« 女性と料理と、その配偶者 | トップページ | 野菜と消費者の好みの変化と生産者 »

2012年1月13日 (金)

北海道産加工食品のアンテナショップでの売れ筋

人気ブログランキングへ

「北海道どさんこプラザ」という北海道産の加工食品(一部、食材)を販売している行政支援の店舗があります。北海道産加工食品の販売促進が活動の軸で、その中には新しい商品のテストマーケティングも含まれるので、店舗というよりもアンテナショップといった方が適切ですが、関連する支援行政の違いを気にしなければ、「北海道どさんこプラザ」は全国に4カ所オープンしています。東京(有楽町駅、ショッピングモール内)、名古屋(名駅、デパート内)、神奈川(相模大野、デパート内)、そして地元の札幌。札幌は札幌駅構内のいい場所に店を構えています。

札幌店はときどきはそばを通り、またときどきは立ち寄りますが、今回は長めの時間を使うので配偶者同伴です。農畜水産物の加工品販売が当然のことながら主で、それから札幌店の場合はジャガイモやタマネギのような長持ちする野菜、また駅の構内店なのでコンビニがわりに使う地元のお客もいるのか、サンドイッチのような軽食も一緒に売っています。

札幌店は、そこで30分ほどもブラブラしていたら大ざっぱにわかりますが、北海道以外からの観光客や旅行客が70%~80%くらい。20%~30%はおそらく地元の住民か札幌以外の北海道の住民でしょう。

目的は、以下の4つ。

(1) 東京・名古屋・相模原での売れ筋商品が、札幌でも短時間の間に動いているかを確かめてみること
(2) 箱やパッケージを裏返して原材料欄を拝見するのは、デパートなどでは難しいので、気になる商品や興味のある商品の原材料欄の内容を確かめること
(3) めずらしいお土産としてではなく、お世話になった方への定期的な贈り物なるような商品候補の選択。これには(2)も関係してきます。
(4) 「北海道の省略時解釈値は洋風料理」の札幌で、どんな種類の和菓子が販売されているかを確かめること。興味をそそられるものがあれば、少しだけ買って味を確かめること。

ここでは(1)の目的に触れるだけにとどめますが、東京・名古屋・相模原での売れ筋商品のひとつというか、もっとも売上金額の多い洋風菓子が、時間帯は夕方だったのですが、目の前でさっそく複数個買われていきました。購入者は30歳前後と思われる男性の2人連れで、服装から判断して北海道に住んでいる人ではない。

札幌店と違い、東京店・名古屋店・相模原店の顧客には次のような人たちが想定できます。

(1) 北海道出身で、日常必需食材としての北海道産加工食品を求めて各店舗を訪れる人たち。各店舗に一応アクセス可能な場所に住んでいる。

(2) 旅行中に食べた北海道食材や加工食品(たとえば、ワインやチーズやお菓子)がとても気に入ったか、北海道物産展でこれはと思う加工食品に出会ったか、あるいは知人からのお土産などに妙にひかれるものがあったか、つまりはそういう経験を持つ人たち。その中で、それらを日常食品として食べてみたいと思うようになって、そして当該店舗に無理なくアクセスできる地域に住んでいる人たち。しかし、同じ商品がより近場のデパートやスーパーにはおいてあれば、おそらくその商品はそちら(つまり、より便利でよりなじみの場所)で購入する。

(3) 物珍しさと北海道というキーワードに魅了され、その場で衝動買いする人たち。

この3店舗に関しては、月別・期間別の売上データ(数量と金額)が商品カテゴリー別と個々の商品別に公開されているので(ただし、3店舗合計で、各商品カテゴリーのトップ10のみ)、東京・名古屋・相模原の売れ筋商品がどんなものかを概観することが出来ます。(2)のタイプの顧客がいちばん多いと思いますが、公開データでは、顧客属性に関連する数字はわかりません。

期間別の売上とは2011年4月から11月(8か月)の累積売上のことですが、いちばん売上金額の大きな商品カテゴリーは菓子類で、すべて洋菓子(紛らわしいのがひとつありますが、それも洋菓子風)です。菓子類の中で当該期間中の売上金額が10番目のものが250万円台なので、当該期間の売上金額が菓子類に関しては250万円以上の商品を、菓子類以外の商品に関しては200万円以上の商品を、商品カテゴリー別に数えてみました。首都圏と中部圏で人気のある北海道産加工食品の傾向が大ざっぱにわかります。

_2011411

人気ブログランキングへ

|

« 女性と料理と、その配偶者 | トップページ | 野菜と消費者の好みの変化と生産者 »

経営とマーケティング」カテゴリの記事

菓子」カテゴリの記事

食べもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/43726779

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道産加工食品のアンテナショップでの売れ筋:

« 女性と料理と、その配偶者 | トップページ | 野菜と消費者の好みの変化と生産者 »