2020年9月18日 (金)

「脱力系ジャケット」

かっちりとしたのでなくニット風味のジャケットの人気が高まっているというのは知っていました。デパートの洋服売り場でもそういう傾向のジャケットが並んでいます。それが、新型コロナ以降のテレワーク、リモートワークの普及で加速されたようです。画面上は...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年9月17日 (木)

「面倒くさい人ね」

どちらかというと少々手垢のついたような表現でも、久しぶりに耳にすると新鮮に響く場合があります。 ある知的で穏やかな中年女性が、行動に鬱陶しいところがあり発言にまとまりを欠くところの別の中年女性のことを評して先日つぶやくように使ったのが「面倒...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年9月16日 (水)

散髪中のウトウト、散髪中の会話

睡眠不足のときや疲れている時に、それが土曜日の夕方に近い午後なんかだと、散髪中についウトウトというのが発生します。そのウトウトはけっこう気持ちがいいとしても、ウトウトしていて頭が動くと美容師や理容師は作業がやりにくいだろうし、失礼に当たるか...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年9月15日 (火)

久しぶりにオーディオコーナーでスピーカーの視聴

先週末に、あるお店のオーディオコーナーでスピーカーの視聴をしてきました。視聴したのはネットワークスピーカーと呼ばれているタイプです。実際に音を感じてその音の流れを浴びてみないとそのスピーカーの音の塩梅が実感できません。で、好きな音楽を選択的...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年9月14日 (月)

「神社に狛犬、寺院に狛犬」、「阿形(あぎょう)の狛犬、吽形(うんぎょう)の狛犬」

狛犬に関して、神社本庁ウェブサイトは次のように説明しています。 『神社にお参りすると参道の両脇に一対で置かれた石製の狛犬を見かけます。神社境内のことを語るとき、鳥居と並んでまず思い浮かぶほど、狛犬は神社にとって一般的なものとなっています。普...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年9月11日 (金)

徒然草の中の神仏習合

サラッと書いてあるのでサラッと読んでしまうのですが、不思議と言えば不思議な記述です。徒然草の第百九十六段は次のような書き出しで始まります。 「東大寺の神輿、東寺の若宮より帰座の時・・・」(東大寺の御輿が、東寺に新設した八幡宮から奈良に戻され...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年9月10日 (木)

車のテレビコマーシャルは、はや、冬用・雪用

先日の台風の影響の名残りか、北陸に多いフェーン現象が札幌でも発生し(札幌は比較的に日本海側なので)、その後も日中は30℃越えで夏がぶり返しています。湿度が高くて鬱陶しい。夕方であってもすぐに汗だらけになることを想像すると運動(速歩き)をする...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年9月 9日 (水)

徒然草の中の枕草子、源氏物語や紫式部日記

「方丈記」はさてこれかどうなるのだろうというところでお終いなので、いささか肩透かしを食った気分になるエッセイです。もう一度読もうという気分になりにくい。それに対して、「徒然草」はまた気が向いたら気に入ったところをパラパラと(あるいは丁寧に)...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年9月 8日 (火)

イナダの刺身と漬け丼と照り焼き

久しぶりに対面販売の魚売り場に行ったら、まだまだ混雑度合いは低くて、その中で、戸井の本マグロと、イナダ(40㎝くらいの大きさのブリ、関西方面ではハマチ)が安い値段で売られていました。 戸井は大間と津軽海峡を挟んだ向かいの漁港で、高級本マグロ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年9月 7日 (月)

天気予報用語に関する違和感のことなど

自然災害は人為的には抑制できないので災害をもたらす大きな台風などはないに越したことはないのだけれど、気象庁担当者や気象予報士が近頃頻繁に使う「『観測史上最大の』風速」という類の表現の意味というか、そういう曖昧な表現を使う意図がよくわからない...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年9月 4日 (金)

マスクの抽選に当たった

2020年4月30日 (木)のブログ記事「クリーンルームで生産された日本製マスクの抽選に応募してみたら・・」の続きです。 《【・・・ご当選のお知らせ】・・・ご購入手続きのご案内》というタイトルのメールが昨日の午後に届いていました。ほとんど諦...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年9月 3日 (木)

枝を手折(たお)る

先日のブログ記事「桜狩り、サクランボ狩り、紅葉狩り」で、次のように書きました。 《「世の中にたえて桜のなかりせば春の心はのどけからまし」は、折り取られた桜の花枝がそのあたりを歩く(あるいはそのあたりで舞う)人たちの頭髪や帽子(冠)にさされた...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年9月 2日 (水)

札幌のホップの実

札幌(およびその近郊)らしいお酒と言えばビールとウイスキーです――最近はワインも加わりましたが。 以前、「ミュンヘン、札幌、ミルウォーキー、うまいビールの合言葉」という記憶に残るテレビコマーシャルがありました。ドイツのミュンヘンは北緯48度...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年9月 1日 (火)

