« ご飯の匂い | トップページ | 農地の集約化・大規模化で収穫逓増?(その2) »

2010年11月 2日 (火)

農地の集約化・大規模化で収穫逓増?(その1)

日本の農地の集約化・大規模化に関するいくつかの意見の引用から始めます。ごく最近のものから、35年前(1975年)のものまでを3つ並べてみます。

まず、農地の集約化や大規模化が日本の農業の生産性を高め、国際競合力をつけるという主張です。

◆「『2.農地の集約化、大規模化が競争力向上の鍵』(2010年)

『農業の場合、耕作面積と生産性とはほぼ比例しており、大規模化すれば確実に生産性が上がります。戦後、農地改革で地主の持っていた農地は細分化されて小作人に譲渡されたため、平均耕地面積は1ヘクタール強で、ヨーロッパの50分の1、米国の100分の1という零細規模になりました。確かに米国や豪州の規模を実現することは出来ないし、山間僻地では限界もあるでしょうが、わが国はそれを言い訳にしてやるべき努力を怠ってきました。』」

(富士通総研専務 根津 利三郎氏「政治が農業の足を引っ張っている」2010/04/01 富士通総研HPより)

◆「『我が国の「食料安全保障」への新たな視座』(2010年)

『①  国内農業の競争力強化と貿易自由化]』

『2.3 国内の生産力を増強するためには、販路の開拓、輸出振興も視野に入れつつ、大規模化、集約化、複合経営といった農地の効率的利用により国内農業の競争力強化を図ることが必要である。』

『2.4 国内生産力の強化及び国際競争力の強化のためには、高い農産物価格による保護政策を取るのではなく、関税を下げ、市場を自由化することで、生産者に対し正しい価格シグナルを発信することが必要である。その価格シグナルを受け取った生産者は、自身で経営判断を行い、農地の集約や大規模経営等効率化を進める努力をするであろう。』」

(本間 正義 東京大学大学院・農学生命科学研究科教授(「食料安全保障に関する研究会」座長)ほか 2010/09/10 外務省HPより)

上の2つの意見とは逆に、日本の農耕風土を配慮しない集約化・大規模化議論は、かえって日本の農業の生産性を阻害するという主張もあります。

◆「『日本農業の再発見-歴史と風土から』(1975年)

『農業の近代化・合理化とは、けっきょく、それぞれの国の風土を生かすことにほかならない』『単作経営化と大型機械化の方向は、日本の風土を生かすよりも、むしろ殺すことになる』

『(日本の)中耕(除草)農業は、より湿潤な地帯に発達したために』、(米国の)『休閑農業のように栽培面積をひろげて労働を粗放化するよりも、栽培面積をそのままにして労働を集約化したほうが、かえって収量が多い。』

『高度経済成長のはじまる昭和三十五年ごろから、財界グループが、日本農業の「近代化」にたいする提言をさかんに発表しはじめる。・・・これらは、いろいろの内容をふくんでいるが、次の二点に要約することができよう。

(1) ある自給を認めながら、現在の輸入を前提として、財政負担のかからない食糧自給政策をかんがえる。とくに、米価はあくまで国際価格に引き下げることを旨とし、それが不可能な場合には、コメを輸入すること。いわゆる「国際分業」論の主張
(2)零細農家の土地を集中させて積極的に経営規模の拡大をはかり、大型機械化と単作経営化をすすめることによって、農業労働の効率を高める。いわゆる「農業近代化」論の主張』」

(飯沼二郎著「日本農業の再発見-歴史と風土から」1975/03/01 NHKブックス)

最近の米国と日本とフランスとドイツ、およびコメ(インディカ米)輸出国であるタイの農家1戸あたりの平均農地(経営耕地)面積は、それぞれ169.2ha、1.8ha、54.0ha、45.3ha、3.6haで、米国は日本の94倍、フランスは30倍、ドイツは25倍、またタイは2倍です。

なお、haはヘクタールで、大きさは四角形だと100メートル*100メートルですが、野球のボールがたとえばレフトに100メートル飛ぶとホームランなので、野球場に足を運ぶ方はその大きさが想像しやすいと思います。

(米国・フランス・ドイツは2007年、日本は2005年の数値でソースは「食料・農業・農村白書」<平成22年版>、またタイの数値は2006年のもので、ソースはJETROのタイ農業の調査報告書<2008年3月>)

(その2に続く)

□□□

有機野菜・低農薬野菜宅配のらでぃっしゅぼーや。自然の恵みをうけて育った野菜や果物をお届け。 素材本来の味を食卓に。まずは安心食材を試してみませんか?

人気ブログランキングへ

|

« ご飯の匂い | トップページ | 農地の集約化・大規模化で収穫逓増?(その2) »

米と麦」カテゴリの記事

経営とマーケティング」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/37455076

この記事へのトラックバック一覧です: 農地の集約化・大規模化で収穫逓増?(その1):

« ご飯の匂い | トップページ | 農地の集約化・大規模化で収穫逓増?(その2) »