« 「2合と2kg」補遺 | トップページ | 安くておいしい自家製うどん »

2010年6月25日 (金)

眠るトマト

人気ブログランキングへ

札幌の6月下旬は、緯度が高いので、午前4時前には明るくなり始めます。夏は午前6時過ぎに野菜や花に水を遣るのが僕の日課なので、早朝のトマトやインゲンや紫蘇(しそ)などが東側から斜めに差し込む太陽の光を浴びてとてもいい気分でいるらしいさまはよく知っています。

週末や、週日でも時間のあるときに、夕方の7時くらいに彼ら(ないしは彼女ら)の様子をうかがうと、朝とは全く違った雰囲気を漂わせています。少し「クタッと」なっているので、最初は朝に遣った水の量が少なかったかという不安にとらわれて、追加の水遣りをしましたが、原因はそういうことではなさそうです。どうも、眠っているようです。

「彼ら」は、少し脇道にそれますが若い日の森鷗外はエリスという名前の少女(おとめ)をたとえば「彼は優れて美なり」というように「彼」という言葉で指し示したので(「舞姫」)、ここでもトマトやインゲンなどをまとめて「彼ら」と呼びますが、彼らが夕方に示す「クタッとした様子」あるいは「眠りの様子」もその表現形式はそれぞれに個性的です。

たとえばインゲンは、朝の光の中では上を向いていた外側の大きな葉を、ちょうどトンボが休憩時に翼を下に向けるような形で折りたたんでおり、その姿は男の子の鋭角的な防御姿勢を感じさせます。一方、トマトはインゲンとは違って鋭角的な折りたたみ動作とは縁がなく、茎から葉にかけての流れを軽く柔らかく丸めており、その風情は眠りに落ちつつある女の子です。

目覚めた時の野菜の元気を見るのもいいものですが、眠りに入る状態の野菜としばらくつきあうのもいいものです。

人気ブログランキングへ

|

« 「2合と2kg」補遺 | トップページ | 安くておいしい自家製うどん »

野菜と果物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/35418890

この記事へのトラックバック一覧です: 眠るトマト:

« 「2合と2kg」補遺 | トップページ | 安くておいしい自家製うどん »