« 神仏習合について雑感 | トップページ | バジルとジョウロ »

2012年6月29日 (金)

庖丁を研ぐと、少しいい気分

人気ブログランキングへ

切れ味がすこし鈍くなってきたときやキンピラゴボウなどを多めに作ったあとには配偶者から庖丁研ぎの依頼が来ますが、自分でも庖丁を使う機会があるので野菜などを切っていてスパッという感じに物足りなさが出てきたら、隙間を見つけて研ぐことにしています。夜遅くの場合もあるし、野菜や花に水遣りをしたあとの週末早朝の隙間(すきま)時間という場合もあります。

砥石を水につけておいて頃合いになれば研ぎ始めますが、研ぎ終わったあと、指の腹で刃の感触をゆっくりと確かめる瞬間はなかなかにいいものです。

人気ブログランキングへ

|

« 神仏習合について雑感 | トップページ | バジルとジョウロ »

雑感」カテゴリの記事

食べもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/45992833

この記事へのトラックバック一覧です: 庖丁を研ぐと、少しいい気分:

« 神仏習合について雑感 | トップページ | バジルとジョウロ »