« 蕎麦(そば)の原材料欄の不思議 | トップページ | お米の小売価格のこの1年半の推移と輸入中国米(その2) »

2012年4月19日 (木)

お米の小売価格のこの1年半の推移と輸入中国米(その1)

「米に関するマンスリーレポート」という調査報告書が農林水産省から公表されていて、お米の相対取引価格(一次卸売価格)や小売価格、生産量や在庫量、ミニマムアクセス米動きなどを見ることができます。小売価格などは過去1年間の推移だけを対象としており(まとめ方も少し変化している)、2012年4月のレポートと2011年4月のレポートを合わせて見ると、過去1年半(2010年9月から2012年2月まで)のお米の小売価格の推移がわかります。

最近のレポートでは5㎏袋入りと10㎏袋入りの小売価格(税抜き)が、流通量という意味で日本の代表的なお米に関してまとめられていますが、1年前のものには5㎏のデータがないので、10㎏袋入り小売価格(税抜き)の推移を、他の基本的な食べ物の消費者物価指数の変化と一緒に、眺めてみます。

まず、基本的な食べ物の消費者物価指数(相対比率表示)のこの2年間(平成22年〈2010年〉1月から平成24年〈2012年〉2月)の推移を確認します。平成23年〈2011年〉3月11日には、東日本大震災と福島第一原子力発電所の事故がありました。

お米の価格が、平成22年の秋からほぼ1年間(つまり、一般の家庭ではだいたいは平成22年の秋に収穫したお米を食べる期間にあたりますが)、他の食べ物と比べてとくにめだって下降傾向を示したようです。

・食べ物関係の消費者物価指数の推移

_201001201202

お米の値段(税抜き小売価格、10㎏袋入り)の1年半の推移は以下のようです。

・平成22年9月から平成23年3月まで

10kg_201104

・平成23年3月から平成24年2月まで

10_201204

赤い折れ線が「(調査対象になったいろいろなお米の)平均価格(加重平均)」。平成23年の7月くらいまでは3,150円~3,250円(5%税込み小売価格だと、3,310円~3,410円)、平成23年の8月くらいから上昇し始めて、1か月半前の平成24年2月は3,628円(5%税込み小売価格だと、3,820円)。

一般の消費者は5㎏袋入りの方が接する機会が多いので、5㎏袋の小売価格推移を蛇足的に添付してみます。この2月の平均価格(税抜き)が1,929円、5%の税込みだと2,025円。

5_201204

(その2)に続く。

□□□

有機野菜・低農薬野菜宅配のらでぃっしゅぼーや。自然の恵みをうけて育った野菜や果物をお届け。 素材本来の味を食卓に。まずは安心食材を試してみませんか?

人気ブログランキングへ

|

« 蕎麦(そば)の原材料欄の不思議 | トップページ | お米の小売価格のこの1年半の推移と輸入中国米(その2) »

米と麦」カテゴリの記事

経営とマーケティング」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/44928420

この記事へのトラックバック一覧です: お米の小売価格のこの1年半の推移と輸入中国米(その1):

« 蕎麦(そば)の原材料欄の不思議 | トップページ | お米の小売価格のこの1年半の推移と輸入中国米(その2) »