「徒然草」は、今風に言えば、「出家おじさんブログ」

「徒然草」は全部で二百四十三段なので、一日一段で二百四十三日で終了というのでなくても、長いのは三日ほどかけて書くかもしれないし、休みの日もおそらくあるので、今様に云えば、十四世紀の前半の半ばくらいに(詳細ははっきりしないにしても)、一年くら...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年8月31日 (月)

北海道は、2日間と少しだけ、突然の秋

一昨日の夕方から昨日までは「世間」は夏でしたが、北海道の気温はまったくの秋でした。この超短期の秋は今日も継続中です。ここで「世間」というのは北海道以外の日本の各地域という意味で、ぼくが勝手にそう使っただけですが、そういうことを表す北海道方言...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年8月28日 (金)

小腹が空いたら北海道産の切り餅と自家製玄米味噌

小腹が空いたら、切り餅を焼いて自家製の玄米味噌を少しつけて食べます。 切り餅は市販のものですが、北海道産の切り餅です。それが北海道産である理由は簡単で、糯米(もち米)を、現在、日本で生産しているのは「風連(ふうれん)」のような北海道のもち米...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年8月27日 (木)

夏は暑くてヒトには辛くても野菜はよく育つ

夏はけっこう暑くても野菜がぐんぐん育つので、けっこう好きです。死にそうなほど暑い夏というのは札幌ではほとんど経験できないとしても――25℃を超えると暑くて死にそうだとこぼす北海道生まれの方も中にはいらっしゃいますが――非常に暑い夏の日という...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年8月26日 (水)

古本通販の楽しみ

古本屋さんを歩く楽しみはさておいて、ここでは各種の通販という手段で古本を購入するときの楽しみについてです。 古本通販の楽しみには、買う楽しみと、届いたのを読み始める時の楽しみがあります。その楽しみは、新刊書を購入してきて最初のページやあとが...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年8月25日 (火)

この夏最後のルッコラ

朝夕は風がけっこう冷たい日があっても、このところ札幌も間違いなく夏なので――札幌風味の夏だとしても――、大丈夫かなと不安だったルッコラも順調に育っています。この夏最後のルッコラです。 ルッコラは足が速いので、野菜売り場に並んでいるルッコラは...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年8月24日 (月)

信頼できる風に着用されたマスクとそうでないマスク

出来のいい絹のネクタイはディンプルがたいていは気持ちよく作れますが、絹でも織り方によってはそうでないのもあります。ビジネスマンや政治家なら、風体が同じようでも、ディンプル付きできちんとネクタイを締めている人のほうがそうでないひとよりも、相手...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年8月21日 (金)

古くて重厚なビジネスバッグ

ある時期にはよく使ったけれど、機能的に時代の流れと合わなくなってしまい、しかし美術品的な美しさがあるので保管してある道具(ないしは持ち物)というのがあります。下の写真のビジネスバッグはそのひとつです。 ビジネスバッグと大まかな用語を使いま...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年8月20日 (木)

桜狩り、サクランボ狩り、紅葉狩り

「狩る」とは、ぼくたちの間で継続されている意味は、一般的には、鳥や獣を追い出して捕えるということと、花や木を愛でるために探し求めることです。 「狩る」行事といえば、すぐに思いつくそのひとつは、「桃狩り」「サクランボ狩り」「梨狩り」「リンゴ狩...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年8月19日 (水)

マスクで外出や買い物のあとは、手洗いと衣類の洗濯

みなさんも同じようなことをしてらっしゃると思いますが、買い物などで人混みに入ったあとは、帰宅したらできるだけ衣類の洗濯です。自宅で洗えるものは、今は夏だし、だから洗うのは簡単だし、ということで洗濯機が今年はいつも以上に大活躍です。 できるだ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年8月18日 (火)

まるでコンビニ強盗

テレビのニュースで、たとえば未遂のコンビニ強盗の録画映像が流れることがあります。犯人はだいたい帽子を被りマスクをし、あるいは目出し帽を装着しています。そういう格好をしたからといって防犯カメラを避けて目的を遂行できるわけではありませんが、そう...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年8月17日 (月)

お盆のホテルの窓灯り

景気の具合はタクシーの運転手に聞くとよくわかるというのは事実ですが、頻繁にタクシーを利用するというわけでもないので、ぼくは一般的なビジネス客や観光客の多い都市ホテルの夜の窓を見ることにしています。 写真は8月14日の夜遅くの、札幌市内のある...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年8月14日 (金)

美容室で散髪

散髪の為に美容室を利用するようになって20年になります。主に男性客が利用するいわゆる理髪店(ないし理容店)で、そこの親父さんと世間話をしながら髪を切ってもらうというのもなかなかにリラックスできる時間帯ではありますが、どちらかというと女性客の...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年8月13日 (木)

スピーカーを送るということ、それから10㎝や5kgの差

家庭向けの物品運送サービスを何と呼ぶのか。ここでは「宅配便」というのを業界標準と考えてそう呼びます。家庭向けといっても、いろいろです。電気製品やコメや野菜の詰め合わせを企業や農家から消費者家庭に送るBusiness-to-Homeも家庭向け...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年8月11日 (火)

従来タイプのステレオスピーカーは若い人には絶滅危惧種?

