« 外はマイナス6℃、2012年度産タクアンの最初の取り出し | トップページ | 根付き松の簡易門松 »

2012年12月27日 (木)

ダイダイ(橙)とポン酢とお正月

人気ブログランキングへ

知り合いから庭で実ったダイダイがいっぱい送られてきました。我が家では、スダチと並び、ダイダイはポン酢の原材料です。一般にはポン酢というと柚子(ユズ)ですが、絞る努力に対する絞り汁の産出量の多さという意味ではユズほど絞りづらいものはありません。絞るのが一番楽なのがダイダイです。

夏のころは緑色のダイダイが冬には熟して橙(だいだい)色に、しかし、そのまま放置しておくと年を越しても枝から落ちずに、夏にはまた色に緑がにじみ、2~3年くらいは枝についている。だから、順調に季節が移り変わっていけば、今年のもの、去年のもの、一昨年のものと三代のダイダイがひとつの木になることになります。そこから、あるいは、果実が木についたまま年を越すところから、「代々」(ダイダイ)という名前がついたらしい。いずれにせよ「代々」として縁起を祝い、正月の飾りに使います。

写真のような大きさのダイダイをのせようとすると、それなりにしっかりとした鏡餅が必要です。色形が似ているからといって蜜柑(ミカン)などをポンと置くと「代々」(ダイダイ)にならないのでご用心。

枝についているダイダイは夏になるとまた緑色が出る(のもある)ので、回青橙(かいせいとう)とも呼ばれています。

A_dec2012

   <いただいたダイダイの一部、半分はポン酢に、半分はジャムに>

人気ブログランキングへ

|

« 外はマイナス6℃、2012年度産タクアンの最初の取り出し | トップページ | 根付き松の簡易門松 »

塩・味噌・醤油・酢」カテゴリの記事

季節と時節」カテゴリの記事

野菜と果物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/48423723

この記事へのトラックバック一覧です: ダイダイ(橙)とポン酢とお正月:

« 外はマイナス6℃、2012年度産タクアンの最初の取り出し | トップページ | 根付き松の簡易門松 »