2019年8月20日 (火)

サングラスの効用

知り合いの女性は、以前から、自分で車を運転するときはサングラスをかけています。サングラスがふさわしくない時間帯や天候の時は利用しませんが、そうでないときは、おとなしい色形のサングラスではなく、扱いにはちょっと気をつけないといけない相手かも知...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年8月19日 (月)

きんぴらゴボウの翌朝は包丁研ぎ

包丁の主たるユーザーは配偶者でぼくは副次的な利用者ですが、包丁研ぎはもっぱらぼくの役割です。包丁は定期的に研ぎますし、当方のリクエストできんぴらゴボウなどをいっぱい作ってもらった後は包丁の刃がゴボウの硬い繊維で確実に傷むので、そのままにして...

» 続きを読む

| | コメント (1)

2019年8月16日 (金)

台風レポーターが現場で静かになる時

札幌でも、今朝は5時過ぎからけっこう強い雨が降り始めました。風もあるし午後は強くなるという予報なので、ルッコラやバジルや青紫蘇はプランターと鉢植えを壁際に寄せて保護してやります。 台風10号の報道を見ていると、いつものことですが、現場のレポ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年8月15日 (木)

トウモロコシの季節

東京の知り合いと電話で話しているときについでにという感じで、北海道産のトウモロコシはいつごろから獲れるのかと聞かれたので理由を尋ねると、トウモロコシはまだ近隣の県のものしか出回っていなくて北海道のほど甘くない、北海道産はいつごろから店頭に並...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年8月14日 (水)

今年はルッコラの栽培にけっこう苦労した

ルッコラ(ロケットともいいます)は育てるのが簡単な家庭菜園向きの夏野菜で、味は、その簡単さとは関係ないのですが、ピリッとした味わいがアクセントになり野菜サラダの風味を引き立ててくれます。お店で購入したブロッコリーとセロリと、家庭菜園のルッコ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年8月13日 (火)

「ケレン味」あるいは「ケレン味という言葉」が偏愛される世界

言葉そのものは、非常にとは言えないにしても、まあまあ、一般的なものです。しかし、それが多用される、偏愛されているらしいという意味で、スポーツ業界は一般世間とは少し違うのでしょう。 普段は見ないプロゴルフ中継ですが、先週末はミーハーになって女...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年8月 9日 (金)

日本の食料自給率は37%で穀物自給率は28%、サウジアラビアの穀物自給率は7%

3日前に次のような報道がありました。 「農林水産省は6日、2018年度のカロリーベースの食料自給率が前年度より1ポイント低下の37%だったと発表した。天候不順で小麦や大豆の国内生産量が大きく減少したためで、コメの記録的な凶作に見舞われた19...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年8月 8日 (木)

北朝鮮と南朝鮮という呼び方

勝手なことを言えば、朝鮮半島の38度線以北の国を「北朝鮮」それ以南の国を「韓国」ではなく、「北朝鮮」と「南朝鮮」としてくれたほうがぼくにはわかりやすい。 北朝鮮の国名は漢字表記だと「朝鮮民主主義人民共和国」、南朝鮮は「大韓民国」で、英語では...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年8月 7日 (水)

春は梅、秋はさくら葉

寒い季節の訪れはできるだけ遅い方がいいのですが、先週ほどではないにしても今週の札幌もそれなりに暑いので、以前ひんやりとした季節に撮影した「紅葉・黄葉」の写真を見るともなく見ていたら、桜の紅葉を撮ったのがそれなりにありました。 あまり注目され...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年8月 6日 (火)

悪文と句読点

「悪文雑感」の続きです。 今は文章は、文学も実用文も、古典も現代文も、紙に印刷された活字やそれの電子版であるところのIT端末の画面上の活字を通して読みますが、文章中の句点(。)や読点(、)が必須です。 しかし、奈良、平安の昔から江戸を経て明...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年8月 5日 (月)

日の丸弁当と梅干しと梅漬け

このままだとまだ日の丸弁当ではありません。ご飯と梅干しだけで、おかずがない。秋田杉の香りをおかず代わりにするというのだと実際的でないし、また蓋もないので外へ持ち運べません。   上の写真は「曲げわっぱ」・「樵(きこり)弁当箱」の一部で、下の...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年8月 2日 (金)

赤紫蘇で染まってきた梅干し用の竹の平籠

梅の天日干しが終了すると、柔らかくシャワーで湯洗いして、その後三日間くらい乾燥させ、無地の布に包んで翌年の同じ時期まで仕舞っておきます。 梅干し作りの「土用干し」工程で使うこの竹の平籠は毎年少しずつ赤紫蘇の赤に薄く染まっていくのが風情です。...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年8月 1日 (木)

