« 紅しぐれ大根 | トップページ | 根つきの白ネギの再利用 »

2012年10月25日 (木)

無料のご飯も食べ残すと有料

人気ブログランキングへ

関西に近い中部地方で「つけ麺」屋を営んでいる知り合いに札幌でお会いました。麺は自家製麺で、原料の小麦粉は北海道産の小麦粉だけをブレンドしたものです。

お腹を空かせた若い人向けに、平日のランチではご飯一杯を無料サービスとして提供しているのですが、中には無料ということで食べきれもしないのにその無料ご飯を注文して食べ残す不心得(ふこころえ)者のサラリーマンなどがいるそうです。そういう輩を見ると、ご飯に失礼だ、食べ物に対するマナーがなっていないと腹が立ち、ある時から「(無料サービスのご飯を)残された方は有料となります」という掲示をお品書きに追加したそうです。食べきれないなら、最初から注文するな。

僕の祖父母の世代までは孫に対して、ご飯は食べ残してはならぬ、お茶碗の最後のひと粒まで食べ切ることという家庭内教育が一般的でしたが、そのつけ麺屋さんでは、しつけの足りないお客への平成版・食べ物教育が復活しているようです。結構なことです。

その店でご飯に使っているお米は三重いなべ産の「コシヒカリ」。北海道産の「ゆめぴりか」も試してみたそうですが、知り合いの舌にはなじまなかったようです。

「ゆめぴりか」の食味に関する記事は『さっそく、「ゆめぴりか」 』、『新潟の人に「ゆめぴりか」 』など。

人気ブログランキングへ

|

« 紅しぐれ大根 | トップページ | 根つきの白ネギの再利用 »

米と麦」カテゴリの記事

経営とマーケティング」カテゴリの記事

食べもの」カテゴリの記事

麺類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/47579449

この記事へのトラックバック一覧です: 無料のご飯も食べ残すと有料:

« 紅しぐれ大根 | トップページ | 根つきの白ネギの再利用 »