« 鰺(アジ)の押し寿司 | トップページ | 肝心な場所に使えない電球 »

2010年8月20日 (金)

サラダカボチャ


人気ブログランキングへ

卸売市場を見学にいったような場合を除き、売り場で午前中に野菜を見ることはほとんどないのですが、朝の用件を片付けたあとにたまたま配偶者と立ち寄ったその午前中の野菜売り場には、大きさは、坊ちゃんカボチャを一回り小さくしたくらいの、色はひとつがそれほど濃くない緑で、もうひとつは瓜に近いような薄緑、普通の緑と薄い緑がそれぞれ数個ずつ並べられていました。

「サラダ南瓜(カボチャ)」というラベルが貼ってあるので、少し前に珍しいカボチャのジャムを食べたばかりだったことも影響したのか、好奇心にかられて1個ずつ買ってしまいました。東北地方からきたカボチャです。となりにコリンキーという名前の3倍ほどの大きさのオレンジ色の生食カボチャもありましたが、そちらには食欲は向かいません。

試してみたい食べ方は、3種類。まず何も考えずに薄く切ってサラダで、それから土佐酢をつかった酢の物。土佐酢は三杯酢に鰹節の出汁(だし)を加えたもので、酢の味がマイルドになるので淡白な魚のような食材に向いていますが、これを使うのは、初めての食材への敬意からです。そして、どんな味になるのかいくぶん楽しみなのがぬか漬け。

薄く切ったのをそのまま生で食べてみると、カボチャは漢字だと南瓜と書きますが、ややクリーミーではあるもののカボチャというよりもまさに瓜。ぬか漬けも、ちびナスやキュウリのとなりでは、どうも居心地が悪そうです。酢の物も、それなりに・・・という風情。

暑い夏の日の火を使わない料理には向いていますが、僕は、このかわいらしい野菜の繰り返し購入顧客には、おそらく、ならないと思います。


人気ブログランキングへ

|

« 鰺(アジ)の押し寿司 | トップページ | 肝心な場所に使えない電球 »

野菜と果物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/36239642

この記事へのトラックバック一覧です: サラダカボチャ:

« 鰺(アジ)の押し寿司 | トップページ | 肝心な場所に使えない電球 »