« 最初から60%? | トップページ | プロダクトマネージャと、お米 »

2010年10月13日 (水)

暑い夏の影響

人気ブログランキングへ

太陽がいっぱいで温暖な方が、どんよりと曇った寒冷な気候よりも農作物の生育には向いています。日中の寒暖差を利用して味がよくなる農作物や果物がありますが、それは寒冷な気候が好きだということではないし、厳しい冬を乗り切る北海道の秋播き小麦(9月に種をまいて翌年の7月に収穫)も冬が好きだというわけではない。山に積もる雪が水を良くし、良くなった水が清流となっておいしい米につながるとしても、稲が雪を好むわけではありません。

農作物は温暖な方が幸福だとしても、今年の夏は暑すぎたので、いろいろな悪影響が出ています。白濁部分のあるお米(つまり、完全に成長できないお米)が混じるというのもひどい暑さのせいですし、「ゆめぴりか」の平均タンパク質含有量が昨年よりもけっこう上昇してしまったというのも暑すぎた夏の影響です。小麦も打撃を受けていて、とくにパンに向いている春播きの「ハルユタカ」の被害が大きいそうです。ジャガイモも、やはり暑さが原因で、内部に空洞が見られたり、種類によっては、大きさが小粒になり収穫量が落ち込んだりしています。

東北や北海道のコメの歴史は寒さに強い品種、寒さの中での良食味米の開発ということでしたが、最近の九州ではまったく事情が逆で「さがびより」のような暑さに強いコメに焦点が当たっており、九州や西日本で生産量の多い「ヒノヒカリ」と「さがびより」との世代交代が徐々に進行中です。

人気ブログランキングへ

|

« 最初から60%? | トップページ | プロダクトマネージャと、お米 »

米と麦」カテゴリの記事

農産物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/37125086

この記事へのトラックバック一覧です: 暑い夏の影響:

« 最初から60%? | トップページ | プロダクトマネージャと、お米 »