« 恨みのJR北海道・千歳線、あるいは快速エアポート | トップページ | 「火垂るの墓」の著者の日本語論 »

2013年3月27日 (水)

桜はむつかしい

人気ブログランキングへ

札幌だと5月の連休あたりに梅と桃と桜が一斉に開花するので、梅から桜への景色の流れを楽しみたい向きには風情のない土地です。しかし、今年は、知り合いの話によれば、東京でも梅と桜が一緒に花を咲かせたらしく、時期は随分と違いますが、種類の違う花が隣通しで匂い立つ雰囲気は(桜は匂い立ちませんが)札幌に近い。

今年は札幌から遠く離れたところで桜狩(さくらがり)をしようと思いました。満開の時期を想定し週末を使った旅行です。個別にアレンジするのは面倒だったので、風情のある、しかし不便な場所にある複数の桜をめぐるツアーに申し込んでおきました。

どうも今年は桜の足が速い、というか速すぎる。気になるので、不便な場所の桜の情報などを掲載しているお役所ホームページに電話番号が出ているので、そこに開花の時期や満開の時期を尋ねてみました。開花から四~五日たったころが満開というのはその通りでいいのですが、開花の時期についての説明が曖昧です。いろいろと聞いていくと、分かったことは僕たちがそこに行く頃は、花ではなく柔らかい緑の葉が楽しめるであろうということでした。

4月中旬に入ってすぐの旅行はあえなくキャンセルとなりました。今年は札幌の桜です。

平安末期に佐藤さんという方が『ねかはくは 花のしたにて 春しなん そのきさらきの もちつきのころ』、あるいは 『ねかはくは はなのもとにて 春しなん そのきさらきの 望月の比』と詠み、昭和になったばかりのころに梶井さんという方が『桜の樹の下には屍体が埋まっている! これは信じていいことなんだよ。何故って、桜の花があんなにも見事に咲くなんて信じられないことじゃないか。』と書きましたが、僕たちにはこの感覚がいつの間にかすりこまれているらしい。

こういう感覚をほとんど感じさせない桜は、僕にとっては、仁和寺の遅咲きの「御室桜(おむろざくら)」。真言宗のお寺で、このお寺の背丈の低い桜にはお酒とお重が特によく似合います。ここでは佐藤さんも相当に酔っぱらうのではないかと思われます。

人気ブログランキングへ

|

« 恨みのJR北海道・千歳線、あるいは快速エアポート | トップページ | 「火垂るの墓」の著者の日本語論 »

季節と時節」カテゴリの記事

植物と花」カテゴリの記事

花と存在、存在と花」カテゴリの記事

言語」カテゴリの記事

雑感」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1317632/50956055

この記事へのトラックバック一覧です: 桜はむつかしい:

« 恨みのJR北海道・千歳線、あるいは快速エアポート | トップページ | 「火垂るの墓」の著者の日本語論 »