« 2012年の域外移動 | トップページ | 『東京セブンローズ』という日本語論(その1) »

2013年1月31日 (木)

味噌は2年ものか、それよりも長く寝かせたのにかぎる

人気ブログランキングへ

自家製味噌も途中から多めに仕込むようになったので、2年物を楽しめるようになってきました。仕込んでから1年後の1年物と、2年が経過した2年物とは同じような材料とやり方でも味の深みが違います。2年物の旨さを知ってしまうと、1年物はやはり若い。

だから、2年物、あるいは2年超ものを毎日の味噌汁や味噌味の料理に使えるよう、今年も多めに仕込みます。地元(北海道)の大豆や国産大豆、おいしい塩などの材料の準備は完了しました。追加の甕(かめ)の到着を待っているところです。

手前味噌の季節です。我が家のカレンダーでは「札幌雪祭り」の始まるあたりまでに仕込みを完了することになっています。まあ、予定が少々ずれても気にしないのですが・・・。

人気ブログランキングへ

|

« 2012年の域外移動 | トップページ | 『東京セブンローズ』という日本語論(その1) »

塩・味噌・醤油・酢」カテゴリの記事

季節と時節」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/49045769

この記事へのトラックバック一覧です: 味噌は2年ものか、それよりも長く寝かせたのにかぎる:

« 2012年の域外移動 | トップページ | 『東京セブンローズ』という日本語論(その1) »