« 「手抜きはしたくないが時間がかけられない」 | トップページ | 麹(こうじ)で遊ぶ »

2012年2月 8日 (水)

さっぽろ雪祭りの食べ物屋

人気ブログランキングへ

札幌雪祭りは、夜の方がライトアップされてきれいだしお酒の楽しみもあるので、配偶者と待ち合わせて夕方に会場に行ってみました。

光で照らされた大きな雪の彫刻を眺めるのが楽しみの半分、あとの半分の楽しみは、会場の食べ物屋さん。片っ端から食べて回る食欲はないので、もっぱら、たとえば下の表にあるような食べ物の調理の様子を順番に見て形と匂いを楽しむだけです。しかし、グラス売りしている地の日本酒の肴として少し口に入れたいものがあれば、それを食べるつもり。

下の表とは少し離れた場所で、ホタテを串に刺したのを焼いていたので、それと日本酒でいい気分になりました。

「室蘭やきとり」の食材は「豚肉」「タマネギ」「洋がらし」で、「焼き鳥」ではありません。しかし、焼き鳥とは、「やきとり【焼鳥】:鳥肉に、たれ・塩などをつけてあぶり焼いたもの。牛・豚などの臓物を串焼きにしたものにもいう。『――で一杯やる』」(広辞苑)なので、お客をだましているわけではない。

室蘭という製鉄で繁栄した町では、製鉄所の労働者の食欲を満たすために、地元で入手しやすくて廉価な豚の精肉とモツが鳥肉のかわりに、北海道が産地のタマネギが長ネギのかわりに使われたという歴史をもっているようです。

63_

人気ブログランキングへ

|

« 「手抜きはしたくないが時間がかけられない」 | トップページ | 麹(こうじ)で遊ぶ »

季節と時節」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

食べもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/44021833

この記事へのトラックバック一覧です: さっぽろ雪祭りの食べ物屋:

« 「手抜きはしたくないが時間がかけられない」 | トップページ | 麹(こうじ)で遊ぶ »