« 発電手段と知の性格 | トップページ | 最近はやりの、化学調味料無添加 »

2012年10月 4日 (木)

「鍋の素」がいっぱい

人気ブログランキングへ

僕たちのよく食べる鍋料理を列挙すると、「水炊き」「ちり鍋」「湯豆腐」「寄せ鍋」「おでん」「すき焼き」ですが、これを味付けの違いでおおまかに分類すると以下のようになるかと思います。

・水または昆布出汁(だし)で煮るが、取り皿のポン酢などが味付けの主役となる。「水炊き」「ちり鍋」や「湯豆腐」。

・出汁のきいた鍋の煮汁が味付けの主体となっているのが、「寄せ鍋」や「おでん」。出汁の良く出た煮汁はスープとしても楽しめる。

・割り下が濃い目の味付けの主体となっていて、そのままでもおいしいが溶き卵などにつけて食べる場合も多いのが「すき焼き」。

我が家の好みは「湯豆腐」「おでん」そして「ちり鍋」。

以前、魚屋で勧められたカジカ(海魚のカジカです)を、カジカはその時初めて食したのですが、アドバイスを無視してちり鍋風にしたらまったく食べられたものではなくて、しかし魚屋のオヤジさんやおばさんに言われたように味噌煮込み風の鍋に切り替えたら、とても美味な魚へとその味が急変した記憶があります。

カジカは画像をご覧いただかないと風貌の説明が難しい。しかし手元に海魚のカジカの写真がない。写真は「菱沼かれいの日本酒残日録」様のブログ(「李白特別純米 & 上喜元特別純米 + カジカ」)からお借りしました。この写真のカジカの、とぼけた表情が気に入っています。

_

鍋の季節が近づいてきたのでそういう商品が食品売り場の棚に並ぶのは当然としても、今年は棚の結構な領域を占拠しています。そういう商品とは、「鍋の素」のこと。今年は「浅漬けの素」や「中華の素」など「なんとかの素」が目立ちます。デパ地下やスーパーの棚に並んでいる「鍋の素」を順不同に適当にグループ分けして書き写すと

・「カレー鍋用スープ」「カレー鍋の素」「カレー鍋つゆ ちゃんこ鍋風」
・「ちゃんこ鍋の素」「ちゃんこ鍋 味噌味の素」「塩ちゃんこ鍋の素」・「もつ鍋の素」「豚もつ入りもつ鍋の素」「コラーゲン鍋の素」
・「ねぎ塩鍋用スープ」「和風ごま鍋の素」「坦坦ごま鍋の素」「酒粕鍋の素」「チーズ鍋の素」
・「キムチ鍋の素」「キムチチゲ用スープ」
・「甘熟トマト鍋」「豆乳鍋の素」
・など

となります。

最初の鍋の分類でいうと、商品は「寄せ鍋風」に集中しているようです。この手の鍋は、まじめに出汁を引くことからはじめようとすると結構な手間暇ですが、それを誰かが味付けまで含めてすでに代行してくれているとなると話は別で、好みのスープの中に、適当に切った材料をパッパッと放り込めば、後は食べる人たちが勝手にやってくれる。料理担当の主婦としては大いに工数の節約になる。味付けもある程度は保証済みです。

こういう鍋の素を使う場合、野菜以外の食材だとどんなものが好まれるか。「ファストフィッシュ」との組み合わせは、味がぶつかって難しい。鶏肉や豚肉や白身魚のぶつ切りの方が人気が高そうです。

ファストフィッシュについては「ファーストフィッシュ? 」「続・ファーストフィッシュ (Fast Fish) 」

人気ブログランキングへ

|

« 発電手段と知の性格 | トップページ | 最近はやりの、化学調味料無添加 »

季節と時節」カテゴリの記事

畜産物など」カテゴリの記事

経営とマーケティング」カテゴリの記事

野菜と果物」カテゴリの記事

食べもの」カテゴリの記事

魚介類」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/47286491

この記事へのトラックバック一覧です: 「鍋の素」がいっぱい:

« 発電手段と知の性格 | トップページ | 最近はやりの、化学調味料無添加 »