« お米から水飴(みずあめ) | トップページ | 続・「今年の味噌は、米麹と麦麹で」 »

2011年2月 4日 (金)

白菜は重宝(ちょうほう)な野菜

人気ブログランキングへ

北海道には札幌大球(さっぽろだいきゅう)という名前の巨大なキャベツがあり、これは相当の力自慢の主婦でないと、売り場から自分の車までは運べません。普通のキャベツの10倍くらいの大きさです。まあ、15kgから20㎏くらい。各種の自家製漬物をときどきいただく近所の奥さんは、キャベツを漬物に使うのがお好きなのですが、さすがに札幌大球は買わないそうです。理由は、自分で運べない。

さて、キャベツではなく、白菜です。白菜が日本に入ってきたのは、19世紀の終わりに比較的近いころなので、我々には和食でもおなじみの野菜ではあるのですが、日本での食の歴史は意外と短いようです。

北海道の白菜は7月から10月が旬の時期なので、冬の白菜は茨城や愛知から札幌に入ってきますが、この時期の白菜は大きくて1個が3.5㎏くらいあります。しかし、冬の白菜は、浅い漬物にはとても便利ですし、鍋料理の材料にも向いているので、買いすぎたとしても利用方法に困ることはありません。重宝な野菜です。

人気ブログランキングへ

|

« お米から水飴(みずあめ) | トップページ | 続・「今年の味噌は、米麹と麦麹で」 »

季節と時節」カテゴリの記事

漬物と塩辛」カテゴリの記事

野菜と果物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/38724736

この記事へのトラックバック一覧です: 白菜は重宝(ちょうほう)な野菜:

« お米から水飴(みずあめ) | トップページ | 続・「今年の味噌は、米麹と麦麹で」 »