« サラダカボチャ | トップページ | 朝ごはんと、ディ・マーケティング »

2010年8月23日 (月)

肝心な場所に使えない電球

人気ブログランキングへ

今回は、米や野菜や魚の話ではありません。LED電球の話です。購入前と購入後の落差があまりに大きかったので、この記事はその落差の備忘録です。

週末の早めの夕方、家電量販店のLED電球コーナーです。各社のLED電球がデモ用に点燈しており、「電球色」タイプのLED電球の光がほんのりと黄色く穏やかでなかなか感じがよかったので、我が家でも一部でためしてみるかと、ミニクリプトン型のものを4個とボール型のものを1個、買い求めました。なかなかのお値段です。おそらく高価な商品なので、一般の電球とは違い、展示してあるのは空箱のみで、買うためにはそれを売り場にもっていくことになっています。

そのお店の袋に5個をつめてもらってそれを手にさげたときの感覚はけっこう重いなあ、というもの。自宅についてすぐに目的の場所の電球と取り替えてみました。

購入前の知識は、これは電球で、購入前に専門書やマニア本を読む類の商品ではないので、「LED電球は従来の電球の代替品。値段は高いが、消費電力は少なく、また10年から20年は長持ちするのでお買い得。家庭内で電球が使われているところならまずどこでも使える。」というフツーのもの。

利用したい場所・優先順位の高い場所は、LED電球は省エネ電球ということになっているので、電球の使用頻度が高く使用時間が長いところ、つまりは「台所」「洗面所」「居間」などです。台所や洗面所は天井埋め込み式のいわゆるダウンライト。居間は、天井の引っ掛けシーリングからコードで吊りさげているタイプ(ペンダントタイプというそうですが)の軽い照明器具で、ボール型の電球が2個ないし3個ついています。

台所にはミニクリプトン電球を4個使っており2個単位でスイッチが分かれているので、まず、流しや調理台の上で左右にダウンライト風に配置されているミニクリプトン電球2個と交換してみました。結果は、両方ともまったく点灯しません。おかしいなあと思い、せっかくくるくると取り付けたLED電球をもとのミニクリプトンに戻してみると問題なく点灯。LED電球側か、あるいはソケット側にセンサーでも入っていてお互いの相性チェックでもやっている風情です。

天井吊り下げタイプのもののひとつはボール型の電球を3個使っていますが、そのひとつをボール型のLEDと取り替えてみると、こいつが重くて全体が斜めにかしいでしまいます。この照明器具は、コードの耐荷重がいくらかは記載されていないのでわかりませんが、重いLED電球3個を10年もの長い間吊るしておくとヤバそうなので(そういう直感)、ここでも使用を中止。お気に入りの照明器具なので電球のせいで別のものに変えるつもりはありません。ちなみに、ボール型LED電球の重量は、伝統型ボール型電球の5倍。従来型3個の照明器具だと、15個の電球をつけたのと同じ重量がかかります。どうも、ヤバそう。

念のために、点灯頻度が低くて点灯時間が短い場所でもためしてみることにしました。ここもダウンライトですが、台所や洗面所と違って、電球が天井に対して直角に挿入されるのではなく、水平に近い斜めというか、そういう角度で挿入されています。そんな場所を別々に2箇所ためしてみましたが、そこでは、台所でうんともすんとも言わなかったそのLED電球がきちんと点灯します。うーん。しかし、通常のミニクリプトンタイプのLED電球は、光の広がり方がどちらかというと電球下部方向への一極集中型なので、そういう横斜め挿入には、別にそれに適したタイプがあるようで、確かに売り場でデモ展示してありました。

つまり、我が家では電球の点灯時間が長くて電気代の節約になるであろう場所ではすべて、このLED電球は使えないということになりました。購入前と購入後の落差の大きさとはこういうことです。で、お店に電話して、事情を説明し、すべてを横斜めタイプのミニクリプトン型LED電球に取り替えてもらうことにしました。

商品箱に印刷されている生命保険証書の注意書きのような小さな字の説明をよく読んでみると、以下のような記述がありました。

次の器具では使用できません。(破損・発煙・短寿命の原因)
・ 断熱材加工のダウンライト(SB, SGI, SG形表示器具)
・ 白熱電球専用の人感センサーつき器具など

台所や洗面所のものは、どうも断熱材加工のダウンライトのようです。

LED電球の売り場に「こういう場所には使えないのでご注意」と使えない例を大きく掲示してくれたら助かります。使いたいのに使えない場所が意外と多いという我が家でのミクロな事実を敷衍(ふえん)すると、すでに建築された住居が結構な部分を占める電球市場へのLED電球の浸透速度は、実際は意外とゆっくりとしたものになるのかもしれません。あるいは、一定水準のシェアに達したあと急に動きが緩慢になるような気もします。

人気ブログランキングへ

|

« サラダカボチャ | トップページ | 朝ごはんと、ディ・マーケティング »

経営とマーケティング」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/36296119

この記事へのトラックバック一覧です: 肝心な場所に使えない電球:

« サラダカボチャ | トップページ | 朝ごはんと、ディ・マーケティング »