« 「地産『他』消」指向の北海道の加工食品会社 | トップページ | ポン酢づくりの季節 »

2012年9月28日 (金)

買い物かごの野菜と自炊系男子

近所の生協には、おそらく1年くらい前から(我々は1年ほど前まで気づかなかったので、あるいは2年くらい前から)、とくに土曜の朝と日曜の朝に、大量のご近所野菜が入荷します。朝採りも多く、有機栽培の野菜も目立ちます。

加工用トマトや大根、リンゴ、甜菜糖(てんさいとう)など重いものをそれなりに買う予定なので配偶者の荷物持ちとして、日曜の午前中に買い物に出かけました。地元の新聞を購読していないので広告チラシが入らず詳細はその生協に行ってみて初めて分かったのですが、日曜の午前中は生野菜や生魚(鮮魚と解凍もの)と生肉のタイムセールのようです。店は主婦と老年のご夫婦で混雑しています。そのなかに、30歳を少し過ぎたくらいの男性を発見しました。大量の野菜を手慣れた様子で買い込んでいます。

レジで支払いを済ませた後、その男性と手提げ袋などに購入品を詰め込むための台のところで一緒になったので、失礼にならないように彼の買いものかごの中をちらと拝見すると、加工食品や冷凍食品は一切なく、大根、水菜、白菜、大袋のぶなしめじ、鶏の胸肉・・・など、すべてが生の食材(のよう)です。レシートで購入品を確認する具合が、頭の中でいくつかの料理のシミュレーションをしているようにも見えます。日曜の朝に大量に買い込んだ食材を、1週間分のおかずを曜日ごとに用意するために、日曜の午後いっぱいかけて調理するのでしょう。

冷凍食品と加工食品で買い物かごをいっぱいにしているスーパーマーケット御用達の主婦殿にご覧いただきたい光景ではあります。

こういう男性が、食べ歩き専門で料理などやったことがない女性と結婚すると、あるいは、次のような場面が展開されるかもしれません。この場面描写は、どなたかが掲示板に投稿してあったのを、別の方が引用し、それが見事な内容だったので、勝手にお借りしたものです。(原著者の方へ:無断で引用して申し訳ありません。二度目の引用になりますが、ご承諾をお願いします。)

◇(原文のママ)

結婚して初めて、嫁がミートソースを作った
「どうだった?」と聞かれたので正直に「美味かった」と前置きしてから、
以下の改善点をメモ帳に列挙して一項目づつ読み上げた

・具は全部みじん切りにしろ
・ミンチは牛肉以外ありえない
・セロリが無いならミートソースを作るな
・具材はしっかりと炒め終わってから煮込め
・白でも赤でもいいからワインで臭みを消せ
・トマトは缶詰でもいいからイタリアントマト以外使うな
・ローリエくらい入れろ。苦味が出る前に取れ
・最後にバターくらい入れろ
・ケチャップを入れるな。ケチャップの味しかしないだろ
・なぜ辛くした
・ミートソースを1.4mmのスパゲッティーニにかけた理由を言え
・この緑色の缶に入ったパルメザンチーズを捨ててこい
・今後一切、これをスパゲッティミートソースと呼ぶ事は俺が許さん

泣いて実家へ帰られた。俺が悪いのか

□□□

人気ブログランキングへ

|

« 「地産『他』消」指向の北海道の加工食品会社 | トップページ | ポン酢づくりの季節 »

女性」カテゴリの記事

畜産物など」カテゴリの記事

野菜と果物」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

食べもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/47185134

この記事へのトラックバック一覧です: 買い物かごの野菜と自炊系男子:

« 「地産『他』消」指向の北海道の加工食品会社 | トップページ | ポン酢づくりの季節 »