« コーヒーと砂糖 | トップページ | 買い占められた食べ物と、棚や売り場に残った食べ物 »

2011年3月18日 (金)

報道の温度差、あるいはジョーシキ的な判断

このブログは、食べ物や食べることについてのものなので、いくつかの例外を除くと、食べ物や食べることに関係のない話題や問題には触れていませんが、この記事もその例外のひとつ。非常に気にかかることがあるので書いておきます。

今回の地震・津波による原子力発電所の事故に関する報道の温度差が、2日ほど前から急に目立つようになりました。その温度差とは、「日本のマスメディアの報道内容」と、「マスメディアではない国内のインターネット系のメディア、および海外メディアの報道内容」とを見比べた場合に見られる温度差で、日本のテレビなどでは、原子力発電所関連の報道時間が極端に減ってきました。公共放送は複数のチャネルを持っているので、そのひとつを原子力発電所事故の対応状況を伝える専用チャネルにしてもいいくらいだと思っています。

細かい内容についてはわからなくてもジョーシキの範囲で判断し対応することは必要なので、原発事故発生以来は手に入る情報をジョーシキの範囲で編集しています。

当初から気になっていたのは「小さな単位時間あたりの放射線量がもたらす影響と一定期間における放射線の合計量・蓄積量がもたらす影響」と「どこかに保管されている使用済み核燃料」のことでした。

「単位時間当たりのトランザクション処理量や単位時間あたりのスループット」といったジョーシキ的な考え方を持っていると、言及されている放射線量が1時間あたりのものか、それ以外の時間単位のものかを区分し、1時間あたりの量がわかれば1日あたり・1か月あたり・3か月あたり・1年あたりの量が単純計算できるので、単位時間・単位期間を統一してその量を比較します。危険とされる1時間当たりの放射線量と一定期間にわたって少しずつ蓄積された放射線量が同じになった場合の危険度が同じとすると、ある時間帯に測定された放射線量が、その後一定期間持続した場合の影響は自分でジョーシキ的に推測できます。

使用済み核燃料の処理というのも厄介な問題で、これについでは当初は全く報道がなかったので、どこか別の安全な場所に保管してあるのかと思っていましたが、それにしてもそのニュースがないのはジョーシキ的に考えて変だ。そのうち、実際の状況が伝わってきました。嫌な状況だけれども、納得。

それから、コンピュータのハードウェアやソフトウェアに重大障害が発生し、きちっとした解決策が間に合わない場合に「ワークアラウンド」(緊急対応処置)をとって問題を一時的に回避しますが、今回の場合、意想外のパラメーターが多いのかそのプロセスがジョーシキ的な目にはけっこう危うそうに映ります。

といったことを考えつつ、内外メディアの報道内容の温度差やマスメディアとマイクロメディアの情報の温度差を勘案して、ジョーシキ的な判断にもとづいた行動を少しはとっていますし、次にとるべきステップも一応は想定しています。

「ワークアラウンド」の完了までに残された時間は少ないようですが、なんとか間に合ってほしいと思います。現場で作業にあたっておられる方々の安全を心からお祈りします。

|

« コーヒーと砂糖 | トップページ | 買い占められた食べ物と、棚や売り場に残った食べ物 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/39273278

この記事へのトラックバック一覧です: 報道の温度差、あるいはジョーシキ的な判断:

« コーヒーと砂糖 | トップページ | 買い占められた食べ物と、棚や売り場に残った食べ物 »