« 短期自家製ブレンド米 | トップページ | 最初から60%? »

2010年10月 8日 (金)

お米の3合パックと6合パック

お米の消費がどうもさえません。日本で穀物全体の消費が低迷しているというのは耳にしないので、つまりはお米以外の穀物、というよりも、パンやうどん、パスタやラーメンなどのお米以外の穀物でつくられた基礎加工食材・基礎加工食品がより好まれているのでしょう。

お米消費を回復する手段の一つが、パンやパスタは日本人の好物のひとつなので、米粉やお米そのものを素材にしてパンやパスタを作ることですが、それ以外の手段は、食材や購入方法や料理のプロセスに関する消費者ニーズの変化に対応していくということです。

ご飯を炊く単位は、伝統的に、そして最新の炊飯器もそうなっていますが、家族の人数に応じて1合とか2合とか3合とかであるのに、売っているのは5㎏袋を中心に、10㎏袋と2㎏袋。

1合は容積が180㏄でお米の重さだと150g、米1俵は60㎏ですが、こんなことを即答できる主婦や若い女性や独身男性がたくさんいるとは思えない。しかし、1合や2合、お茶碗一杯のご飯の量やどんぶり飯の量は、カツ丼や親子丼などを例に出すまでもなく感覚的に知っています。

だから、以前、このブログの「2合と2㎏(その1)」「2合と2㎏(その2)」という記事で「ご飯という調理の世界が『合』を基準に動いているのだから、『1合ごとに小分けした小袋が20個入った20合パック』(重量換算すれば3kg)やその2倍サイズの40合パック(1合の小袋が40個:重さは6kg)やその反対の小ぶりな10合パック(1合の小袋が10個:重さは1.5kg)があれば、『ひと口サイズ、食べ切りサイズ』を好む消費の流れとも適合的でとても便利なのに、お米の生産者やお米の流通業者は手を抜いているのか、ぼんやりしているのか、感受性が低いのか、お米の売れ行きが芳(かんば)しくないと不満を述べるのはいいとしても、お米需要拡大の努力を十全にはしていないように僕には思われます。」と述べたことがありましたが、そういうお米屋さんが出てきました。

先日の夕方、札幌駅前のデパートの地下食材売り場に出現した札幌の老舗米穀店の小さな出店がそういうパッケージサイズのお米を売っていました。お店の女性責任者に聞いたら10月1日の開店だそうです。

その小さなお店のメインは、その米穀店の舌と経験で選んだと思われる全国の、といっても東日本のものがほとんどですが、なじみのある銘柄のお米を詰めた3合(450g)の真四角な半透明のしっかりしたパッケージで(北海道のお米は3~4種類)、それから6合(900g)のパッケージがその横に並び、一番大きなパッケージが2㎏の袋で、数が控えめ。3合と6合に関してはラベルに合とグラムを併記してあります。3合パッケージの3個詰めセットもあり、銘柄は自由に選べるので、贈答品にも向いているので、今度、北海道米だけを詰めて、お世話になったある人に贈ろうと思っています。

「『ゆめぴりか』はないのですか?」「今、一生懸命集めています。今月の中旬後半に店頭に並ぶと思います。」「本物ですか?」「はい、間違いなく本物です。」感じのいい女性責任者ということもあり、今度そのお店で「ゆめぴりか」の3合パックを買おうと思っています。もう一度「ゆめぴりか」の味を確かめるためです。

有機玄米3合(450g)の、光を遮断した四角い真空パックも数銘柄あり、棚の右端で存在感を出しています。

小さな合単位のお米のパックが今の消費者ニーズに適合するのは、おそらく以下の3つの理由からです。

(1)必要最小限だけをくりかえし買うという小分けサイズのニーズ(例:カット野菜、コンビニやデパ地下のお惣菜パック、お米の1合・3合パック)
(2)料理での食材の使いやすさへのニーズ(例:切り分けられたパン1斤、100gごとに小分けされたスパゲティー、1人分単位のゆでうどんパック、研ぐ必要のない無洗米)
(3)品質の維持(例:お米の小口「真空」パック)

ウェブを追いかけてみると、お米の小分けパックを通信販売している米穀店もいくつかあるようです。以下は無洗米1合真空パックの例です。

Photo_2  Photo_3

左が「無洗米コシヒカリ1合真空パック」と右が「無洗米あきたこまち1合真空パック」。写真は秋田の「はなまるこめ工房」様のホームページよりお借りしました。

こうした動きが流通に出てきたので、お米の消費が早く回復するといいなと期待しています。

□□□

人気ブログランキングへ

|

« 短期自家製ブレンド米 | トップページ | 最初から60%? »

米と麦」カテゴリの記事

経営とマーケティング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/37108178

この記事へのトラックバック一覧です: お米の3合パックと6合パック:

« 短期自家製ブレンド米 | トップページ | 最初から60%? »