« それなりにあとを引く米粉パン | トップページ | 地震と津波と非常用リュック »

2011年3月11日 (金)

バブリーかもしれないいくつかの果物

人気ブログランキングへ

バブルとは、1,000円の商品が、たとえば4,000円から5,000円へと高くなり、その上昇傾向が続きそうなのでそれを見た人たちがその流れに乗るために余剰資金や他の場所から持ってきた資金をそこに投入し、その結果、もともと1,000円のものの値段が20,000円や30,000円にまで達し、しかしそのことをほとんどの人が異常だと思わない状況のことです。

過去の農産物を例にとれば、その典型は17世紀前半のオランダのチューリップで、球根1個が今の値段だと3千万円~4千万円くらいまで上昇しました。少し前に金融バブルに関する映画を見に行ったのですが、映画の中でもその頃のオランダのチューリップの値段が会話に登場していました。そして、バブルがはじけ、熱狂が過ぎ去ったあとは、その商品の異常な値段はたいていは急勾配を描く前のあたりまで下降するようです。

最近はとてもぜいたくな果物がいくつかあります。メロン・マンゴー・いちご・さくらんぼ、などです。穏当な価格帯のものもあるのですが、新商品が主要生産地で登場し、高価格帯のものは驚くほど高い。おそらく驚くほどおいしいのでしょう。

こういうものは、それに見合った味と満足度を考える前に、僕の中では関心の対象からはずれるのですが、念のため我が家のもう一人の消費者であるところの配偶者にこの4つの果物の中で食べたいものはあるかと尋ねたら、「マンゴー」。国産の完熟マンゴーのことです。特定の果物市場がひょっとしてバブリーな状態に入りかけているのではないかとも考えていましたが、我が家のようなところにもそういう消費願望を持つ消費者がいるということは、まだ健全な状況にあるのかもしれません。

果物は、金(ゴールド)や穀物とは違って、証券化市場や先物市場で値が吊り上っているということはないので、びっくりするような値段のマンゴーやいちごがあるといってもそれはその味にふさわしい値札をぶら下げているというだけのことなのでしょう。しかし、微妙なところです。

さて、目を、高価な果物から家庭の人気食材に転じると、家庭の人気食材は、魚だとマグロ、野菜ではトマト、そして果物はバナナで、この3つの食材の人気は安定しています(総務省家計支出調査)。では、値段はどうか。

日本以外で寿司などの需要が急速に高まったこともあり天然で上質のクロマグロというのはとても高価ですが、寿司好きの懐の豊かな人たちにとっては妥当な範囲に収まっているのでしょう。クロマグロ以外の冷凍マグロや養殖マグロもあるので、回転ずしの活況を見てもマグロはまだバブリーな状況ではないようですが、これも微妙なところです。

高いトマトの代表が栽培方法に手をかけたいわゆるフルーツトマトですが、野菜売り場に他の種類のトマトと一緒に並んでいます。野菜売り場におとなしく並んでいる間は他よりも少々目立つ場所に置いてあってもバブリーな状態とは思われない。これが普通の野菜売り場を離れて特別の場所を占領し始めるとヤバイ雰囲気になりますが、トマトが広い価格帯の家庭向け野菜である限りはそういうことはなさそうです。

バナナは新しい産地のおいしそうな種類や外国産有機も見かけますが価格がはじけるということはなくて、つねに手軽に必要な分量が買えるお手頃価格という印象です。

ある種の果物がバブリーであるかどうかは所得水準との関係で決まるので、日本ではバブリーであっても、日本のすぐ西側の大きな国の人たちの一部にはそうでないかもしれない。今でも少しは日本から果物を輸出していますが、寿司や刺身にまったく興味のなかった中国人がそれらを好きになったように、中国人消費者の舌の変化に応じて今後は急に日本人好みの果物の輸出が増えてくるかもしれません。その時の問題は「種や苗の著作権」。これは中国に限りませんが、輸出していた果物がいつの間にか現地生産されていたということが、高付加価値果物にはしばしば起こっています。

人気ブログランキングへ

|

« それなりにあとを引く米粉パン | トップページ | 地震と津波と非常用リュック »

経営とマーケティング」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

野菜と果物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/39141659

この記事へのトラックバック一覧です: バブリーかもしれないいくつかの果物:

« それなりにあとを引く米粉パン | トップページ | 地震と津波と非常用リュック »