« 3分搗き(つき)のパン、あるいはミクロな米パン需要 | トップページ | ある農産物通販会社の商品取り扱い基準 »

2012年1月26日 (木)

野菜や果実の天日干しが人気らしい

食材売り場でよく見かける市販の天日干し野菜は、「干しシイタケ」「切り干し大根」などで、棚を少し移動すれば、「ドライトマト」に出会えます。干した対象を少し広げると、昆布やワカメも干した食材です。干すと旨味が増すし干すと長く保存できるので、干したものは重宝な食材です。

我が家も、野菜を干すのが好きで、いちばん大がかりな干し物は梅干しですが、夏にはミニトマト、それから、原木栽培のシイタケ。原木の旬の時期は札幌でもまだカラッとした太陽がふんだんにあるのでそれを利用します。それなりに大きな3段ネットのベージュの干しかごとそれを吊り下げる専用台を2つずつ持っており、梅干しの時には総動員。専用台といっても花などをぶら下げる安定感のある園芸用品を転用したものです。冬は室内でしか干せないので回数も種類も減りますが、出来るだけ窓から入ってくる太陽を使って、季節の干し野菜を作ります。

先日、本屋で、雑誌の付録であるところの「シリコン・スチーマー」を、衝動買いというか好奇心買いしたのですが(「続・雑誌のおまけの『シリコン・スチーマー』」)、その近くに、干し野菜・干し果実のつくり方と料理に関する雑誌が並んでおり、その雑誌のおまけは我が家で使っている干しネットをぐっと小型にしたようなもの。そういう雑誌が出るというのは、シリコン・スチーマーの場合も同じですが、雑誌社の判断では、一定数の消費者がすでに存在していて、人気が上昇しつつあるということです。

こういうことをきっかけに料理好きの主婦や若い女性が増えるということは、とくに子供のいる主婦の場合には、子供にとっていいことです。

関連記事は「天日干しの食材」と「子供の頃の味のトレーニング」。

□□□

人気ブログランキングへ

|

« 3分搗き(つき)のパン、あるいはミクロな米パン需要 | トップページ | ある農産物通販会社の商品取り扱い基準 »

野菜と果物」カテゴリの記事

食べもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/43853697

この記事へのトラックバック一覧です: 野菜や果実の天日干しが人気らしい:

« 3分搗き(つき)のパン、あるいはミクロな米パン需要 | トップページ | ある農産物通販会社の商品取り扱い基準 »