20年間使い続けてきたお気に入りのステレオスピーカーが壊れたので――おそらくは、スピーカー内部の基盤上のコンデンサのような電子部品が経年劣化して、その結果音が出なくなったので――それはそれで修理するとしても、最近人気のワイアレススピーカーと...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年8月 7日 (金)

修理先が見つかってひと安心

あるジャズCDを聴こうとしたところ、左側のスピーカーから音が出ません。どうしたのか。壊れたか。そのスピーカーは20年間使い続けてきたステレオ装置の一部で、当然スピーカーも20年間我が家で音を出し続けてきました。電源が内蔵してあるというやや特...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年8月 6日 (木)

むつかしい、と、むずかしい

難しいをどう読むか。ぼくにとってのデフォは「むつかしい」でした。今でもそうです。 おそらく小さい頃に祖父からよく日本昔話や源平合戦の物語などを聞いていたときに――あるいはその他の機会で――「むずかしい」ではなく「むつかしい」という音を持った...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年8月 5日 (水)

夏野菜はけっこうな量の生ゴミになるとしても・・・

もし、ニンジンや大根を葉がついた状態で一般の小売店で売っていたら、売る側はそれ用の売り場面積が広くなり過ぎて困るし、消費者側も食べない部分や食べられない箇所のゴミ処理が大変です。だから、根菜類は、消費を一部とする流通面への配慮からたいていは...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年8月 4日 (火)

GoTo トラベル2日目とGoTo 12日目の窓灯り

「GoToキャンペーン二日目の札幌のあるホテルの窓灯り」の続きです。 GoToトラベルキャンペーン2日目(7月23日)は4連休の初日で、小学校などの夏休みが始まったばかりということもあったのでしょう。おもに北海道以外の観光客やビジネス客が宿...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年8月 3日 (月)

来年の梅干し(梅の天日干し)のためのメモ

今年の梅の土用干しを7月30日から8月2日の4日間のなかの3日間で実施すればもっと出来のいい梅干しができたかもしれません。「出来」とは、赤の染まり具合と干しの具合、に関してです。で、来年の土用干しのためのメモです。 去年(2019年)の土用...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年7月31日 (金)

死因別にみた年間死亡数(2018年)と新型コロナ死亡数(2020年)

日本での新型コロナ死亡数が1000人を超えました(1001人)。 既にみなさんがおやりになっていることだとしても、ぼくも新型コロナが原因で亡くなった方の人数が相対的に、つまり他の死因と比べてどういう位置にあるのかを自分の目で確かめてみること...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年7月30日 (木)

畳みかけるリズム感と人を酔わせる説得力

彼の文章には、酔ってしまうような心地よい、そして強引なリズム感があります。彼の牽引力の強いリズム感を持った文章は、読者には愉悦に近い心地よさを感じさせます――そういう方法にいくぶんの違和感を覚えるかもしれない他の一群の読者がいるとしても。 ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年7月29日 (水)

蝿(ハエ)を相手に剣豪の気分を味わうには

札幌で暮らすと、蝿(ハエ)を相手に剣豪の気分を味わうことができます。 たしか、宮本武蔵を主人公にした古い映画に次のようなシーンがありました。季節は夏。街の飯屋で昼飯を食っているときに、すばしこく飛び回る蝿がうるさいので武蔵がそれを箸で音もな...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年7月28日 (火)

今年の夏は野菜の生育が良くない

長雨と日照不足のせいで全国的に野菜の供給量が少なく、また「おうちごはん」の急増による野菜需要の急増で、一部の種類を除いて夏野菜の値段が以前の何倍という感じで高騰しています。 札幌は長雨や梅雨というのとは相対的には縁が少ないにせよ、だから、地...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年7月27日 (月)

GoToキャンペーン二日目の札幌のあるホテルの窓灯り

夏の旅行は北海道か沖縄というのが定番ですが、地元のテレビ局のニュースから関連部分を引用すると 「北海道内の経済を救う起爆剤となるのでしょうか。22日からスタートした国の観光支援策GoToトラベルキャンペーン。さっそく北海道を訪れる観光客の姿...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年7月22日 (水)

