« 我が家のカラーピーマンは桜のつもり? | トップページ | 8月15日の週はブログは夏休みです »

2011年8月12日 (金)

箒(ほうき)の衣類ブラシ

僕と箒(ほうき)との個人的なつきあいはネクタイを締めはじめて少したった頃からだから相当に長い。庭や床、畳を掃く目的の箒ではなく、衣類ブラシ・洋服ブラシとしての箒です。

洋服や靴は割に丁寧に手入れをする方なので、外から帰るとブラッシングすることを習慣にしています。気に入った洋服や履物はそうした方がいい状態が長持ちして飽きません。スーツなどには豚毛を使ったカシミヤ&ウール用の洋服ブラシは必需品ですが、衣類には絹のもの、コットン系のコートや麻の上着、セーターなどの柔らかいものもあるので、比較的大きめの箒(ほうき)の衣類ブラシがあるととても便利です。小ぶりなものも一緒にあると重宝します。それなりのものは作りがしっかりしているので、10年単位で使える(実際はそれ以上)。

ある媒体に箒(ほうき)の記事が写真付きで掲載されているのを目にし、サイズ別・用途別の各種の箒が勢揃いしていてなつかしかったのですが、自然素材だけの箒は美しい。持ち手に自然素材以外を使ったのは、ポリ団扇(うちわ)と同じで論外。

箒(ほうき)には、棕櫚(しゅろ)なども使われますが、畳や衣類ということになるとその原料は「ホウキモロコシ」というイネ科・モロコシ属の一年草です。ホウキモロコシを使った箒を製造するところは主に東日本。その数はとても少ないのですが、古い地名だと相模(さがみ)地方や南部地方で、現在でもホウキモロコシを無農薬栽培し、それから箒を制作・製造しているところがあります。

_pro

 <衣類ブラシ向きの箒(ほうき)>

上の写真は「市民蔵常右衛門(しみんぐらつねえもん)」様からお借りしました。

人気ブログランキングへ

|

« 我が家のカラーピーマンは桜のつもり? | トップページ | 8月15日の週はブログは夏休みです »

経営とマーケティング」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

雑穀」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/41128680

この記事へのトラックバック一覧です: 箒(ほうき)の衣類ブラシ:

« 我が家のカラーピーマンは桜のつもり? | トップページ | 8月15日の週はブログは夏休みです »