« この時期は、刺身に自宅の花穂(はなほ)や穂紫蘇(ほじそ) | トップページ | 味よりサイズ、あるいは、味もサイズも »

2012年9月18日 (火)

続・ファーストフィッシュ (Fast Fish)

水産庁から「ファストフィッシュ商品選定結果 (第2回目)」が発表されたので、発表資料で対象商品を拝見しました。

今回、選定された商品数は522種類(商品のなかには、たとえば魚の種類や風味の違う複数のサブアイテムを持つものも多く、そういうサブアイテムを合計すると522種類)で、第1回目の商品数が53種類なのでファストフィッシュの認知度が供給側でも上昇し始めたようです。細かく言うと、ファストフィッシュに対する消費者の認知度が上昇し始めているらしいと供給側(食品製造と流通)が判断し、その流れに乗るためにより多くが行動し始めたらしい。

需要拡大の鍵は、前回の記事(「ファーストフィッシュ?」)でも述べたように、「(一人でも食べられる)鮮魚タイプや焼きたてタイプの商品の充実」だと考えているので、この視点に「電子レンジでチン」・「フライパンでジャー」・「中骨抜きで丸かじり」(つまり、調理が簡単、調理中にあまり臭わない、後片付けが楽という、忙しい独身男女や魚料理を得意としない主婦のニーズ)を加えて2回目の商品群を眺めてみました。

今まで魚の加工食品売り場の棚に並んでいたものにファストフィッシュ・マークを貼りなおしたようなのもそれなりに見られますが、これはこの手のビジネスではよくある現象です。「常温保存ができ賞味期限が長い」加工品などはおそらくこのタイプでしょう。僕の勝手な、そして甘めの基準を適用した結果、基準をクリアしたのは17%~18%。「鮮魚タイプや焼きたてタイプ」ではないのですが、食べきりサイズのサバの梅煮があったので、梅煮味にひかれてこれにも票を投じました。ただし、基準をきつめにすると合格するのは10%くらい。

鮮魚の場合はどの港で水揚げされたものか表示されていますが、「ファストフィッシュ」マークをつけた魚の原産地表示はどうなっているのでしょう。近所のスーパーで現物を確かめてみます。昨年の3月以降、消費者はこの種の情報表示に敏感です。

週末の散歩のついでにあるナショナルブランドのスーパーの支店に出かけました。そこでは、1年前からファストフィッシュ的な調理済みの鮮魚を販売しており、だから当然ながらその時にも、魚売り場には多くの種類のファストフィッシュ的な味付き魚・骨なし魚・調理済みの貝やスルメイカなどが並んでいました。「電子レンジでチン」「フライパンでジャー」のタイプです。

そのナショナルブランドのスーパーではファストフィッシュに認定された「骨取り味つきさんま」(ただしサンマは岩手産)を全国で販売していることになっているのですが、下のマークがどこにも見当たらない。北海道は遠いのでファストフィッシュがまだ泳ぎ着いていないのかもしれません。実際は、北海道では根室や釧路の新鮮なサンマが毎日入荷するのに、北海道産ではないサンマを使ったファストフィッシュ認定商品をわざわざ販売しても売れそうにないということでしょう。

どういう人たちが味付き鮮魚を買うのかと見ていたら、ともに家庭の主婦と思(おぼ)しき親子連れが、これおいしそうねと、調理済みサンマを買い物かごに入れました。ただしこのサンマは北海道で水揚げされたもの。

棚のファストフィッシュ的商品をいくつか手に取り、裏返して原材料欄を拝見。魚はサンマ、サケ、サバ、ホッケ、サワラ、イカやホタテなど。原産国や国内産地はきちんと表示されています。同時に、味付けに使った食品添加物も狭いスペースににぎやかに印刷されていました。

ともあれ、家庭で魚の消費が進むと、パンとの組み合わせを好む人もいるとは思うけれど、たいていは高い確率でお米の消費も進むと思うので、穀物自給率や食料自給率の高いレベルでの維持に関心を持つ「高いお米、安いご飯」としては、ファストフィッシュ需要の動向からは当面は目が離せない。

Photo

     ロゴマークは、水産庁のホームページの資料からお借りしました。

人気ブログランキングへ

|

« この時期は、刺身に自宅の花穂(はなほ)や穂紫蘇(ほじそ) | トップページ | 味よりサイズ、あるいは、味もサイズも »

経営とマーケティング」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

魚介類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/47091720

この記事へのトラックバック一覧です: 続・ファーストフィッシュ (Fast Fish):

« この時期は、刺身に自宅の花穂(はなほ)や穂紫蘇(ほじそ) | トップページ | 味よりサイズ、あるいは、味もサイズも »