« タクアン用大根の結び方と吊るし方の練習 | トップページ | 続・ファーストフィッシュ (Fast Fish) »

2012年9月14日 (金)

この時期は、刺身に自宅の花穂(はなほ)や穂紫蘇(ほじそ)

デパ地下の野菜売り場では、きれいな木の箱などにふわっと敷き詰められた赤紫蘇(あかしそ)の花や紫蘇の実が茎に着いた状態で売られています。刺身を注文した時にツマとしてよく出てくるアレです。一般的には紫蘇の花を「花穂」(はなほ)、紫蘇の実を「穂紫蘇」(ほじそ)と呼んでいますが、地域によって呼び方が違います。

青紫蘇(赤紫蘇よりも葉っぱが大きいので大葉ともよばれる)や赤紫蘇を自宅で育てていると、この季節は花が抱き始め、採りたての花穂や穂紫蘇を刺身のツマにすれば、紫蘇の香りと食感を楽しめます。

写真は青紫蘇(大葉)の花がある程度咲いた状態。これを何本か切り取って食卓に。

B_2

□□□

人気ブログランキングへ

|

« タクアン用大根の結び方と吊るし方の練習 | トップページ | 続・ファーストフィッシュ (Fast Fish) »

季節と時節」カテゴリの記事

野菜と果物」カテゴリの記事

魚介類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/47058032

この記事へのトラックバック一覧です: この時期は、刺身に自宅の花穂(はなほ)や穂紫蘇(ほじそ):

« タクアン用大根の結び方と吊るし方の練習 | トップページ | 続・ファーストフィッシュ (Fast Fish) »