« 漬物雑感 | トップページ | この時期は、刺身に自宅の花穂(はなほ)や穂紫蘇(ほじそ) »

2012年9月13日 (木)

タクアン用大根の結び方と吊るし方の練習

タクアン作りのために大根を干し始めるのは、札幌では10月の最後の週なので、まだ先の話です。子供のころから家の手伝いかなんかでやっていたのなら手が勝手に記憶しているかもしれませんが、そうではなかったので、大根を吊るして天日干しする時の大根の結び方をすぐに忘れてしまいます。

近所の知り合いの漬物ベテラン主婦殿は60~70本くらいの大根を毎年格好よく干すので、そのまねをしているつもりでも、年に一度の作業なのでその時になると「あれっ」ということになる。

たまたま本屋で、様々なものの結び方やしばり方をまとめた新書が目に入りました。目次を調べると、タクアン用大根や唐辛子の吊るし方も図解されていたので、購入。その夜に、ミネラルウォーターの入った500ミリリットルのペットボトルを3本ほど用意し、そこに書かれているやり方と記憶の中のやり方とを比較しながら結び方の練習をしてみました。そばにはお酒。

最初のとっかかりに少し違いがあるのですが、交差するような具合に輪を二つつくってキュッとやるところは同じです。3本をぶら下げてみて出来具合を確認。

今年は12本くらいにするか、それとも20本まで漬け込むか、漬け込み容器のことを考えながら配偶者と思案中。糠(ぬか)は自家製のものだけで足りるはずです。

◇ ◇ ◇

以下は、読者とブログ作者(ぼくのことですが)の利便のために、後日追加しました。

この記事のその後の関連記事は、

10月最終週の大根干しと結び方」、
続・「10月最終週の大根干しと結び方」」、
続続・「10月最終週の大根干しと結び方」」、

2週間後の天日干し大根と、ホーロー製のタクアン用漬物樽(たる)」、

そして、「大根を結んで天日干し(初日・7日目・9日目・10日目)」などです。

□□□

人気ブログランキングへ

|

« 漬物雑感 | トップページ | この時期は、刺身に自宅の花穂(はなほ)や穂紫蘇(ほじそ) »

季節と時節」カテゴリの記事

漬物と塩辛」カテゴリの記事

野菜と果物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/47055831

この記事へのトラックバック一覧です: タクアン用大根の結び方と吊るし方の練習:

« 漬物雑感 | トップページ | この時期は、刺身に自宅の花穂(はなほ)や穂紫蘇(ほじそ) »