« 原木栽培のシイタケが窮地 | トップページ | コメと、産業界のコメ »

2012年5月 9日 (水)

合併後の、合併を感じさせない日常オペレーションは難しい

人気ブログランキングへ

マクロの難しい話ではありません。虫の眼で見たミクロな話です。

◇ A銀行とB銀行が合併し、AB銀行になりました。ずいぶんと前の話です。

同じ銀行に複数の口座を持っていて、そのひとつの口座から他の口座にお金を移す場合は、通常は「振替」と呼ばれる手続きをとります。しかし、これが、別の銀行の自分の口座、あるいは別の銀行の他の人の口座、ないしは同じ銀行の他の人の口座に購入代金の支払いなどでお金を移す場合は、この手続きは一般に「振込」と呼ばれており、一般的にいくらかの振込手数料が請求されます。

だから、AB銀行の旧B銀行口座から旧A銀行口座にお金を移す場合は、両方がともに本人名義なら「振替」という手続きをとると考えるのはおかしなことではないと思うのですが、AB銀行の場合は「振込」という手続きになります。「振替はできません。振込処理を選択してください。」といった感じのメッセージが、例えばインターネットバンキングの場合には、現われます。手続きの名称が少々紛らわしいというだけのことですが、基幹ソフトウェアの統合が難しいのでしょう。

◇ Xという家電メーカーとYという家電メーカーが合併しました。吸収合併なので、合併後は、Yという会社もYという商品ブランドもなくなりました。

普段ほとんどイライラしない配偶者が、このところある調理用家電製品の具合が悪いのでイライラしていました。X社ブランドのついた保証期間中の製品です。調理工程が30分ほど進行した段階で、投入した原材料類がその家電製品の内部でうんざりするくらいに飛び散って、原材料はすべて無駄になる。飛び散った原材料が思いもしないいろいろな隙間に入りこんでいるのでも後片づけが非常に面倒である。取扱説明書に関連する症状や対応策の記述はない。

X社のお客様相談センターに電話し、近くの修理部門から出張修理に来てもらいました。修理部門には別途、症状を伝えてあります。スタンドアローン型ですが結構重い調理家電製品なので、「出張修理」が標準になっています。

配偶者が修理に来た方に「このところ、材料が飛び散って、何度も酷い目にあっている。器具の掃除は完璧なので、汚れが原因でこういう事態が起こるとは考えられません。製品に欠陥でもあるのではないのですか、似たような例は他のお宅でも多いのですか」といった内容のことを伝えても、取り外し作業の不要な主要部品を交換して、「これで大丈夫なはずです、使ってみてください」というだけで、不具合原因の説明などはなかったそうです。

すっきりしないので、さらに理由を尋ねると、「これはもともとは、Y社の設計した製品なので」。

人気ブログランキングへ

|

« 原木栽培のシイタケが窮地 | トップページ | コメと、産業界のコメ »

経営とマーケティング」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/45030130

この記事へのトラックバック一覧です: 合併後の、合併を感じさせない日常オペレーションは難しい:

« 原木栽培のシイタケが窮地 | トップページ | コメと、産業界のコメ »