« 雪中ラベンダーと雪中ローズマリー | トップページ | 札幌デパ地下・果物売り場での外国語 »

2011年12月28日 (水)

お米をネット通販で購入する消費者が増加中

人気ブログランキングへ

「事象」などという言葉は僕はあまり使いませんが、その意味は広辞苑によれば「ことの成行き・様子。ことがら。『自然界の ― 』」となっています。

最近の気になる事象のひとつは、東京都・下水道局の汚泥処理施設における「脱水汚泥及び汚泥焼却灰に含まれる放射能の詳細な測定結果並びに施設周辺の空間放射線量の測定結果」、およびその推移です。東京都・下水道局がホームページで測定結果を定期的に公表しており、インターネットなどをまったく見ない知り合いが東京にいるので、ときどきホームページのコピーを郵送しています。以下は、その中の「脱水汚泥」の測定結果。下水道局の測定結果は月別に見られますが、そこから5月分と9月分、それからデータとしてはいちばん新しい12月分を抜き出してみました。

_


僕が関心を持つのは放射性ヨウ素131の測定結果の推移です。3月11日以降、いろいろな関係者の対応を媒体を通して見てきましたが、「水」(上水道と下水道)に関係している方々の汚染に対する感受性が最も高そうでした。だから、この測定データもきっちりと計測されたものに違いありません。(ただ、「※ 測定値が検出下限値未満の場合を不検出としました。」となっているにもかかわらず、検出下限値の記載がないので、その部分に関しては感受性が不足しているようです。)

放射性ヨウ素131は自然に(自然現象として)生成する量もあるので、3月11日以前の同様の測定データがあればその程度がわかって、5月以降の測定結果と比較できるのですが、それがない。ないものねだりをしても仕方ないので、ここでは、放射性ヨウ素131の「半減期は8日(8.04日)」だという事実と、下水道局の測定結果を突き合わせてみます。

見えてくるのは、源泉ごとの量は正確にはわからないけれども、あいかわらず放射性ヨウ素131がどこかから連続して生み出されているらしいということです。

日本経済新聞(2011年12月27日)の「消費」欄に以下のような趣旨の、比較的大きなスペースを占めた記事がありました。ちなみに、この新聞で僕が好きなのは、スポーツ欄と消費欄と文化欄です。

以下がその記事の骨子です。

・お米をインターネット経由で購入する消費者が増えている(記事の見出しは「急伸」)
・その理由は、ネット販売が、お米の産地や放射性物質の検査体制などを細かく説明しているので、消費者の信頼を得ているから
・スーパーというチャネルは通常はお米の販売量の半分近くを占めるが、スーパーの店頭での新米販売が10月以降、ネット販売に押されて、伸び悩んでいる

ものごとの判断に迷った時に、安全サイド側に立って行動する人と危険サイドを好む人の両方のタイプがいますが、安全サイドを選好する消費者が、東京都・下水道局が公開しているような「測定結果」などを目にすると、そういうことに関して「測定プロセス」や「測定結果」の明瞭な商品を販売している相手と取引したくなるのは当然といえます。

その一例として、各地の消費者にお米を直販しているある農家が、商品に同封している「お知らせ」から、その地域名や農家の名前などを伏字にしてその内容の一部をお目にかけると以下の通りです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                             検査機関の名称と所在地
当該農家の住所と名前

試験結果証明書

平成23年10月5日付依頼された試験結果を以下の通り証明いたします。

検体: 平成23年産米 □□県□□産
    有機JAS認定米 コシヒカリ 
   (ないしは、特別栽培米 コシヒカリ)

試験項目       成績              試験方法

ヨウ素-131    検出せず  γ線スペクトロメータ(ゲルマニウム半導体検出器)法
セシウム-134  検出せず  γ線スペクトロメータ(ゲルマニウム半導体検出器)法
セシウム-137  検出せず  γ線スペクトロメータ(ゲルマニウム半導体検出器)法

検体受入日 : 2011/10/05
測定時間  : 2700秒
定量下限値 : ヨウ素-131  : 1 Bq/Kg
          セシウム-134: 1 Bq/Kg
          セシウム-137: 1 Bq/Kg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人気ブログランキングへ

|

« 雪中ラベンダーと雪中ローズマリー | トップページ | 札幌デパ地下・果物売り場での外国語 »

米と麦」カテゴリの記事

経営とマーケティング」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/43530103

この記事へのトラックバック一覧です: お米をネット通販で購入する消費者が増加中:

« 雪中ラベンダーと雪中ローズマリー | トップページ | 札幌デパ地下・果物売り場での外国語 »