« 梅干し用の天気予報はたまには中(あた)ることもある | トップページ | 2011年度の食料自給率は38.6%で、前年度から0.2ポイント減少(その1) »

2012年8月10日 (金)

8月上旬の赤とんぼ

人気ブログランキングへ

赤とんぼというと季節は秋、あるいは秋の入り口、それから実りつつある稲穂がすぐに連想されます。

すでに飛んでいたのかもしれませんが、一昨日の朝に今年初めて赤とんぼが飛翔しているのを目にしました。西から東に向かって次々に流れていきます。しかし、もっと秋らしくなってきたときの大集団と比べると、先遣隊という雰囲気です。

街中で見られる赤とんぼの集団は、近隣の水田などの平地で発生したのが山地で成熟し平地に帰ってきたものだそうですが、札幌の北東の近隣からさらに北東方向へと大きな稲作地帯が広がっており、札幌の周辺には低い山地も連なっているので、赤とんぼの大集団が発生するには具合のいい環境かもしれません。

とんぼは蚊や蝿などを食べる肉食系なので、赤とんぼやシオカラはかわいらしいけれども大型のとんぼに噛まれるとえらく痛い。とんぼは赤とんぼが流れていくのを見るのが一番よさそうです。

人気ブログランキングへ

|

« 梅干し用の天気予報はたまには中(あた)ることもある | トップページ | 2011年度の食料自給率は38.6%で、前年度から0.2ポイント減少(その1) »

季節と時節」カテゴリの記事

米と麦」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/46621451

この記事へのトラックバック一覧です: 8月上旬の赤とんぼ:

« 梅干し用の天気予報はたまには中(あた)ることもある | トップページ | 2011年度の食料自給率は38.6%で、前年度から0.2ポイント減少(その1) »