« 品揃えが少しにぎやかになってきた「ゆめぴりか」 | トップページ | 紅玉(こうぎょく)のアップルパイ »

2011年10月14日 (金)

お米(コメ)のフランスパン

大阪のビジネス街や繁華街から歴史の古い方の大阪の空港に行くには、リムジンバスが最も便利だと思います。夜の便に乗るために夕方のビル内の商店街を突っ切って専用バス乗り場に歩いていく途中で、「米のチカラ」という赤い字のポップ風の上品な布飾りが目に入ったので足を止めると、そこはパン屋さんでした。東京や札幌ではまったく見かけないパン屋さんなので、おそらく大阪だけで展開しているパン屋さんなのでしょう。

面白いなと思ったのは、2つのタイプのお米パン。普通の山型の米粉パンは自宅でも簡単に焼けるので、それ以外の種類に関心が向かいます。それ以外のタイプのひとつは小型サイズの「フランスパン」。売り場に並んでいたのは「お米のフィッセル」と「お米のクロワッサン(カニの形)」という実にスタンダードなものでした。もうひとつは「お焼き」風の作りで「野沢菜やきんぴらや肉じゃがの入ったお米の平焼きパン」。小麦粉パンも当然並んでいますが、それらは今回は興味の対象外。

近所に住んでいたら「お焼き風」も試しに買ったかもしれませんが、「お焼き」そのものをとくに好きなわけではないし、札幌まではそれなりに時間がかかるので追加の持ち物は軽くしたい。すぐにでもその食感と味を確かめてみたいと思った「お米のフィッセル」と「お米のクロワッサン」に購入対象を限定して2個ずつ袋に入れてもらいました。

翌日の朝ごはんに、スープやお茶などをお供に食べてみました。どちらもうまい。

米粉パンを自宅で焼いてみると、その味は小麦粉パンに引けを取らないというか、もちもちとしてふわっとやわらかい別の方向のおいしさが出てくるのに気づきますが、この「お米のクロワッサン」は、米粉の比率がどれだけかはわからないけれど、いわゆる普通のおいしいクロワッサンに近い。「お米のフィッセル」の方は、外皮の硬さも含めて、お米パンのやわらかさがより強く出ています。

お米の品種は、袋にいっしょに入れてくれた商品案内チラシにも書いてないので不明。しかし、どこかのおいしいお米であることは間違いなさそうです。

米粉パンを作り始めたところは多いですが、小麦(小麦粉)文化が底流であるところの北海道が米粉パン市場の拡大に先鞭をつけるのは少々辛いとしても(「北海道の省略時解釈値は洋風料理」)、なぜ大阪でこういうパンが作られたのか。配偶者に聞くと、このパン屋さん以外にも大阪には米粉パンの得意なパン屋さんがあるそうです。理由は、今のところ、不明。隣の神戸がパンの街というだけでは説明にならない。

関連記事は「日本風味のパン」。この中に出てくる「米粉50%の小型フランスパン風」を札幌のとあるパン屋さんで買ったのが2009年の12月。このパンは、札幌ではわずかしか売れなかったのか、まもなく棚から姿を消してしまいました。

□□□

人気ブログランキングへ

|

« 品揃えが少しにぎやかになってきた「ゆめぴりか」 | トップページ | 紅玉(こうぎょく)のアップルパイ »

米と麦」カテゴリの記事

経営とマーケティング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/42295744

この記事へのトラックバック一覧です: お米(コメ)のフランスパン:

« 品揃えが少しにぎやかになってきた「ゆめぴりか」 | トップページ | 紅玉(こうぎょく)のアップルパイ »