« 迷ったら基本データ(世界の気温とCO2) | トップページ | 永田町の、さる食堂のランチメニュー »

2011年4月 1日 (金)

迷ったら基本データ(世界の気温とCO2)・補遺

過去140~150年間という短い期間ではなく、もっと長く、奈良・平安や縄文時代までさかのぼって日本の気温の変化をざっと調べてみようという気になりました。「迷ったら基本データ(世界の気温とCO2)」では、普通の大きさの鳥が鳥瞰した程度だったので、この補遺ではもっと大きな鳥に乗ってみようと思います。同時に地面を歩く感覚ももっととりいれます。

3~4年前に比べると、去年から今年にかけての札幌の夏はより暑く、冬はより寒いというのが実感で、夏だけとると温暖化に、冬だけとると寒冷化に向かっているようです。

札幌の中心部で、旧北海道知事公館の建っている大きな敷地の一角に散歩に向いた公園があり、その中に縄文時代の竪穴式住居跡があります。2重窓が必須の現在の札幌の気温感覚からすると、夏はまだいいとしても、よくこんな寒いところに住もうと思ったな、竪穴式住居でよく秋冬の寒さに耐えられたなという素朴な驚きがわいてきます。

東京の赤坂周辺には、日枝神社が高台にありますが、急な階段を登るのを嫌がる参拝者が多いのか、階段わきに巨大なエスカレーターが設置されています。少し離れたところに豊川稲荷がありますがそこも高台です。早稲田近辺だと穴八幡宮が高台にあり、境内に入るにはけっこう急な階段を登っていくことになります。

ここでは大ざっぱに縄文の昔とひとくくりにしますが、縄文時代には温暖な時期が2度ほどあり、したがって今よりも海面がずいぶんと高く、海は奥まで入ってきており、海のそばの地盤の強そうな岬に神社やお寺のような霊的なもの、スピリチャルなものがつくられたようです。東京タワーも高台にあり、貝塚がそばで発見されているので、つまりは日枝神社や豊川稲荷や穴八幡宮や東京タワーのある高台は、縄文時代という昔は、海のすぐそばの岬でした。

縄文時代のある時期はとても温暖だったとすると、縄文時代の札幌で竪穴式住居で暮らす人たちがいても不思議ではありません。

それから、弥生時代と、奈良・平安・鎌倉初期くらいまでは暖かかったらしい。空海や最澄、「春はあけぼの。冬はつとめて。」のオネーサンやそのオネーサンを小ばかにするのを好んだらしい紫色の女性などが元気だったころは、日本の気候は温暖だったようです。

岩手県の宮城県寄りにある平泉(緯度は気仙沼と同じ)の毛越寺(もうつうじ)は、今は再建された金堂以外は公園の史跡になっていますが、京都の建物をそっくりもってきたような9世紀半ばにできた広大なお寺です。夏の暑い京都にはむいているかもしれないが寒いところには向いていない平安様式を平泉のような北国によく持ってきたなと不思議だったのですが、その頃が温暖期であれば、納得がいきます。

鎌倉後期から江戸時代の終わりくらいまでは、反対に寒冷期で、1850年くらいから温暖化が始まったようです。そして世界的には、産業革命の流れの中で、18世紀の終わりから石炭と蒸気の利用が拡大していきました。

だから、地球の、縄文時代から数えて何回目かの温暖化が1850年くらいに始まり、温暖化という自然現象にともなってCO2濃度が人間の産業活動とは無関係に自然現象として増加し、その大きな流れに、工業化で石炭や石油の燃焼から排出されたCO2がわずかに加わって現在に至っていると考えると、「迷ったら基本データ(世界の気温とCO2)」の最後の方に載せた以下のグラフから読みとれること(「少なくともこの8年に関しては、化石燃料から排出されるCO2の増加と世界の気温は、CO2排出量が相当に増加しても気温は上昇しないという意味において、ほとんど無関係であるらしい。」)は、自分でいうのも変ですが、うべなるかな、です。

この記事の最初に「3~4年前に比べると、去年から今年にかけての札幌の夏はより暑く、冬はより寒いというのが実感で、夏だけとると温暖化に、冬だけとると寒冷化に向かっているようです」と書きましたが、この変化の方が地面を歩く人間の感覚にとってはより気になります。

Co2web

□□□□□

人気ブログランキングへ

|

« 迷ったら基本データ(世界の気温とCO2) | トップページ | 永田町の、さる食堂のランチメニュー »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/39432233

この記事へのトラックバック一覧です: 迷ったら基本データ(世界の気温とCO2)・補遺:

« 迷ったら基本データ(世界の気温とCO2) | トップページ | 永田町の、さる食堂のランチメニュー »