« 時知らず | トップページ | 規格外のミネラルウォーター »

2010年6月 4日 (金)

値下げしても消費量が増えない

お米が期待通りには売れていないそうです。スーパーなどの量販店では売上が伸びないので売れ筋のお米の値段を下げているのだが、それでも消費量が増えずに、販売量は前年同期比や前年同月比で、数%減だそうです。つまり、お米の売れ筋価格が1年間で10%ほど下がり、同時に販売量も数%程度下がったというやっかいな状態のようです。総務省の家計調査だと、2009年のお米の購入量は前の年よりも4%減り、一方、パンや麺類の購入量が3%、2%とそれぞれ増加しているので、その傾向が継続中なのかもしれません。

値下げしても消費量が増えないという販売する側・供給する側にとっては頭の痛い話ですが、こういう現象は対象商品が消費者に十分に行き渡っている場合にはしばしば発生します。上述の「お米の売れ筋価格が10%ほど下がり」というのは微妙な表現で、実際はお店の方で売れ筋商品の価格を1年かけて10%程度下げてきたのでそうなったのかもしれません。

僕がこのブログを書き始めた最初の記事が「高いお米、安いご飯」ですが、その中で『普段、僕たちが家庭で食べているお米の値段が20%安くなっても、毎日食べるご飯の量が20%増えることはない。お米を食べる量はほとんど変わらない』、なぜなら、『ご飯の値段は、パスタ、うどん、ラーメン、パンなどの小麦加工品よりも相対的に安いから』と述べました。お米は十分安いので、お米がもっと安くなったからといってご飯をその分だけ余計に食べようとは普通は思いません。だから、『お米の需要量が変化するとしたら、お米の値段が今の倍になって高すぎるのでお米を食べなくなるとか、パンやパスタやうどんなどの小麦関連食品の値段が倍になって小麦離れを起こし、逆にお米をどんどん食べ始めるとか、という場合』でしょうし、『お米の値段(だけ)が下がったからといって、日本人の主食のひとつとしてのお米の需要がみんなが気づくほど増えるわけではありません。しかし、お米パスタやお米パンのような小麦の代替としてお米を使う食品が人気を得て市場浸透する場合は、お米の需要は明らかに増えます』。

その考えは変わっていませんが、そしてこれはお米の値段からは独立した(つまり、お米の値段とは無関係な)現象だと思いますが、自宅でご飯を炊いて食べる回数や量が、今は、僕の想定よりもやや急な角度で減少しているのかもしれません。そのまま、あるいは少し熱を加えるだけでむしゃむしゃと食べられるパンや即席の(ないしそれに近い)麺類の簡便さにその分のお金が流れているのでしょう。これは、自分の国で生産する穀物や食材をどう継続的に消費してその生産を確保しておくかにつながる日々の小さな選択の問題ですが、ここではこれ以上は立ち入りません。

その同じ記事の中で、ご飯の値段は実は安いということ示すために、札幌のある大きなスーパーでの店頭価格をパスタや麺類と比較したのですが、同じ商品の半年後の価格を同じお店で調べてみました。この間に目立ったことといえば輸入小麦価格の下落と北海道小麦の不作ですが、現時点での米と小麦関連食材の価格が比較できますし、またそれぞれの商品の店頭価格がこの半年間でどう変化したかがわかります。

この比較は、価格だけの比較なので、たとえば売れ筋商品という場合に含まれる数量的なものは含みませんが、お米を価格以外の付加価値で求めている人たちもいるというあたりまえの事実を、スーパーマーケット取扱商品という限定された空間の中でですが、再確認できると思います。

「値下げしても消費量が増えない」のなら値下げしなければいいのですが、ごく短期間では特売品効果が販売量の面では出ることも多いので、そうすることで商品担当者は何か行動している気分になるのかもしれません。

米ないし麺の種類 個別商品 パッケージあたりの店頭価格(2009年11月下旬) パッケージあたりの店頭価格(2010年5月下旬) パッケージ量(単位:グラム) 100グラムあたりの価格(2009年11月下旬) 100グラムあたりの価格(2010年5月下旬) 価格変化
ほしのゆめ(北海道) \3,250 \3,780 10,000 \33 \38
  こしひかり(茨城) \3,980 \4,680 10,000 \40 \47
  こしひかり(新潟) \4,380 \4,380 10,000 \44 \44  
  ◆あきたこまち(特売)   \2,980 10,000   \30
  ◆こしひかり(特売)   \2,980 10,000   \30
スパゲティー 国産メーカーN社 \258 \198 500 \52 \40
  別の国産メーカーN社 \338 \298 600 \56 \50
  イタリアD社 \298 \298 500 \60 \60  
生ラーメン 北海道のN製麺 \398 \398 700 \57 \57  
乾うどん 香川県のK製麺 \258 \258 450 \57 \57  
  北海道のM製麺 \108 \118 240 \45 \49
乾そば 北海道のN蕎麦 \208 \208 250 \83 \83  
  同上 \238 \238 250 \95 \95  

□□□

人気ブログランキングへ

|

« 時知らず | トップページ | 規格外のミネラルウォーター »

米と麦」カテゴリの記事

経営とマーケティング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/35011748

この記事へのトラックバック一覧です: 値下げしても消費量が増えない:

« 時知らず | トップページ | 規格外のミネラルウォーター »