« 自家製タクアン、あるいは手前タクアン | トップページ | 自家製味噌、あるいは手前味噌 »

2012年1月 5日 (木)

お正月料理と家庭の社会学

人気ブログランキングへ

お正月料理のひとつの意味はおめでたい材料などを使ったおめでたい料理ということで、これは食の文化の伝統に関することですが、もうひとつの意味は、家庭の主婦がお正月の間は料理にかける労働時間をできるだけ少なくするという家庭の社会学に関することです。

お雑煮と食後のお茶には火が必要ですが、それ以外は、盛り付けの手間を別にすれば、お正月料理そのまま食べられるので主婦の食事の準備にかける労働時間は大幅に減少します。この「お正月の休憩」が意味を持つのは(言葉をかえれば、当然だとみなされるのは)、その主婦が、普段は年中無休に近い状態で食事の準備をし、また年末にもけっこうな手間隙をかけてお正月料理をつくるという前提があるからだと思われます。

我が家のお正月料理の性格も、「定番をそろえる」方法から、お正月料理の枠組みの中で「自分たちがおいしいと思うものだけを用意して確実に食べきってしまう」方法へと数年前から大幅に変化しました。

おせちの準備」に書いたように、「田作り、数の子、たたきごぼう、黒豆、紅白なます、酢蓮(すばす)が好物で、それ以外のおせち料理は要りません。そして、田作りは甘いねっとりとした味付けではなく、さらっとした仕上がりのピリカラ味。こうやって並べてみると、黒豆のような甘いもののありますが、酒の肴ばかりのような気がします。田作りがピリ辛味なのも日本酒との相性がいいからです。あとは、お雑煮があれば、それで満足。鯛の酢締めが少量あれば、なお満足。」「煮物では、『里芋』と『くわい』が必需品。とくに「くわい」のほのかな苦さと食感がたまらない。」それから紅白の蒲鉾(かまぼこ)。

年末は海が荒れていていいのが獲れず、また運搬も大変だったのか、売り場で買いたい魚が見あたらない。それほどでもないのがベラボーな値段だったので、今年は魚の酢締めは中止。しめ鯖(さば)用の新鮮な鯖でもあればいちばんいいのだが、札幌ではたいていは難しい。

三日目の夜に、一部を除いて、食べきりました。一部は、日本酒の肴用にわざと残したものです。お雑煮は、澄まし汁仕立てで始め、それを続け、三日目は味噌汁仕立てで変化をつけます。

「家庭の社会学」に戻ると、三箇日の間は主婦が料理や食事の準備にかける時間は大幅に少なくなります。我が家の配偶者もそういっていますので、実証研究にもとづいた結論ではあります。

デパートやスーパーやコンビニで「おせち料理のお取り寄せ」をした方が、主婦のお正月前後の労働時間はもっと少なくなると思いますが、はたしてその結果、生ごみが増えたりしていないのかどうか、まあ、どうでもいいことが気になったりもします(ゴミの関連記事が「食べ残し、あるいは生ごみ」)。

人気ブログランキングへ

|

« 自家製タクアン、あるいは手前タクアン | トップページ | 自家製味噌、あるいは手前味噌 »

季節と時節」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

食べもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/43615158

この記事へのトラックバック一覧です: お正月料理と家庭の社会学:

« 自家製タクアン、あるいは手前タクアン | トップページ | 自家製味噌、あるいは手前味噌 »