シイタケは、やっぱり、原木栽培

とても美形で色白の菌床栽培の生シイタケが手に入りました。北海道産です。原木栽培とは違って菌床栽培の生シイタケを美味しいと思ったことはほとんどないのですが、あまりに美形だったので、ぼくの好みの食べ方でいただくことにしました。 簡素で野趣のある...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年7月31日 (水)

梅の天日干しは三日間で無事に完了

写真は干し始めて三日目の朝7時過ぎの様子です。午前5時では薄い雲が空を覆っていましたが、雲の動きを見るとどこかに流れて晴れそうなので予定通りに干すことにしました。期待に違わず7時少し前から強い夏の陽光が斜めに降り注ぎ始めました。 この日まで...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年7月30日 (火)

いなり寿司専門店のとてもシンプルなメニュー

メニューはとてもシンプルです。商品は「いなり寿司」の一つです。「がり」を別商品と考えると二つ。あとはパッケージ数量の違いだけ。二個か八個か二十個か。作りのしっかりとした控えめな色の手提げ紙袋に入れてくれます。 箱入りの8個パッケージと瓶詰...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年7月29日 (月)

梅の天日干し、初日

天気予報だと7月28日(日曜)から数日間は暑い晴れの日が続くとのことでした。で、その予報に沿って「梅の天日干し(土用干し)」をスケジュールしてみました。予報をそのまま信用するのではありません。朝5時過ぎに起きて、空と大気の様子が梅干し向きと...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年7月26日 (金)

北海道産の梅

北海道でも梅がとれます。 写真の青梅は「豊後(ぶんご)」という種類です。「豊後」は、冷涼な気候が好きな「杏(あんず)」との自然交配によって生まれた梅の品種で、原産地は名前の通り大分県。だから、日本ではひんやりとした地域であるところの北海道と...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年7月25日 (木)

産地では「ご飯の見えないウニ丼」、家庭では「ご飯の見えるウニ丼」

積丹半島には、毎日、いろいろな観光会社から「『ご飯の見えないウニ丼」を堪能するバスツアー』が出ています。そういう海鮮食べ物屋の駐車場には自家用車や観光客のレンタカーも多い。ウニ丼を注文すると、確かにご飯の上にご飯が見えないくらいぎっしりと、...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年7月24日 (水)

夏の短い昼寝にはアナログキッチンタイマー

夏になると、春眠暁を覚えず状態が縁遠くなります。北海道は日本のいちばん北東側なので日の出が早いこともあり、けっこう朝早く目が覚めます。ちょっと睡眠が足りないかなと思いつつ一日を過ごす。 しかし、日曜の午後など、どうしようもなく眠くなってきて...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年7月23日 (火)

夏はセロリ

札幌もやっと少しは夏です。その証拠のひとつはご近所の農家の露地栽培セロリが野菜コーナーに少しずつ並び始めたことです(北海道のセロリの旬はハウスものも入れると6月から10月)。 こういうふうに気候や天気がどういう状態なのか、これからどうなるか...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年7月22日 (月)

夜中に足が攣(つ)ったときはマグネシウムの多い硬水をがぶ飲み

運動を予定以上に長くやりすぎて、そのことは別に悪くないのですが、そのあと水分を十分に摂らなかったような場合、睡眠中の夜中に足が攣(つ)ることがあります。痛みで寝ているどころではありません。 そういう場合は、足の攣った箇所を揉んだりせずに(そ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年7月19日 (金)

札幌駅南口広場の風景(7月16日午後7時過ぎ)

7月16日(火曜日)の午後7時過ぎの札幌駅南口広場の風景です。写真はネットからお借りしました(最初の写真、二枚目の写真、三枚目の写真)。三枚目の写真は、最初と二枚目の写真に写っている人たちの最後尾あたりから撮影したものです。写真の撮影者・投...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年7月18日 (木)

美容室の女性スタッフが少なくなった

最近は、といっても20年くらい前からの最近ですが、散髪は男性向けの理髪店・理容室ではなくて、顧客が女性だけでなく男性もそれなりにいるところの美容室のお世話になっています。最初は敷居が高かったのですが、慣れるとけっこう楽しい。 3年ほど前から...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年7月17日 (水)

『気候変動の原因は、人間活動ではなく、雲の量』という主旨の刺激的な論文

地球温暖化などの地球規模の気候変動を左右しているのは「人間活動」ではなく「雲量」である、という主旨の刺激的な論文に出合いました。 この連休中にひょんなきっかけから「NO EXPERIMENTAL EVIDENCE FOR THE SIGNI...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年7月16日 (火)

休日は雨がいいか晴れがいいか

雨の中を傘を差してズボンの裾や背中を濡らしながら目的地まで歩くのは好きではありません。そのためにレインコートというものがあるのでしょうが、レインコートは余分な一枚を羽織ることになるので涼しい季節以外は鬱陶しい。しかし用事があっても、それが出...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年7月12日 (金)

山椒も紫蘇(シソ)科風の摘芯?

