« いい野菜は、料理好きには、よく売れる | トップページ | 釣られた魚の最後の食事 »

2012年8月 6日 (月)

重さが5㎏のスイカを手に下げて運ぶとけっこう疲れます。

熊本や千葉には及びもつきませんが、北海道でもスイカは生産されており、生産量は全国の生産量の4%。札幌近郊の共和町や富良野市がスイカの主な産地ですが、スイカだけでなくメロン(とくに赤肉メロン)の栽培も盛んです

正確に測ったわけではないので間違えているかもしれませんが、腕に伝わってくる重さの感覚は5㎏くらい。球形というよりはラグビーボールを丸くしたような形をしています。ラグビーボール型の小玉スイカにマダーボールという品種がありますが、それではありません。重量からすると中玉スイカで、共和町の産。

5㎏の重さのスイカを近所のお店から我が家まで手に下げて歩いて帰ってくると結構疲れます。配偶者には無理な作業なので(その場で手に下げることはできても、歩けない)、そういう場合はスイカ持ち担当として一緒に出掛けます。

お米の10㎏パックや5㎏パックは、ゴロゴロと引っ張って歩く買い物籠でもたいていの主婦にはその扱いが無理なので、そういうものの宅配サービスが便利な人は別ですが、2㎏パックの方が好まれます。スイカも同じで、野菜や果物を買ったついでにスイカとなっても、普通のサイズのスイカは無理。お付きの荷物運搬係りがいない場合は、割高でも小玉スイカということになるのでしょう。

□□□

人気ブログランキングへ

|

« いい野菜は、料理好きには、よく売れる | トップページ | 釣られた魚の最後の食事 »

季節と時節」カテゴリの記事

経営とマーケティング」カテゴリの記事

野菜と果物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/46552715

この記事へのトラックバック一覧です: 重さが5㎏のスイカを手に下げて運ぶとけっこう疲れます。:

« いい野菜は、料理好きには、よく売れる | トップページ | 釣られた魚の最後の食事 »