生装置にラジオ体操のCDを入れっぱなしにしてあります。室内運動でラジオ体操をするときの専用機です。その専用再生装置が、針を使うタイプのレコードでよくあったように、ある部分をスキップするというのか、プレイ中に途中で急に一...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年3月10日 (火)

あるアクティブシニア女性の憂鬱

ある知り合いのアクティブシニア層の女性は、自宅の風呂場が以前から物置きと化しているそうです。だからお風呂は軽い運動のあとで毎日スポーツクラブだそうです。理由は、彼女によれば、ひとり暮らしなので自宅でお風呂に入ると毎日の浴室掃除が面倒であるか...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年3月 9日 (月)

焼いた慈姑(くわい)が食べたい

突然、慈姑(くわい)が食べたくなりました。 慈姑は水生植物で、水田や浅い池で作る冬の野菜です。そういう意味では、そして収穫作業が骨折りだという意味でも、収穫の季節はレンコンよりはずいぶん短いにしても、レンコンと似ています。慈姑は塊茎(かいけ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年3月 6日 (金)

チャットサポート雑感

年に一回くらいはチャットサポートを利用します。たいていはIT関連の利用で、電話でもいいのですが、文字情報で会話できると便利なことも多いからです。今回も拡大解釈すればIT関連の利用でした(実際は携帯・スマートフォンのキャリアが提供している通信...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年3月 5日 (木)

とても賢いかもしれない新型コロナウィルス

新型コロナウィルスが蔓延しているらしい「北海道クラスター」で暮らしているという事情もあるので、本棚から「免疫の意味論」(多田富雄著)を二十数年ぶりに引っ張り出して気になる箇所を読み返してみました。基礎知識をリフレッシュしこの名著から刺激をも...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年3月 4日 (水)

梅干しのお土産用パック

2016年8月上旬に完成した自家製の梅干しを6個ずつ赤紫蘇といっしょにガス袋にパックしたもので、お世話になった方へのお土産です。こうしておくと袋詰めしたのを紙か何かに包んで風呂敷で持ち運んでも、プワプワで包んで宅急便で一緒に送る品物の隙間に...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年3月 3日 (火)

札幌はゴム長の季節

雪の積もる地域の雪解け水は春を待っている樹々や植物や農作物には不可欠なものですが、地面が舗装された環境で暮らす人間には鬱陶しい現象です。雨水という節気名以外に雪水というのを作って、状況に応じて二つを使い分けたくなります。 日中最高気温がプラ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年3月 2日 (月)

新型コロナウィルスとクラスターという用語のことなど

厚労省主導の新型コロナウィルスの蔓延予防対策で北海層がクラスター分析の対象になっているみたいです。北海道の当該クラスター属性の詳細については公表されていないにしても、久しぶりにマーケティングやITの用語でもあるところのクラスターという語に出...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年2月28日 (金)

サラダにはジャガイモよりもサツマイモ

札幌に住んでいるから、イモ類はジャガイモというわけではありません。最近はどちらかというとジャガイモの消費量は少なくて(ごくわずかで)、食事にはサトイモやサツマイモです。北海道でもわずかにサツマイモを生産していて、そしてそういうのは必ず試して...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年2月27日 (木)

甘酒はおいしいので夏も冬も米麹の甘酒

甘酒は酒粕(さけかす)を使った簡易版ではなく、米麹(こめこうじ)を使い時間をかけてつくるのが好みです。後者を季節を横切って作りその味を楽しんでいます。酒粕の簡易版は正直なところマズイ。米麹版は甘くて味わいが深い。 大根の手に入る季節は、夏で...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年2月26日 (水)

炭水化物に炭水化物、あるいはその親戚

米ファストフード大手が、ニュージーランドで、フライドポテトだけをはさんだバーガーを売り出したというニュースが流れていました。それにベーコンを加えた商品もあるそうです。商品名は「チップ・バティ」(Chip Butty)。 そのニュースでは、あ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年2月25日 (火)

デパートは閑そうでした

先週の金曜日の午後に、配偶者と待ち合わせて、札幌中心部にあるデパートの化粧品売り場と地下の食料品売り場に行ってみました。実際に買うべきものがそれぞれにあったからそうしたので「不要不急の外出」というのではありません。しかし、そうしなくてはいけ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年2月21日 (金)

困った時の「大本営発表」

大本営(だいほんえい)とは、現代史辞典風に言えば、「戦時または事変の際に設置された、天皇直属の最高統帥機関」のことです。明治26年に制定され、第二次世界大戦後廃止されました。 大本営発表(だいほんえいはっぴょう)と言った場合には、太平洋戦争...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年2月20日 (木)

湿った雪の夜明けと午後

昨日あたりから、節気は「雨水」です。雪から雨へと変わり、降り積もった雪も溶けだす頃という意味ですが、札幌ではパウダースノーが湿気のある重い雪になりました。 樹々の枝に明け方にかけてゆっくりと降り積もったばかりの早朝だと雪の白が控えめに反射し...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年2月19日 (水)

「うがい」に自家製梅酢

新型コロナウィルスの感染状況の報告(情報開示)については、地方自治体で温度差があります。 「(北海道で二人目の)患者は日本の方ですか」という記者の質問に対して、北海道庁の担当者が「申し上げられません」。「患者の国籍は?」「申し上げられません...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年2月18日 (火)

