« 一本仕立てのミニトマト | トップページ | お米の値段と購入量、ブランド別の価格差 »

2011年7月15日 (金)

竹の団扇(うちわ)

人気ブログランキングへ

竹の骨の団扇(うちわ)がほしくなったので、所用のついでに足を伸ばしてそういうものを売っているであろうお店に立ち寄りました。

時々おまけで、骨がポリプロピレンの販促用・宣伝用うちわ(ポリうちわ)をいただくことがありますが、宣伝用なのでいろいろと書いてあったりするのは気に入らないし、そもそもポリプロピレンの骨というのはふにゃふにゃしていて心地よい弾力性がないので嫌になる。だから、申し訳ないけれども、そういううちわはすぐにゴミ箱に直行。

いろいろな模様や絵が印刷された、あるいは書かれた竹うちわがあり、和紙でなく布を両面に張り合わせたものもありましたが、気に入ったのは、白い和紙を張り合わせただけのシンプルな竹うちわ。模様がほしくなれば、筆で適当な文字などを書くことにします。2本購入。絵や模様がないので、値段は安い。竹の骨のスナップのきき具合が嬉しい。破れるまで使い続けます。

ちなみに、団扇(うちわ)の生産が日本で一番多いのは香川県丸亀市で生産本数は、数年前のデータだと、1年間に8500万本、生産本数シェアは90%、その8500万本の中でポリうちわの占める割合は85%だそうです(「丸亀うちわ」ホームページなど)。竹うちわとポリうちわを合わせると、全国のうちわ生産量は毎年9500万本。日本の人口は、現在、赤ちゃんも幼児も入れて1億2800万人。毎年ざっと一人1本の生産量です。

ポリ団扇が仮に丸亀市だけで生産されているとしても、ポリ団扇の生産本数は7200~7300万本。生活者が自宅用にお金を出して買ううちわは、日本の竹か中国の竹かは別にして竹うちわだと考えると、毎年7000万本以上のポリうちわが販促用・広告宣伝用として、各種のイベントやお祭り、ビアホールや野球場で配られていることになります。

人気ブログランキングへ

|

« 一本仕立てのミニトマト | トップページ | お米の値段と購入量、ブランド別の価格差 »

季節と時節」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/40793056

この記事へのトラックバック一覧です: 竹の団扇(うちわ):

» ケノーベルからリンクのご案内(2011/07/15 08:45) [ケノーベル エージェント]
丸亀市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2011年7月15日 (金) 08時45分

« 一本仕立てのミニトマト | トップページ | お米の値段と購入量、ブランド別の価格差 »