« 手巻きの料理タイマー | トップページ | ためしに米粉パン »

2011年2月 9日 (水)

冬の緑

人気ブログランキングへ

鉢植え仕立てで、札幌の冬を乗り切ることのできるような緑がほしいと思い、いろいろ考えた結果が、「ラベンダー」と2メートル以上には大きくならない種類の「泰山木(たいさんぼく)」。外の温度は明け方にはマイナス2ケタ近くになることもありますが、無事に生きています。

ラベンダーといっても寒さに弱いのも多いので、我が家のそれは富良野ラベンダー。寒さに強いことは現地で実証されています。風まじりの雪だと、ラベンダーはすっかり雪で覆われますが、富良野育ちとしてはその方が暖かいかもしれません。

泰山木も寒さに強いということですが、心配なので、鉢植えにポールを何本か立て、寒冷紗(かんれいしゃ)とよばれる通常は野菜のトンネル栽培などに使われる白いポリプロピレン製の薄い布で覆ってあります。布は織り方のせいで半透明。保温効果、防風効果、保湿効果があり、通気性・通水性があり、光も結構通すので、冬の泰山木には向いていると思います。鉢も、念のため、適当な幅に切った保温シートをぐるっと巻きつけてあります。

部屋の中には、観音竹。「竹」という名前がついていますが、竹ではなくヤシ科の観葉植物です。購入時に小さいのをでかい白い鉢に植え替えたので、当初はバランスがとれていなくてみっともなかったのですが、だんだんと葉の高さや茂り具合と鉢の大きさがなじんできました。1週間に1回水遣りをしていれば大丈夫。ときどき薄目の液体肥料。手はかかりません。

そばに緑の見えない冬というのは味気ないものです。わずかな緑でもあるとすこしほっとします。

人気ブログランキングへ

|

« 手巻きの料理タイマー | トップページ | ためしに米粉パン »

季節と時節」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/38747068

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の緑:

« 手巻きの料理タイマー | トップページ | ためしに米粉パン »