« 現金不足の時は、普通は、定期性預金を解約 | トップページ | 雪の日向きの短いゴム長靴 »

2011年12月 7日 (水)

籼米・粳米・糯米

近所の知り合いから、快気祝いということで赤飯を頂戴しました。赤飯は嫌いではないので、おいしくいただきます。赤飯は「もち米」に小豆(あずき)やささげを少し混ぜて蒸籠(せいろ)などで蒸して作ったご飯。現在の我々におなじみのご飯は、「うるち米」を、蒸すのではなくて、炊いたものです。

稲を脱穀したのがお米で、日本では、お米には漢字で書くと「粳米(うるち米)」と「糯米(もち米)」の2種類があります。現在では日常に食べるお米が「うるち米」、ハレの日など非日常の時に赤飯やお餅として食べるお米が「もち米」です。米を蒸したのを「強飯」(こわいい)「おこわ」と呼んでいたので、もち米を蒸して作る赤飯を、その名残りで「おこわ」という場合もあります。

中国のお米のウェブサイトにときどき出かけます。米の生産者のホームページや米の取引サイトです。僕は中国語が全くできないのですが、一応、漢字(簡体字)が並んでいるので、ごく簡単な表現なら理解できる(ような気がします)。インターネットのおまけ辞書やおまけ翻訳ソフトも利用しますが、僕の目的には役に立たないことも多い。

中国語の「籼米・粳米・糯米」をインターネットの「おまけ中日翻訳ソフト」を通すと、「うるち米・うるち米・もち米」と和訳されます。正しい和訳ですが、僕が欲しい和訳は「インディカ種のうるち米・ジャポニカ種のうるち米・もち米」なので、ちと物足りない。

最低必要な単語は、米の種類などに関するものだと、「籼米・粳米・糯米」(日本語発音では「せん米・こう米・じゅ米」)と、「大米」(だい米)。

「大米」は「百度百科」で調べると、『大米:【汉语拼音】:dà mǐ 【词语解释】:1.稻谷脱壳后叫"大米"。2.指粳米。・・』となっているので、1.は「稲を脱穀したのを『大米』という」という意味のようだし、2.は、「粳米をさす」という意味のようです。つまり、中国語の「大米」は、日本語の「お米」とほぼ同じニュアンスの言葉らしい。

中国では、籼米(インディカ種のうるち米)が生産量も70~80%でいちばん多く、また南部や中部などで広く好まれているはずなのに「大米: 指粳米」というのはどうも腑に落ちない。同じように「籼米」を「百度百科」で調べてみると『・・・籼米是我中国出产最多的一种稻米,以广东、湖南、四川等省为主要产区。』とあるので、籼米は中国でいちばん生産量の多い米で、主要産地は広東、湖南、四川など、ということが理解できるが、どの程度の割合で一番多いかは書いてない。また、結局、なぜ「大米: 指粳米」であり、なぜ「大米: 指籼米」でないのかはわかりませんが、これ以上は気にしない。

あと必要なのは重量や長さの単位。キログラムは「公斤」、グラムは「克」、トンが「吨」。ミリメートルが「毫米」、センチメートルが「厘米」、メートルが「米」。

「籼米」(インディカ種うるち米)の説明に「米粒粒形呈细长或长圆形,长者长度在7毫米以上」とあると、なんとなく「米粒は細長く、長さは7ミリメートル以上」ということがわかる。あと、早生(わせ)と晩生はそのままで、たとえば「早籼米、晚籼米、早粳米、晚粳米」と分類(分类)されている。有機米は、「有机大米」。

これくらいの知識があれば、中国の米の種類と生産地、パッケージ重量と値段くらいはわかります。

□□□

人気ブログランキングへ

|

« 現金不足の時は、普通は、定期性預金を解約 | トップページ | 雪の日向きの短いゴム長靴 »

米と麦」カテゴリの記事

経営とマーケティング」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/43276361

この記事へのトラックバック一覧です: 籼米・粳米・糯米:

« 現金不足の時は、普通は、定期性預金を解約 | トップページ | 雪の日向きの短いゴム長靴 »