青紫蘇(大葉)やバジルやアップルミントのようなシソ科植物は、このままだと茎が伸び過ぎるあたりの茎を葉をつけたまま切り取ってやると(この作業を「摘芯」と云います、切り取った葉は当然食べます)、切り取られた茎(「芯」)の根元の辺りから新しい芽が...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年7月11日 (木)

手亡豆で発酵白餡(白アン)

日常でおなじみの豆類には「大豆(ダイズ)」や「小豆(アズキ)」や「インゲン豆」があります。自分で豆料理をするかどうかを気にしなければ、味噌・醤油は大豆ですし、納豆も大豆。赤飯は小豆の仲間の「ささげ」か「小豆」だし、黒餡というか赤餡というか普...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年7月10日 (水)

寒い6月、温度の上がらない7月上旬

先月23日に「花フェスタ」の会場で、黒の栽培ポット入りのラベンダーをひとつ購入しました。ポット売りだったので家で素焼きの鉢に移し替えると数日後に開花しました。開花すると通常の夏の暑さだと1週間くらいで花が散り始めるのですが、今年はけっこうひ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年7月 9日 (火)

一本の立ち葵が美しい

遅い午後や夕方の立ち葵が美しい。タネがそういう風に落ちて増えるのか、いくぶんかは人の手が入った結果なのか、最初の写真のように仲間と一緒が多くて、それが道路際に順番に同じ色や同じ系統の色の濃淡を違えて連なっているので見続けているとやや食傷気味...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年7月 8日 (月)

梅干し作り。白梅酢を採取して、赤紫蘇と梅のサンドイッチを作る。

「梅と塩のサンドイッチ、その上に重石」から5日目の金曜日に、梅をひたひたに浸す量の梅酢(白梅酢と呼ぶ慣わしです)を残し、それ以外は強い焼酎で滅菌したガラスの空き瓶に移しました。貴重な調味料です。そしてそのあとすぐに、赤紫蘇(揉み紫蘇)を、追...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年7月 5日 (金)

梅干し作り、最初のチェックポイントは白梅酢

「梅干し作りに着手」したのがこの前の日曜日、その3日目(水曜日)の朝に、梅酢がきれいに上がってきているのを確認しました。これが最初のチェックポイントなので、ひと安心です。今まで、我が家ではそういう経験はありませんが、梅のヘタ取りや、梅や容器...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年7月 4日 (木)

「カラスに襲われた」・補遺

昨日、知り合いの若い女性に「カラスに襲われた」(野球帽風をかぶっていたぼくの後頭部を、カラスが脚で蹴って飛び去った)という話をしていたら、彼女は「わたしは帽子はかぶっていなかったのですが、頭をクチバシでつつかれました。今年は、大通り公園のカ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

札幌の「東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展」のことなど

北海道立近代美術館で開催されている「東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展」に行ってきました。東山魁夷が描いた唐招提寺御影堂のふすま絵や障壁画を目にするのは20年ぶりです。 今から20年前、1999年(平成11年)4月に「鑑真和上像里帰り二十周年...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年7月 3日 (水)

道端のラベンダーと立ち葵の生命力

遊歩道に並んでいる植栽コーナーでのひとつでラベンダーがいっぱい咲いていました。そこでは、最初にどなたかが思い付きで植え付けたのか、毎年この時期に紫の花を咲かせます。人の手がとくには入っていない場所(のはず)ですが、ラベンダーは北海道育ちらし...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年7月 2日 (火)

カラスに襲われた

この前の日曜日の遅めの午後、梅干し作りの最初の作業を終えた後、配偶者と木立の連なる道路際を散歩していたら、あるところで2回カラスに襲われました。ただし、襲われたのはぼくだけで、配偶者には危害はありません。 襲われたというのは、その状況を正確...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年7月 1日 (月)

梅干し作りに着手

昨日(日曜日)の朝に予定より早く「南高梅」(8kg)と「揉み紫蘇」が奈良から届きました。到着が当初の予定よりは早かったのは、梅農園が台風の影響を避けるために収穫を急いだためだと思われます。 日曜日の予定を急遽変更して、さっそく梅干し作りに着...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年6月28日 (金)

梅干し作りの手順の確認

今年の梅干しの梅は奈良の「南高梅」です。最初の梅干し作りも「南高梅」でした。2010年の夏に梅干し作りを「南高梅」で開始して、途中から無農薬栽培の「龍神梅」のお世話になっていたのですが、その「龍神梅」が入手困難になってきたので、今年はまた「...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年6月27日 (木)

