« 自家製うどん、そして給食用の麺と魚の練り物 | トップページ | 8月のトマト »

2011年5月18日 (水)

和風・洋風・中華風・アジア風

日本人ほど雑食の国民はいないといわれます。雑食という言葉の響きがよろしくないなら、世界のさまざまな料理が好きでそれらを日常生活にもっとも巧みに取り入れているのが日本人だという風に言い換えます。

学校の給食献立が日本の家庭の標準的な献立の縮図だとすると(この仮定はそれほど的を外してはいないと思うのですが)、学校の給食献立から我々日本人の好きな料理の拡がりがある程度確認できそうです。

料理の種類を、和風、洋風、中華風、その他のアジア風の4つに分類します。

カレーライスやラーメンはもはや日本食だとする意見もあり、僕もそう思うのですが、ここではカレーライスはその他のアジア風、焼きそばの類は中華風とします。スパゲティーなどのパスタ類やピラフは洋風です。親子丼は和風ですが、中華丼は中華風とします。チャーハンは中華風、クッパはその他のアジア風。

学校給食での国産食材使用率」という記事で参照した、神奈川県の大きな都市の5月の給食献立(外部委託のセンター方式)と東京の西の郊外の小学校の5月の給食献立(学校内で給食を準備する自校方式)を合わせると献立がより平均的になるので、その両方を対象にすると、以下のようになりました。

20115

これは大人の外食のパターンに近いともいえるし、一般の家庭で主婦が用意するごはんのパターンに近いとも言えそうです。

Kit Oisix

さて、そうなると、外食の場合はいいとしても、家庭でこういうバラエティー豊かな料理を作ろうとすると、ある程度の種類の調理器具が必要です。庖丁は出刃と牛刀と使い回し用に三徳庖丁、あるいは複数の三徳庖丁で何でもやるとして、料理ハサミがあるとイワシなどにも便利。中華には中華鍋と中華お玉くらいは必要。と、共通な道具や器具に絞り込んでいっても、その数は増えるかもしれません。あれもこれもと調理器具・調理道具の手を広げると、実際にときどき見かけますが、しまう場所がなくなって、もともと料理用の何にもないすっきりしたスペースが収納スペースへと変化します。料理に合った食器まで手を伸ばすと混乱の極み。和風・洋風・中華風・アジア風への対応を日々せまられる日本の主婦は本当に大変だと思います。で、売り場の惣菜と冷凍食品とチンの世界が登場してくるのかもしれません(「買い物バスケットの野菜の割合」)。

□□□

人気ブログランキングへ

|

« 自家製うどん、そして給食用の麺と魚の練り物 | トップページ | 8月のトマト »

食べもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/40008796

この記事へのトラックバック一覧です: 和風・洋風・中華風・アジア風:

« 自家製うどん、そして給食用の麺と魚の練り物 | トップページ | 8月のトマト »