« 恵方巻き(えほうまき)とお米の消費 | トップページ | ハンサムな魚はおいしい »

2010年2月 3日 (水)

僕の好きな「鬼は外」の意味

人気ブログランキングへ

「ヤマ」と「サト」、「お正月」と「節分」のつながりで「鬼は外」の意味を理解するのが、僕にはいちばん腑に落ちます。

「サト」は、農耕の地。農作物がいっぱいで安定し生活も便利です。しかしその分、霊的なものの勢いが衰えています。一方「ヤマ」は、霊的なものやスピリットのパワーに満ちています。だから、山伏たちは、霊的なものの力を求めて山に入ります。

年に一度、サトの人たちは、ヤマから霊的なものにサトに降りてきてもらい、サトをスピリットで満たします。それがお正月で、霊的なものは「オニ」と呼ばれます。サトの家では、オニへの目印にヤマのシンボルを玄関に飾ります。門松です。我が家では、門松ではなく根つきの松を飾ります。

約一ヶ月の間、オニはサトを霊的なパワー、スピリットのパワーで満たします。霊的な力がサトに充溢したら、オニはヤマに帰ります。鬼は外、です。そのとき、サトの人たちは、感謝の念を込めて、豆を撒きます。

「鬼は外、福は内」とは、従って、以下のような意味になります。

「鬼」(霊的なものの源泉)がヤマに帰る時期になったが、オニの一ヶ月の滞在で、サトの家の中は「福」(オニからもらった霊的な力)で満ち溢れている。また一年頑張ろう。

人気ブログランキングへ

|

« 恵方巻き(えほうまき)とお米の消費 | トップページ | ハンサムな魚はおいしい »

季節と時節」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/33230172

この記事へのトラックバック一覧です: 僕の好きな「鬼は外」の意味:

« 恵方巻き(えほうまき)とお米の消費 | トップページ | ハンサムな魚はおいしい »