« 「花開いて世界起こる」 | トップページ | ちまきと柏餅(かしわもち) »

2010年4月27日 (火)

草もち

人気ブログランキングへ

米粉を使った伝統的な家庭用和菓子に白玉だんごや草もちがあります。白玉だんご用の米粉は白玉粉(しらたまこ)で、その原料は「もち米」、草もち用の米粉は上新粉(じょうしんこ)で、上新粉の原料は「うるち米」です。今は春、春は草もちです。

草もちに白玉粉を少し混ぜる家庭もあるようですが、我が家のレシピーでは使う米粉は上新粉のみです。ヨモギは、生が手に入らないのでヨモギ粉(ヨモギを乾燥させて粉にしたもの)、小豆は今回は北海道産ではなく丹波篠山の大納言。砂糖は上品に和三盆。和三盆だと大人向きの抑えた甘さの「あん」になります。

上新粉など「うるち米」のもちやだんごは蒸すのが、白玉粉など「もち米」の家庭和菓子は茹でる(ゆでる)のがしきたりで、逆を試したことはありませんが、そういう風に伝わってきているということはおおぜいの人たちの試行錯誤の結果なので、蒸すのを茹でても多分うまくいかないのでしょう。子供のころは、白玉粉のだんごが湯のなかでふわっと浮き上がってくるのを見るのが好きでした。

晩御飯の後は、抹茶と草もち。まだ寒いですが、結構な春の夜です。

人気ブログランキングへ

|

« 「花開いて世界起こる」 | トップページ | ちまきと柏餅(かしわもち) »

米と麦」カテゴリの記事

菓子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/34366378

この記事へのトラックバック一覧です: 草もち:

« 「花開いて世界起こる」 | トップページ | ちまきと柏餅(かしわもち) »