« バジルとジョウロ | トップページ | 日の丸弁当のためには必須の、赤紫蘇(あかじそ)作業 »

2012年7月 4日 (水)

我が家の茄子(なす)は観賞用?

人気ブログランキングへ

早朝の水遣り担当者としては、淡い紫というか淡い茄子紺(なすこん)のナスの花は、黄色いキュウリの花や黄色いトマトの花とは別種の風情があって好きなのですが、当然のことながら、花と葉の観賞を目的にナスを育てているのではありません。

花が咲き、花が落ち、そして実がならない。ナスは気温が高くないと実をつけないそうなので、順調に生育しているミニトマトやキュウリと比べるのはかわいそうなのですが、自家製ナスの色鮮やかな漬物を楽しみにしている身としては実に腹立たしい。あと2週間くらいたってもまだ観賞用の段階にとどまっていたら、さてどうするか。その時の折り合いのつけ方を現在思案中です。

下のナス(写真)は昨年、あるおコメ農家が自家消費用に作っているのをいただいたもの。こういうサイズは漬物に具合がいい。

Photo

人気ブログランキングへ

|

« バジルとジョウロ | トップページ | 日の丸弁当のためには必須の、赤紫蘇(あかじそ)作業 »

季節と時節」カテゴリの記事

漬物と塩辛」カテゴリの記事

野菜と果物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/46159540

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家の茄子(なす)は観賞用?:

« バジルとジョウロ | トップページ | 日の丸弁当のためには必須の、赤紫蘇(あかじそ)作業 »