« 越冬キャベツと寝かせたジャガイモ | トップページ | 味のいい文章 »

2010年2月25日 (木)

オールド・ファッションド晩御飯メニュー

人気ブログランキングへ

1965年でも1970年でもいいのですが、ここ2~3年の我が家の晩御飯の内容は1960年代後半の日本の家庭でよく見かけたものに結構近いものになってきました。以下(◆・・◆)は昨日の晩御飯メニューです。

要は、コメは4~5年前から無農薬玄米に切り替えてその味と食感を楽しんでおり、肉類は2~3年前から少なくし(スープストック作りに使う地養鶏の手羽先と、そして卵くらい)、その分、魚(生と干物)の量を増やし、野菜は継続して多く食べていますが、植物油を多く使うフライのような料理は減らし、また植物油はオリーブオイルでもゴマ油でも丁寧に圧搾されたものだけに絞り込み、動物性油脂はパイ作りにときどき使うバターだけ。ただし、酢と味噌と醤油と塩と味りん、それから昆布はとても大切な調味料と保存料なのでそれなりのものを選んでいます。いい商品は買い支えるという意味もあります。味噌は今年から自家製作に手を染め始めました。うどんも自家製(ただし、電動機械にこねさせていますが)だと安く上がります。


大根の生姜(しょうが)酢漬け
高野豆腐の煮物
コンニャクの煎り煮
鯵(あじ)の干物
ひじきの炒め煮
キンピラごぼう
白菜漬けと金時ニンジンの糠漬け
わかめの味噌汁
玄米ご飯

品目数は多いですが、ひじきやキンピラごぼうは、その夜に食べつくしてしまうわけではありません。おそらく、次の日にも食卓に並びます。

人気ブログランキングへ

|

« 越冬キャベツと寝かせたジャガイモ | トップページ | 味のいい文章 »

食べもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/33473268

この記事へのトラックバック一覧です: オールド・ファッションド晩御飯メニュー:

« 越冬キャベツと寝かせたジャガイモ | トップページ | 味のいい文章 »