« 美味しい赤い魚 | トップページ | 食べ物とお化粧 »

2012年3月15日 (木)

続・「食べ物に関心のうすい専門家と、酒屋のオヤジさん」

人気ブログランキングへ

以下は、いつもお世話になっている酒屋のオヤジさんと僕の配偶者の、昨日の会話です。「食べ物に関心のうすい専門家と、酒屋のオヤジさん」という2月27日の記事の続きです。なお、酒屋のオヤジさんは70歳。

「今日また血糖の検査をしたら5.8になったんだ。順調に下がっているから先生もびっくりさ。先生はこれからも運動を続けるようになどというだけでね。面倒なので食事のことなど話さないよ。運動を続けているのでそのせいでしょうね、と先生と調子を合わせているのさ。運動なんかしていないのにな。」
「5.8ならギリギリだけど正常値ですよ。」

5.8とはグリコヘモグロビン HbA1cの測定値のことです。過去1~2か月の平均的な血糖の状態を教えてくれます。「食べ物に関心のうすい専門家と、酒屋のオヤジさん」でも書きましたが、7.2%~7.3%もあったそのオヤジさんのHbA1cが、GI値の低い食べ物へと食事内容を切り替えたら(奥さんの努力が非常に大きいと思うのですが)3か月ほどして6.1%にまで低下した。HbA1c基準値は4.3~5.8%の範囲なので、それ以上の数値だと、それ以前の1~2か月は高血糖状態が続いていたということになる。6.5%以上であれば、ちょっとヤバイ。8.0%を超えると非常にヤバイ。それが今度は5.8%になった。

「値が下がったものだから、先生は実は去年の8月は8.1もあったと急に言い出すんだ。その時は黙っていて、今になってそんなことを言われてもな。体重も4キロ減ったよ。71キロが67キロさ。」
「よかったですね。甘いものを食べ過ぎてはだめですよ。」

こういう話を聞くのは楽しい。

人気ブログランキングへ

|

« 美味しい赤い魚 | トップページ | 食べ物とお化粧 »

ヘルシーエイジング」カテゴリの記事

食べもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/44490109

この記事へのトラックバック一覧です: 続・「食べ物に関心のうすい専門家と、酒屋のオヤジさん」:

« 美味しい赤い魚 | トップページ | 食べ物とお化粧 »