« 午後4時のコンビニ、あるいは、おばあさんはコンビニへ | トップページ | 蒸し野菜が働く女性に人気らしい »

2011年6月 6日 (月)

豆乳で和風海鮮マカロニグラタン

人気ブログランキングへ

ひいきの豆腐屋(「豆腐と油揚げのサイズ」)では、豆腐や厚揚げ・薄揚げ以外にも当然のことながら豆乳を売っていて、普通の大豆から作った白い豆乳と黒大豆を使ったねずみ色の豆乳の色違いの2種類ですが、ここの豆乳が上質の生クリームのようにトロっと濃い。そのまま寄せ豆腐ができそうです。

洋風ホワイトソースは通常「牛乳・小麦粉・バター」の組み合わせですが、牛乳の代わりに豆乳を使って「豆乳・米粉・オリーブ油」という組み合わせにするとあっさりとした中年向きの和風仕立てになります。マカロニにタマネギやマッシュルームなどの基本素材とパン粉やパルミジャーノチーズがあれば、ホワイトソース仕立てのマカロニグラタンの主要部分はできあがりますが、それではつまらない。というか、まあ、画竜点睛を欠くので、そこに北海道らしいおいしさをお金をかけずにこの時期に付け加えようとすると、甘エビや毛ガニということになります。

甘エビは地元のものなので対面販売の魚売り場ではザルに入ったのが量り売りみたいな感じでとても安く買える。それなりの数の殻を剥(む)いてゆでて、基本の具に追加して焼き上げると甘エビのマカロニグラタンができあがります。

北海道のカニは毛ガニ」で触れたように毛ガニは北海道の高級食材で浜ゆでした丸ものはやはり高価です。姿のいいのをそのまま買ってそこから身を取り出すということになると、ひどくお金のかかった毛ガニのマカロニグラタンになってしまいます。「北海道らしいおいしさをお金をかけずに付け加える」ことが目的なので、この方法は対象外です。

ホタテの貝柱を短い円筒形に干したものがそれなりに立派な値段で売られていますが、干している最中に壊れたもの・割れたものを集めて「壊れ干しホタテ」となると相当に安くなります。普通の料理にはこれで十分。割れている方がかえって便利なことも多い。

同じように、丸ものとしては形が少し崩れて売り物にならないものや、規格外などの毛ガニからゆでた剥(む)き身を取り出して袋詰めしたものを、とても納得できる値段で販売しています。これが入ると和風ホワイトソースの毛ガニ・マカロニグラタン。北海道らしいおいしさがあまりお金をかけずに手に入ります。ただし、剥き身は3~4日しか日持ちがしないので、こういうやりかたは北海道に住んでいないと無理かもしれません。

人気ブログランキングへ

|

« 午後4時のコンビニ、あるいは、おばあさんはコンビニへ | トップページ | 蒸し野菜が働く女性に人気らしい »

」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

魚介類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/40276315

この記事へのトラックバック一覧です: 豆乳で和風海鮮マカロニグラタン:

« 午後4時のコンビニ、あるいは、おばあさんはコンビニへ | トップページ | 蒸し野菜が働く女性に人気らしい »