少し不気味なスズラン

リラ(ライラック)は札幌市の樹ですが、では札幌市の花はというとこれがスズランです。漢字だと鈴蘭、漢字のほうがその形を思い浮かべやすい。そのあたりの植栽場や公園でよく見かけます。スズランを自治体の花としているところも日本では多いみたいで、必ず...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年6月26日 (水)

札幌と、『荒地』の書き出し部分の季節感

以下はT・S・エリオット『荒地』 (The Waste Land, 1922) の第一部「死人の埋葬」の書き出し部分です(吉田健一訳)。 「四月は残酷な月で、死んだ土地からリラの花を咲かせ、記憶と欲望を混ぜこぜにし、鈍った根を春雨で生き返ら...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年6月25日 (火)

キュウリ(胡瓜)雑感

北海道産のキュウリの旬は6月から9月なので、6月になると野菜売り場には地元のキュウリがいっぱい並びます。キュウリ好きの身としてはご同慶の至りです。北海道産キュウリの出荷量は、全国のそれの3%くらいです。 キュウリは野菜サラダの具のひとつにな...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年6月24日 (月)

夏至は日本では平日、個人的には祝日

改めてカレンダーを見直してみると、今年の3月21日(木曜日)は「春分の日」で祝日だったし、9月23日(月曜日)も「秋分の日」で祝日です。今年の夏至は6月22日(土曜日)でしたが祝日ではありません。だから、普通の簡易カレンダーにはこの日が何の...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年6月21日 (金)

ニセアカシアは札幌の6月の樹

札幌で5月に可憐な紫色の花を咲かせる樹は「ライラック」です(リラとも呼ばれる)。樹によって濃淡の違う紫の花が開きます。たまに白い花もある。街路樹、公園樹です。  ライラック いい香りがその周辺に漂う白い花を咲かせる札幌の6月の樹は「ニセア...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年6月20日 (木)

悪文雑感

「悪文」(あくぶん)の意味を、一般的な国語辞典で調べてみると、「へたな文章。文脈が混乱して、わかりにくく誤解されるような文章」(広辞苑)をはじめ、他の辞書でも「へたでわかりにくい文章。文脈が混乱して、まとまりのない文章。」「難解な言葉を使っ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年6月19日 (水)

「同行二人Tシャツ」と「サクランボ」

札幌の6月の早歩きは、Tシャツ1枚だと、勤め人が帰宅の途にある時刻をある程度過ぎたあたりの時間帯にするには寒いので、その上にダボっとしたグレーのTシャツを重ね着して、歩いていて暑くなってきたら重ねたのを脱ぐ、あるいは、歩き終わって汗をかいて...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年6月18日 (火)

サウジアラビアのスンニー派とイランのシーア派に関して

以前に書いたものの再掲です(ただし一部を変更、一部を追加)。 サウジアラビアとイランの関係がよくありませんが、サウジアラビアとイランの不仲は1000年以上前からです。1000年以上前から多くの血が流され続けました。そして、現在はそこに、例に...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年6月17日 (月)

再び、「気になるルッコラ」

「気になるルッコラ」のパート2です。 ルッコラは、野菜サラダの一品として、ピリッとした辛味と苦みを楽しむもので、大人の味を演出します。先日(後述のように)ルッコラだけの野菜サラダを食しましたが、なかなかに良かった。セロリがお好きなかたはルッ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年6月14日 (金)

北海道の日帰りバスツアー

ある旅行会社から観光旅行のパンフレットが送られてきました。以前、その会社の「日帰りバスツアー」に配偶者といっしょに参加したことがあるからです。 日帰りバスツアーのページを開けるといちばん目立つあたりに「夏の積丹(しゃこたん)へ」とあり、その...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年6月13日 (木)

オムニバス形式

オムニ(omni-)という用語(接頭辞)は「全部」という意味ですが、最近は流通の最先端でオムニチャネルといった使い方がよくされます。ある企業の持っているすべての流通チャネルの相互利用・相互乗り入れといった内容です。ある商品を自宅で受け取って...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年6月12日 (水)

北海道の6月

北海道は6月です。北海道は、たまには雨模様の日もありますが、6月がいちばん気持ちがいい。暑すぎず寒くなく早朝はひんやりとしていて湿度がない。それに夏至の6月なので、夜の入り口まで世界が明るい。 ジューンブライドという言葉が生まれたのも、ヨー...

» 続きを読む

| | コメント (0)

2019年6月11日 (火)

北海道産の大根で「べったら漬け」

北海道産の夏野菜の季節です。アスパラガス、キュウリ、小松菜、大根、レタス、ミニ白菜、早世キャベツなどが野菜売り場に溢れます。 甘酒は夏の季語ですが、甘酒を利用した「べったら漬け」は素材が大根なので一般的には寒い時期の食べ物です。しかし、北海...

» 続きを読む

| | コメント (0)

«札幌の6月の踊り