« いんげん豆と大豆 | トップページ | 続・「米の食味ランキングと、おいしいお米の生産地分布」 »

2013年2月15日 (金)

米粉パンと玄米餅(もち)と小麦粉パンの朝ごはん

人気ブログランキングへ

先週、あるデパートの地下食品売り場で久しぶりに米粉パンが華やかに並んでいるのを目にしました。パンの臨時プロモーションコーナーでの光景です。車で1時間くらいまでの距離を近所とするなら、そのデパートに出店する余裕はないが、しかし近所で頑張っているパン屋さんが何軒かそのコーナーに招待された様子です。米粉パンのお店は、商品の種類や数からすると、地元では一定数の安定した顧客が確保できていると思われます。比較的若い女性客が途切れることなく特設レジに向かっています。

朝ごはんで一番飽きないのが、炊いたお米を別にすれば、小ぶりな玄米餅(もち)。ぷくっと少し焦げ目がつくくらいに焼いたそれを、海苔とごくわずかな醤油で磯部焼き風に食べるとそれだけで幸せになれます。焼くのに必要な時間は、表が5分、裏返して2~3分の合計8分くらい。お湯など沸かしているうちにでき上がります。玄米餅そのもののおいしさに依存する部分は多いのですが、時間がない時のインスタント食品としてのお餅は重宝します。しかし、そういうお餅は寒い間しか手に入らない。

朝ごはんに自宅で焼きたての米粉パンを食べることが多かったのですが、それがしばらく続くとさすがにその味に退屈してきます。そういう時は「パンはやっぱり小麦粉パンだ」ということになり、最近は以前よりも簡単に手に入るようになった「はるゆたか」と自家製天然酵母を使って小麦粉パンを焼きます。

今朝は小麦粉パン。朝ごはんには、いわゆる炊きたてごはん、米粉パン、小麦粉パン、それから、季節が限られますが玄米餅を、特に意識しているわけではないのですが、順繰りに食べているようです。共通点は、米や麦が国内産だということです。

人気ブログランキングへ

|

« いんげん豆と大豆 | トップページ | 続・「米の食味ランキングと、おいしいお米の生産地分布」 »

米と麦」カテゴリの記事

食べもの」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/49418751

この記事へのトラックバック一覧です: 米粉パンと玄米餅(もち)と小麦粉パンの朝ごはん:

« いんげん豆と大豆 | トップページ | 続・「米の食味ランキングと、おいしいお米の生産地分布」 »