« しめ鯖 | トップページ | 札幌近郊の大根とカブ(サラダ) »

2012年11月28日 (水)

札幌近郊の聖護院大根と赤カブを千枚漬けに

おそらく泥つきだったので、遅い夕方でも売れ残っていたのでしょう。写真は配偶者が泥(と大根の葉の根元部分)を落としてきれいにした状態。札幌近郊の有機栽培冬野菜です。聖護院大根(しょうごいんだいこん)と赤カブとニンジン。しめて、500円玉1個と50円玉1個でお釣りの来る値段。大きさが不ぞろいのためニンジンがとても安い。その農家には申し訳ない。

聖護院大根と赤カブは薄くスライスして千枚漬けに、ニンジンは各種の野菜料理やサラダに。千枚漬けは、本来はカブが材料ですが、大根でも気にしない。どちらかというとカブのねっとり感よりも大根のしゃきしゃき感の方が好みです。

千枚漬けは、もともとは、カブを塩漬けし乳酸発酵させたものだったようですが、今は浅漬けの簡易版。たいていは、昆布と唐辛子と塩と砂糖を使った酢漬けになっています。我が家の千枚漬けも簡易版ですが、砂糖ではなく味醂を使う。味醂の方が大人向きの渋い甘さになります。

今回、千枚漬けを作ってみて驚いたのが、赤カブのおいしさ。スライスするときからいい具合の抵抗感があったのですが、丸1日漬け込んでみたら、しっかりとしたしゃきしゃき感があり、かわいそうに聖護院大根がかすんでしまいました。

B

 左上が「聖護院大根」、下の濃い赤紫が「赤カブ」、そして「ふぞろいなニンジン」

□□□

有機野菜・低農薬野菜宅配のらでぃっしゅぼーや。自然の恵みをうけて育った野菜や果物をお届け。 素材本来の味を食卓に。まずは安心食材を試してみませんか?

人気ブログランキングへ

|

« しめ鯖 | トップページ | 札幌近郊の大根とカブ(サラダ) »

塩・味噌・醤油・酢」カテゴリの記事

季節と時節」カテゴリの記事

昆布」カテゴリの記事

漬物と塩辛」カテゴリの記事

野菜と果物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/47946446

この記事へのトラックバック一覧です: 札幌近郊の聖護院大根と赤カブを千枚漬けに:

« しめ鯖 | トップページ | 札幌近郊の大根とカブ(サラダ) »