« 学校給食での国産食材使用率 | トップページ | 和風・洋風・中華風・アジア風 »

2011年5月17日 (火)

自家製うどん、そして給食用の麺と魚の練り物

北海道産小麦の冷凍ゆでうどん」という記事で書いたように、結構おいしいうどんを見つけた気になっていましたが、何度か食べてみると、いいのはつるつる感くらいで、もううんざりという心境になってきました。いざという時の緊急食料としては役に立ちそうですが、それ以上ではない。で、この前の日曜のお昼から、うどんは、格好の良さはないけれども、国産小麦粉でつくった自家製のうどんに戻しました(「安くておいしい自家製うどん」)。こういう間違いはしかたない。

学校給食の食材に関する記事(「学校給食での国産食材使用率」)を書いたあとで思い出したのですが、2年ほど前に原材料の良さというかシンプルさを持つ地元産の麺(ラーメンとうどん)と魚の練り物をいろいろな売り場でさがしたことがあり、そうすると、そういうピュアな素材のラーメンやうどん、練り物は一応は見つかります。

そういう場合は、少量を買い求めて実際に食べてみるのですが、見つけるのに苦労するということは、それらが隠れた名品か、あるいは消費者にはあまり人気のない商品かのどちらかということです。

残念ながら、そのラーメンもうどんも魚の練り物も、隠れた名品ではなく一般消費者に人気のない商品であることがわかりました。有り体に言えば、おいしくないのです。原材料はマジメ。たとえば、うどんは小麦は地元の小麦粉が100%でそこに食塩がはいっているだけ、それ以外の添加物なし、練り物にもその手の魚以外に余分な混ぜ物や添加物は一切入っていない。つまり昔ながらのつくり方と味を彷彿させるものです。しかし、おいしくない。

ラーメンには腰がないといただけません。魚の練り物は軽い歯ごたえと噛んだときに口に拡がる魚の旨味がないと練り物ではありません。おでん種にすると、いい練り物には練り物としての腰があり存在感がありますが、ダメな練り物はぐずぐずとぼやけていて魚の味がしません。

では、そのラーメンやうどんや魚の練り物の製造会社は具合が悪いかというと、そうではない。元気です。なぜ元気か。商品がどこかに安定的に売れているからです。どこに。学校給食と病院食に。それらを食べておいしくないなあと感じたので、気まぐれで売れ先を調べてみたら、一般消費市場とは別の市場に地歩を占めていました。

学校給食にはいろいろの食材が登場しますが、もしこの3つの味が標準的なものなら、学校給食や病院食は安全・安心だがおいしくないということになります。子供と、食欲の必要な入院患者に同情します。一般の病院食がまずいというのは知り合いをお見舞いした時に実際に確認した話ですが(「病院で不健康になる方法」)、学校給食の味はどうでしょうか。

人気ブログランキングへ

|

« 学校給食での国産食材使用率 | トップページ | 和風・洋風・中華風・アジア風 »

雑感」カテゴリの記事

食べもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/39983731

この記事へのトラックバック一覧です: 自家製うどん、そして給食用の麺と魚の練り物:

« 学校給食での国産食材使用率 | トップページ | 和風・洋風・中華風・アジア風 »