« 牧草地の「だるま落し」 | トップページ | お米(米粒)からパンができる »

2010年7月23日 (金)

昆布は表の砂利庭で天日干し

我が家では昆布が好きなので、各種をそれぞれに楽しんでいます。出し汁をとるには利尻(りしり)と羅臼(らうす)の「だし昆布」、秋から冬のおでんには日高の「おでん用結び昆布」、無性に昆布のサラダが食べたいときや材料がなくて困ったときの緊急サラダ用には函館の周辺や近隣でとれる真昆布を食べやすい形にすいた「すき昆布」。それから、たくさん食べられるように薄味で作った五目豆には、小さな■(四角)に刻んだ羅臼昆布。そして、簡単にお吸い物がほしいときに具として活躍する「とろろ昆布」。

だしには利尻と羅臼を使い分けています。透明で上品にいきたいときは利尻、強めで濃いだしがほしいときには羅臼。羅臼を使ったときは、毎回ではありませんが、一番だしの後のを利用して自家製の佃煮を作ります。昆布の佃煮がほしいという理由で羅臼を使う場合もあります

すぐ向こうの海は昆布漁のための自分の庭。昆布を天日干しする場所は海と家との間の砂利を敷き詰めた続きの庭、そこに昆布がきれいに縦に並べられ日の光を浴びます。海の庭と地面の庭。高級利尻昆布産地の利尻と礼文の昆布の浜の光景。天日干し用の砂利は自然の雨でその汚れを洗い落とすのがいいそうです。水道水は不可。好物ができあがる最初の加工工程を好物の産地でじかに見るのもいいものです。

__201007
        利尻昆布の天日干し(ただし、撮影場所は稚内)

利尻町役場のホームページに昆布干しアルバイトの募集広告が出ています。『・・・』部分がその募集広告からの引用です。遠くの大学生には往復の旅費が大変ですが、僕が現在大学生なら応募していたかもしれません。昆布干しの作業概要と作業時間帯が簡潔にわかります。

『昆布干しアルバイト募集!!

最果ての夢の浮き島「利尻島」で昆布干し作業をしてみませんか!!
利尻町では、昆布漁期に昆布干し作業していただける方を募集しています!!あなたも、夏のさわやかな時期(ウニ・昆布漁期だよ!!) に昆布干し作業をしながら、利尻の夏を体験してみませんか!!  

雇用条件
□期間 6月15日~8月10日迄の期間中
     (3週間以上作業に従事できる方) ※期間延長の場合有                             
□勤務地 利尻町
□作業内容 ①利尻昆布干し(天日乾燥)及び回収作業
         ②製品(昆布)づくり作業(雨の日の作業)
□年齢  18歳以上の男女 (高校生不可) 大学生歓迎
□賃金  男女共 ①時給1,000円~1,600円
             ②時給 750円
□労働時間
晴天日
  ○昆布干し(天日乾燥)作業(4:00から7:00まで)
  ○回収作業(14:00から16:00まで)
  ○その他昆布作業全般
雨天日
  ○製品作り作業(8:00より17:00まで)
□休日 週休制(応募時に説明します)
□待遇 宿舎寝具完備
      交通費一部助成(契約期間満了者に限る)』

人気ブログランキングへ

|

« 牧草地の「だるま落し」 | トップページ | お米(米粒)からパンができる »

季節と時節」カテゴリの記事

昆布」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/35782500

この記事へのトラックバック一覧です: 昆布は表の砂利庭で天日干し:

« 牧草地の「だるま落し」 | トップページ | お米(米粒)からパンができる »