« 札幌の梅雨、バジルとトマト | トップページ | 梅の土用干し »

2010年8月 3日 (火)

札幌の梅雨、味噌(みそ)と梅干し

人気ブログランキングへ

1月25日に仕込んだ味噌を7月25日に天地返ししました。蛇足ですが、天地返しとは発酵中の味噌の天と地をひっくり返すこと、つまり瓶(かめ)の底で押されながら寝ている部分と上の方でゆったりとくつろいでいる部分、そして中心部と周辺部をかき混ぜることで、全体を均一に熟成させるための作業です。開けたフタなどは念のため強い焼酎でしっかりと拭い、厚めの和紙をかぶせ紐でしばって元通りにラッピングしました。

ここまでは順調。また半年くらいはウトウトと静かに発酵してもらいます。味噌という調味料はたいていは大豆を原料として利用しますが、高温多湿な東アジア文化圏の知恵なので、札幌の梅雨はその意味では歓迎すべき現象かも知れません。

7月の下旬を梅干しの「土用干し」と勝手に決めていたのですが、7月下旬は梅雨っぽい天気の連続でまったく土用干し向きではありません。三日三晩は連続して晴れていてほしいので、あまりあてにならない最近の天気予報などを参考にしながら土用干し候補の3日間をにらんでいます。8月上旬の終わりあたりまでには完了したい作業です。


人気ブログランキングへ

|

« 札幌の梅雨、バジルとトマト | トップページ | 梅の土用干し »

塩・味噌・醤油・酢」カテゴリの記事

季節と時節」カテゴリの記事

漬物と塩辛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/35969714

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌の梅雨、味噌(みそ)と梅干し:

« 札幌の梅雨、バジルとトマト | トップページ | 梅の土用干し »