« 豆腐と油揚げのサイズ | トップページ | 豆乳で和風海鮮マカロニグラタン »

2011年6月 3日 (金)

午後4時のコンビニ、あるいは、おばあさんはコンビニへ

コンビニの最近の変化」という記事を書いたのは2010年11月25日 (木)なので、それから6か月ほどの時間が経過したことになります。前回は、札幌駅に比較的近いオフィスビルの1階にあるナショナルブランドのコンビニの水曜日の午後7時でしたが、今回はもっと住宅地に近い地域ブランドのコンビニの木曜日の午後4時です。

ここでも食べ物中心のミニスーパーマーケット的な品揃えへの移行は進んでおり、弁当風の食べ物(弁当風の食べ物の需要にはもはや昼と夜の区分はないと考えた方がよさそうです)、焼き魚や野菜の煮つけやヒジキなどの100円惣菜、各種サラダ、ニンジン・ブロッコリー・タマネギ・ジャガイモなどの野菜を小口に袋詰めしたのやカット野菜のパック、そして定番のレトルト食品やインスタント食品。

最近のスーパーマーケットの風景と重ねあわせてみると、「中年女性と熟年女性、つまり、おばさん」はスーパーマーケットへ、「お年寄り女性、つまり、おばあさん」はコンビニへという傾向がより顕著になってきました。

熟年時代はスーパーのレジ台の前で順番待ちの行列に入っていたに違いない年齢の女性が、その時刻に3人、コンビニでそれぞれ買い物中でした。カゴの中をチラッと拝見すると、晩ごはんの「おかず」をみつくろっているとも見えるし、その日の「晩ごはん全体」を調達しているようにも見えます。3人のお年寄り女性は、お互いに知り合いという感じではありません。たぶんそれぞれ、そのコンビニのごく近所にお住まいなのでしょう。午後4時にコンビニでその日の晩ごはんの準備をしている。これから自宅に帰って、独りでないしご主人と二人で、5時半くらいから晩ごはん、そんな様子です。

「おばさん」は大きなスーパーマーケットへ、「おばあさん」はコンビニへ。そして、「忙しいおねえさん」はコンビニか、小さなスーパーマーケットへ。大ざっぱにはそういう人の流れのようです。

□□□

人気ブログランキングへ

|

« 豆腐と油揚げのサイズ | トップページ | 豆乳で和風海鮮マカロニグラタン »

経営とマーケティング」カテゴリの記事

食べもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/40220494

この記事へのトラックバック一覧です: 午後4時のコンビニ、あるいは、おばあさんはコンビニへ:

« 豆腐と油揚げのサイズ | トップページ | 豆乳で和風海鮮マカロニグラタン »