鉢植えのラベンダーと2月の雪

富良野の手入れのいい農園のでも近所の道路際の植栽場で手入れとは縁のなさそうなのでもラベンダーは毎年夏に紫の花を咲かせるので、つまり雪と寒さの中を元気に冬越しするので、だから自宅の鉢植えのラベンダーも手入れさえよければ長生きするはずです。 冬...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年2月17日 (月)

「長安の春」における春の花の季節感

立春も二週間ほど前に過ぎて、札幌の雪まつりも終わりました。札幌の春は遅い春ですが、ともかく春を待ちます。 石田幹之助の著した「長安の春」という論文風のエッセイは名文で、その冒頭に引用してある「葦荘」の詩に続く書き出し部分の春の花が描写がとく...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年2月14日 (金)

タクアン、今年2回目の取り出し

2019年度版のタクアンの1回目の取り出しは1月10日でした(「今年最初のタクアン」)。で、昨日が2回目で、1回目の数本がなくなってきたので、また数本まとめて樽から取り出したのですが、一昨日まではひどい真冬日で凍える中での作業は億劫なので、...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年2月13日 (木)

熟成1年と熟成6年の自家製味噌

ちょうど1年経ったので2019年2月5日に仕込んだ米味噌を食べてみました。熟成期間が1年というのは我が家の基準では短か過ぎるのですが、1年熟成させると世間では十分に味噌なのでその味を味噌汁などでその風味を確かめてみようというわけです。 その...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年2月12日 (水)

年代物の国産ウイスキーが払底

12年物、17年物、21年物、25年物といった熟成した年代物国産ウイスキーが品切れに近い状態だそうです。売れすぎてそういうウイスキーの原酒在庫がなくなったので継続して販売できないらしい。たとえば「ニッカウヰスキー」だと「竹鶴」の「17年」「...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年2月10日 (月)

中国の人たちの立ち居振る舞いの美しさとそうでもないもの

新型コロナウィルスの発生と蔓延への中国共産党やその地方組織の対応を見ていると、先進国の性格と発展途上国の特徴が併存しているだけでなく、こういう問題に対する強圧的な政治体制の限界も現れています。皇帝支配の漢や唐でも一定以上の予期せぬ社会的混乱...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年2月 9日 (日)

札幌でははじめての氷点下14℃

氷点下10℃や11℃はときどき経験しますが、札幌で氷点下14℃は初めてです。ぼくが今までで経験したことのある最もすごい寒さは氷点下20℃から22℃くらいですが、北海道内陸部の氷点下30℃とくらべると穏やかなものかもしれません。 下の画像は ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年2月 7日 (金)

蛍の光、窓の雪

「蛍の光」という唱歌の歌詞の一番は 「螢の光、窓の雪、書(ふみ)讀む月日、重ねつゝ、何時(いつ)しか年も、すぎの戸を、開けてぞ今朝は、別れ行く。」 で、つまり 「蛍の淡い光や窓から入って来る雪明かりで書物を読む日々を重ねていると、いつの間に...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年2月 6日 (木)

言葉は正しく使いたいものです

《宿泊キャンセル1万人 新型肺炎の風評被害懸念 奈良》というニュース見出しが目に入りました。見出しには本文が続きますが、その記事本文中に 《・・・キャンセル客の国籍などは不明だが、県は中国人団体旅行客のキャンセルの影響が大きいとみている。 ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年2月 5日 (水)

もみじマークの方に、別のステッカーをプレゼント

70歳以上の高齢者ドライバー用マークが「もみじマーク」で、車に付けても付けなくてもいいことになっています。もみじマーク該当年齢の方でお世話になっているある方に、それと組み合わせて貼ってあったら「あおり運転」される可能性が低くなるかもしれない...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年2月 4日 (火)

節分で真面目と遊び

両方遊びみたいなものかもしれないとしても、真面目な方はお正月と節分はセットなので、「柊(ひいらぎ)と豆殻」を玄関に飾って区切りとします。 正月は「松」、節分は「柊と豆殻」。オニと呼ばれるヤマのスピリットが正月にヤマのしるしの松をめざしてサト...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年2月 3日 (月)

マスク雑感

人ごみの中に出かける時で、マスク着用が失礼になるような場合を除き、風邪の季節や外気が乾燥しているときは、配偶者もぼくも数年前からマスクをする習慣なので、つまり一定量のマスクをストックしているので今回のような新型コロナウィルス発生のときも慌て...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年1月31日 (金)

悪役と悪い奴

悪役の登場する映画やドラマでの需要が少ないのかもしれないにしても、テレビドラマでは年配のそれらしい悪役を見なくなりました。それらしい悪役というのは、若い俳優が簡単に演じられるようなわかりやすい悪さとは隔たっていて、得体のしれない凶悪さが存在...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年1月30日 (木)

「はじめての、IOTキッチン家電」補遺

「はじめての、IOTキッチン家電」の続きです。 この「水なし自動調理鍋」を購入した目的は、配偶者が ・「無水調理」という調理法を利用すること・「無水調理」だけでなくこの調理家電にその得意技をさせながら、鍋やフライパンやグリルやオーブンなどを...

» 続きを読む

| | コメント (0)

«令和二年の味噌作り(寒仕込み)