我が家の梅干しの年間生産個数と年間消費個数

家庭で常温保存できる自家製梅干しと自家製味噌とご飯(コメ)があれば、その他の食べものなどが不測の事態に見舞われて手に入らなくても、一週間くらいだと何とか生きていけます。自家製の梅干しや味噌は美味しいから「自家製する」にしても、それ以外の理由...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年7月21日 (火)

梅干し作り⑤、あるいは最後の工程(2020年度)

三日間の天日干しが完了した梅は常滑焼(とこなめやき)の甕(かめ)に入れて家の中でいちばん涼しい場所で一年以上は休息してもらいます(写真)。 常滑焼は愛知県常滑市を中心に知多半島内で焼かれる陶磁器で急須が有名です。常滑焼の甕は味噌や梅干しの保...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年7月20日 (月)

梅干し作り④、梅の土用干し(2020年度)

土用の入りは7月19日ですが、天気予報などから、7月17日からの3日間が梅の天日干し(土用干し)には最適だと判断しました。3日間連続で晴れて気温がそれなりに高ければ、とてもいい状態で土用干しが完了できます。20日の週は雨模様の日がはさまる見...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年7月17日 (金)

積丹で食べるウニ丼のことなど

北海道では「道民割り」というキャンペーンも始まっているようです。北海道民が北海道内を旅行する際の割引制度です。飛行機会社からも北海道内旅行用に道民割キャンペーンのプロモーションメールが届いています。札幌から利尻や根室や知床に行こうと思ったら...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年7月16日 (木)

「自然栽培米の乳酸菌で野菜を育てる」の続き

「自然栽培米の乳酸菌で野菜を育てる」の続きです。 自然栽培米の玄米なのでコメには自然の乳酸菌がたっぷりと付着しています。この玄米に住んでいる乳酸菌を「黒砂糖と塩」(乳酸菌のエサです)で培養し、発酵した培養液を薄めたものを、栽培中のバジルや大...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年7月15日 (水)

閑散としていた洋菓子カフェ

北海道はミルクやバターやチーズなどの酪農品と小麦の産地なので、お菓子も洋菓子の生産が盛んです。その品質レベルはとても高い。だから、洋菓子メーカーが札幌中心部で運営している地下を含む路面店カフェなども、休日の日中は、以前は、席を確保するのが難...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年7月14日 (火)

「ぴえん超えてぱおん」

「ぴえん超えてぱおん」や「ぴえん通り越してぱおん」というのが女子中学生や女子高生に(現在進行形ないしは現在完了形で)人気の言葉だと聞いて、わずかに解る気もしますが総体的に意味不明なので知り合いの女性にその意味を聞いてみました。その女性はおお...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年7月13日 (月)

仕込みから半年たったので味噌の天地返し

今年の1月29日に仕込んだ味噌を、寝かせ始めてから半年ほど経過したので、この日曜日に「天地返し」しました。 「天地返し」とは、甕で発酵中の味噌の天(上)と地(下)をかき混ぜて甕全体の発酵状態を平準化する(発酵に偏りが出ないようにする)ことで...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年7月10日 (金)

お腹がすくと歩けないので、パン

ときどき経験することですが、お腹が空いた状態の(という自覚が本人にない場合の)遅い夕方の早歩きで、途中で急にガス欠状態になって歩行速度が急激に低下することがあります。頑張って歩こうとしても身体に力が入らない。 前回がそれでした。40分くらい...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年7月 9日 (木)

その日の天気は「雨雲の動き」(予想)を見るに限る

天候の今後の推移(晴れとか曇りとか雨とか雪とか)と最高気温・最低気温を含む気温推移、降水確率などを一覧にまとめた天気予報は一応参考にしますが、参考の仕方は一応程度です。 日々の利用者側からすると、それほど信頼できるものではありません。無料だ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年7月 8日 (水)

美容業界のモビリティ

美容業界のモビリティといっても、私的でミクロな視点の話です。 ある美容室にお世話になって10年になります。同じ美容師(ヘアスタイリスト)に配偶者とぼくの両方のカットを担当してもらっています。現在の美容師はそのお店では3人目の担当者です。この...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2020年7月 7日 (火)

七月の声を聞くと立ち葵

六月の末には開花までまだしばらく時間がかかりそうな風情だったのが、七月の声を聞くと一斉に咲き始めました。立ち葵です。不思議なくらい季節の推移と同期しています。立ち葵は日本中で見られる夏の花だとしても、ぼくはかってに七月上旬の札幌の花と決めて...

» 続きを読む

| | コメント (0)

«梅干し作り③、白梅酢を確保し、赤紫蘇でサンドイッチ(2020年度)